そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

わくわくキッズランド♪

2017/06/23 [Fri]19:28
category: 空知情報
岩見沢市内の小学生を対象とした、
紙芝居で歴史を学ぶ
岩見沢の新百人一首を作る
上志文の食材を使ったお料理を食べる
「わくわくキッズランド」が開催されますよ~

19398847_2078193238862289_877207666_n (679x960)

百人一首と言えば…
岩見沢は昔から盛んですよね!
この辺り特有の、下の句を読んで下の句の木札をとるやり方です!!

確か1980年代頃、岩見沢オリジナルの歌を詠んだ「いわみざわ百人一首」があったはず…。
今回は、「岩見沢の百人一首」を作るのですね
時代の流れと、小学生目線での岩見沢は、どのように詠まれるのでようね~??
(難しいところは大人のサポートもあるでしょうけど…

そして…
上志文の食材を使ったお料理とは何でしょう??
気になります~

19398106_2078193228862290_1757686887_n (679x960)

開催日は7月17日(月祝
場所が萩の山スキー場って…
なんだか楽しそうですねっ

これはまさに、夏休みの自由研究に最適

おとうさん、おかあさん、
子供たちが、自分たちのまちについてを楽しく学べる機会ですよ
おすすめしてみてはいかがですか

○日時 7月17日(月・祝) 10:30〜15:00
○場所 岩見沢市上志文町1352−6 岩見沢市萩の山スキー場敷地・上志文会館
○参加対象者 岩見沢市民の小学1年生~6年生 50名(先着順)
○保険代、昼食代として500円
○その他、服装や持ち物などご確認ください

お問い合わせはこちら↓↓
岩見沢青年会議所事務局(平日13:00~17:00)
TEL0126-23-3964
FAX0126-24-6176

※申込み締切は6/28(水)です!!

(OLでした)

旧三菱建屋102年祭

2017/06/22 [Thu]17:17
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
19日に室蘭で開催された「旧三菱合資会社室蘭出張所102年祭」
場所は「ミニマム」で行われました。
ミニマムは、想いのつまった雑貨と小さなアート作品のお店です

DSCN4007 (845x1024)

○市民活動から生まれた商品や、地域の特性を生かした商品、机上におけるサイズのアート作品などの取り扱い。
○シェアスペース(禁煙)では、ちょっとした打ち合わせ、ご休憩、読書など利用可能。freespot(無料wi-fi)あり。
○まちに関わる講座や、市民団体の展示などの企画。
などなど…まちの「よりどころ」を目指してオープンしたお店との事です

DSCN4026 (1024x768)

かわいい雑貨が並んでいます

壁には…

DSCN4019 (1024x729)

「炭鉄港」を紹介するパネル展示も

DSCN3992 (1024x753)

「炭鉄港ストーリー構築事業 報告書」も置かせてもらっています!!


この日の「旧三菱合資会社室蘭出張所102年祭」では、
室蘭100年建造物保存活用会の皆さんによる、室蘭の歴史や文化の解説、まちに対する提案や思いなどの発表がありました。
そして、吉岡りじちょーによる、講演会…!
「むろらんの歴史・文化を北海道観光に活かせ!」

DSCN4013 (1024x716)

室蘭の歴史的な話、人物、室蘭の空知との関係性…。
「炭鉄港」とは何かを解説

その後は参加者でチームに分かれ、ワークショップ。
絵鞆小学校の活用方法などをそれぞれ意見交換しました

DSCN4017 (763x1024)

森蘭航路についての話もでました

DSCN4022 (640x477) (400x298)

皆さん、室蘭の今後について真剣に考え、活性化に繋がる案を発表!!
高校生の発表もありました
若い世代の意見もどんどん取り入れていくといいですね

熱い発表の後は…
旧三菱合資会社室蘭出張所にて、懇親会

DSCN4030 (1024x754)

今回も、ジャズライブ、ステキでした

DSCN4035 (640x471) (400x294)

室蘭の皆さんの熱い思いがたくさん聞けた102年祭。
来年は更なる企画を考えていらっしゃるようで…
とっても楽しみです

(OLでした)

【速報】線路の灯りは7/29(土)開催!

2017/06/21 [Wed]14:48
category: 炭鉱の記憶
NPO炭鉱の記憶推進事業団が毎年続けている催し
「線路の灯り」

北海道の近代化を先導した、
空知の「石炭」、室蘭の「鉄鋼」、小樽の「港湾」。
これら「炭鉄港」を結んだ鉄道の原点は、ここ幌内鉄道にあります

IMG_1358.jpg
小島さん撮影

石炭とともに歩んだ幌内で尽力された多くの先人たちへの想いを込めて、
そして、ここ空知で「炭鉱の記憶」の活動をさせていただいている、感謝の気持ちを込めて…
歴史ある幌内線に、キャンドルの灯りをともします。

15回目を迎える今年は、7月29日(土)に開催が決定しました

20170621.jpg
堀江さん撮影

毎年、キャンドル設置を多くの方にお手伝いいただき、ありがとうございます
今年もお手伝いいただける方を募集しています。
設置時間は17:00からです!
集合場所など、詳細は改めてブログでお知らせいたしますね。

まずは、開催日が7/29決定!というお知らせでした

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

三笠ジオパーク 2017上期ジオツアー始まっています♪

2017/06/18 [Sun]16:53
category: 空知情報
「さぁ行こう!一億年時間旅行へ」のキャッチコピーでおなじみ、
三笠ジオパークでは、2017年上期のジオツアーがスタートしました
今期は4種類のツアーが設けられていますよ

20170618.jpg

すでに終わってしまっているツアーもあり、すみません
これから参加可能なものは…

野外博物館ガイド Day【7/9、7/16開催】

20130925134359d21_20170618155919de2.jpg

ガイドの方が、三笠市立博物館の野外博物館をご案内
片道1.2kmの散策路を歩きながら、周辺に残る遺産を通じて、
アンモナイトが生きていた1億年前から、現在までの歴史を体感できるツアーです

散策路内には、炭鉱遺産もいくつか見ることができます。
現存するなかで道内最古の立坑である、北炭幾春別炭鉱錦立坑は必見ですよ
事前予約不要で参加できるのも嬉しい♪(他のツアーは予約が必要です)


ぶどう畑とワイナリー見学ツアー【7/8開催】

PB030440_2017061816072956a.jpg
これは秋の写真です~

達布山周辺を巡り、北海道開拓の歴史とワイナリー見学を楽しむツアー
空知集治監に関する史跡の見学や、山﨑ワイナリーのブドウ畑での
農作業体験(さらに試飲も!)を楽しめちゃいます


THE 川遊び in MIKASA 
夏満喫ラフティングツアー【7/30開催】


夏のアクティビティの王様「ラフティング(川下り)」を体験するツアー
川からの視点で、かなり接近してダイナミックな地層を眺めることもできるそうですよ。
温泉の入浴や昼食も付く、好奇心もお腹も大満足なツアーですね


いずれも、大人も子どもも楽しめるツアー揃いとなっていますよ
ツアーについての詳細は、掲載チラシをご覧いただくか、
三笠ジオパークの公式HPをご覧くださいませ

(ぼーいっしゅ)
=============
三笠ジオパーク 2017上期ジオツアー

お申込み・お問い合わせ:
三笠ジオパーク推進協議会事務局
(電話 01267-2-3997)
trackback --   Comment (0)   編集

さいとーさんのHPができました!

2017/06/17 [Sat]16:11
category: 炭鉱の記憶
今日はあたたかな岩見沢
こんな日は、センターの入り口を全開に!
いつもより覗いていってくださる方も多くて嬉しいです

さて、以前から話は聞いていたのですが、
さいとーさんこと、北炭幌内炭鉱の元炭鉱マン 齊藤靖則さんのホームページが完成しました!
ホームページ制作などのお仕事をされている、さいとーさんの息子さんが制作されたそう
トップページは、さいとーさん&弁慶号の模型…カッコイイ~

スクリーンショット (23)

ホームページは、さいとーさんの模型作品集をメインに構成されています
模型作りの工程など、普段はご本人から直接聞かないと分からないような制作秘話も、
閲覧者に伝わるようになっていますね~。

スクリーンショット (20)

そしてこちらが、作品一覧。
ものすごくインパクトがありますね
模型を作り始めて13年になるという、さいとーさん。
その作品数は、すでに50点を超えているのだそう
センターに置かせていただいている模型の他、これまで見たことのない模型もたくさん掲載されていましたよ。

スクリーンショット (21)

そして、こちらのホームページの見どころのもう一つは、
さいとーさんが撮影した、炭鉱閉山前の写真や、炭山祭の写真が見られること。
「当時は炭鉱が閉山するなんて思ってなかったから、『記録を残す』ということも頭になかったんだよな~
と、さいとーさんはよくおっしゃいますが、今となっては大変貴重な”炭鉱の記憶”です…!
ぜひ、こちらもご覧ください

スクリーンショット (22)

さいとーさんのホームページは、のアドレスからアクセスできます。
http://www.yasunori-saito.com

スマートフォンからも、こんな感じで見られますよーっ

19263970_835261529957325_108031945_o.jpg

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集