FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

冬支度…まだ途中です

2018/11/11 [Sun]16:39
category: マネジメントセンターについて
最近、ゆえあってブログを執筆する機会が多い、りじちょーの吉岡です。

今日は珍しく、マネジメントセンター担当として終日出勤しております。
11/4に赤平で開催したリレートークに、「ドイツ−九州−炭鉄港」というタイトルに惹かれ参加された方が、本日はマネジメントセンターにご来訪頂き、熱心に本や資料をご覧になっていました。
何と、ドイツ派遣の炭鉱マンをお父さんに持つ方で、その手がかりを得たいとのこと。
そしてたまたま、今年1月にドイツに帰化した炭鉱マンを取材に現地に行ったHBC岩見沢のMさん・Sさんが来ていて、一気に話が進みました。
いろいろな方々が、ふとしたキッカケで出会い、1+1が3にも5にもなるというのが、このセンターの持ち味です。
今日は日曜日ということもあって、石蔵で開催中の帯広在住の写真家山下僚さんの写真展「風化する記憶Ⅱ」1970年代を、じっくり時間をかけてご覧になる方も多かったです。寒い石蔵で、熱心にご覧頂き、ありがとうございます。

寒い…と言えば…
北海道新聞の朝刊に「道内初雪まだ 観測史上2番目の遅さ」という記事が出ていました。
「1938(昭和13)年以降、最も初雪が遅かった1990年11月10日を抜き、28年ぶりに記録を更新した」とのことです。
一ヶ月前に冬タイヤに換装して備えていた私としては肩すかしですが、この温かさのお陰で11/4の赤平でのイベントが盛会のうちに終えることができたので、感謝しなければならないのかもしれません。
とは言っても、明治の石蔵と戦前の事務所からなるマネジメントセンターの寒さは、世の中よりも一足早くやって来つつあります。そこで…

この青い物体は何でしょう?
20181111_1.jpg

何と、トイレの防寒対策として今日から登場した、スタイロフォームでした。
20181111_2.jpg

このほか、2階のNPO事務所へ行く階段には、こんなモザイク状のスタイロフォームも。
20181111_3.jpg

隙間にもスタイロフォームが
20181111_4.jpg

スタイロフォームは、加工がしやすく防寒対策にはうってつけです!
ただ、ガバッと広く取られている窓には不向きで、やはり伝統のビニール張りが最適なのです。が…
20181111_5.jpg

新品ビニールを買って来るのを忘れていた!
昨年使った穴あきのビニールしか残ってないぞ!
本格的な冬支度までは、まだ時間がかかりそうなセンターでした。
trackback --   Comment (0)   編集

夕張の鉄道のカレンダー

2018/11/10 [Sat]21:19
category: 炭鉱の記憶
三菱大夕張鉄道保存会発行のカレンダー
「汽笛の響いた街 夕張」

DSC_3994 (1024x765)

マネジメントセンターでも明日から販売開始!!
毎年、夕張ファン、鉄道ファンに好評なカレンダーです!

DSC_3997 (1024x721)

後方に「北炭夕張」が、見えますね~✨

DSC_3996 (1024x746)

あ!
こちらにも…!!

見本もありますので、ぜひどうぞ!
一部、500円です😉

「食のTANtanまつり」が盛会のうちに終了

2018/11/09 [Fri]18:29
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
りじちょーの吉岡です。

昨日のカニレポートに続く、食のTANtanまつり報告第二弾。
主催者の立場からご報告します。

11月4日(日)に、赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設の周辺で開催した「食のTANtanまつり」。来場者は千人を超え、盛況のうちに終了しました。


催事は「食の…」というタイトルがついていますが、午前中の一発目のプログラムは、《炭鉄港》の真面目なトークセッションからスタート。
「ドイツ−九州−炭鉄港」と題して、美唄市髙橋市長、赤平市菊島市長、道空知総合振興局佐々木局長から、ご自身の経験や思いを交えて、空知で《炭鉄港》を展開する上でのキーワードを出して頂きました。
また、芦別市荻原市長、月形町上坂町長、小樽市加賀産業港湾部長にもご出席を頂き、短い時間で恐縮でしたが、コメントを頂きました。
20181104AK1.jpg

日本遺産は手段であって、目的は先人の思いや努力をしっかり受け継ぎながら地域に希望の光を灯すこと。
未来の日本全体に向けては、《炭鉄港》には「すでに起きた未来」という強いメッセージ性がある。
そのために、形のある炭鉱遺産だけではなく、地域で展開したストーリーやドラマ、技や経験といった、形のないものも含めて、足もとにある資源を使ってゆかなければならない。
進めてゆく上では、外の人との交流による気付きや、小さな成功をより大きな輪に拡げてゆく実践の積み重ねが必要。
そうすることによって、停滞した地域に人や知識の動きがおこり、あらたなチャンスが巡ってくる。

20181104AK4.jpg

…といった、《炭鉄港》の本旨や展開についてのkeyフレーズが打ち出され、90分のトークは盛会のうちに終了しました。
その後、参加された皆さんは屋台へ。2015年に一緒にドイツへ行った髙橋市長は、「立坑を見ながらビールを飲める。これはまるでドイツのようだ!」と感激しておられました。


続いて、山際にある坑口巡り。
普段は公開していない場所だけに思いもかけない人数が参加し、とても盛り上がりました。
20181104AK2.jpg
20181104AK3.jpg


さらに、赤平市内にあった4炭鉱(住友赤平・北炭赤間・雄別茂尻・豊里)の元炭鉱マンによる思い出を語る会も開かれました。
「今まで心の中に仕舞っていて言えなかったが、今日はじめて話す…」といった貴重な内容も聞けて、やはりオーラルヒストリー(口述された歴史)は、面白いし大切だと実感。
20181104AK5.jpg


そんな炭鉱にまつわる催事の合間には、管内各地から出店してくれた「ヤマの味」の屋台で、皆さん楽しんで頂けたようです。
20181104AK6.jpg

ステージでは、音楽あり、空知親善大使の鈴井貴之さんのトークあり、クイズあり…と、賑わいをみせていました。
先月までアートプロジェクトの会場だった坑口浴場も公開され、離れた場所ながら多くの方が見てゆかれたようでした。


間もなく雪虫が飛び、北海道は長く厳しい冬に突入します。
今年度最後の催事は、地元の赤平コミュニティガイドクラブTANtanや赤平市役所の皆さんのご協力で、大盛会のうちに終えることができました。ありがとうございました!!

【赤平】食のTANtanまつり、ご来場ありがとうございました!

2018/11/08 [Thu]12:15
category: 炭鉱の記憶
こんにちは!赤平からのスタッフ、カニです
本日はお礼ブログとなっております!

というのも、去る11/4(日)に行われた

食のTANtanまつりが
無事に終了いたしました~~!!!

たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

page-0001 (1024x724) 

このイベントは、今年本来は開催されない予定だった「TANtanまつり」、そして毎年冬に開催されている「がんがん祭り」、さらにさらに11年前に夕張で初開催された「賛炭フェスティバル」のリバイバル、そして今年できた「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」のイベントがドッキングして行われたミラクルイベントだったのです。


色んなイベントが行われましたが、天気も良く各イベントが大変盛況で嬉しい限りでした。
…が!!カニは本部でウロチョロしていて忙しく、全然写真も撮れていないので今回はTANtanのFacebookから会場の様子をご紹介させていただきます

市外からたくさんの「炭鉱グルメ」が集まったということもあって、多くの赤平市民の方が足を運んでくださいました。一部店舗には行列ができてましたよ~~!!

▲良い写真です(´ω`人)

▲私たちNPO主催の、「ドイツー九州ー炭鉄港」リレートークです。NPOでバスも出て盛り上がったようですね~!カニは見に行くことができなかったので詳しく聞きたかったです…!!

▲こちらは赤平市内にあった大手の炭鉱「茂尻炭鉱」「豊里炭鉱」「赤間炭鉱」「住友赤平炭鉱」の4炭鉱の関係者によるトークです。新聞にも載ってましたね~!きっと関係者ならではの濃いお話があったことでしょう…!!

▲50名くらいを想定していた「坑口めぐり」でしたがなんと65名もの参加が…!!行ったスタッフによると、山の中を大勢の人が行進しているのは不思議な光景だったそうです。(ノ∇≦*)

その後の鈴井貴之さんのトークショーは大盛り上がりで終了し、TANtanリーダーの挨拶で締めとなりました。

45510361_1675486722555236_2875346653231972352_n.jpg 

今回この形での「TANtanまつり」は初めてのことで、準備期間も1か月ちょっとという短期間で作り上げたこのイベントでしたが、関係者各位の多大なるご協力とご来場いただいた沢山のお客さんのお陰で無事に終えることができました。

…が!!!
心残りなのはカニ自身がトークも聞けてないしグルメも少ししか食べれていないことです…!!(゚д゚)
当日ご来場いただいた皆さんは、ぜひぜひ当日の様子を教えてくださいねっ(´ω`人)

そしてSNSなどで「赤平楽しかった」って書いてくださいねっ(´ω`人)

今回は本当にありがとうございました!
カニでした

trackback --   Comment (0)   編集

【岩見沢】プロジェクトクリスマス

2018/11/07 [Wed]18:29
category: 岩見沢情報
11月に入ったばかりですが…
早々と、12月1日(土)のイベントの紹介です~♪


Project Xmas!!2018
キラメキミライへ いわみざわ

が開催されます

日時は、
12月1日(土)13:00~19:30

この日ベント広場 「プロクリテラス」では、
手作り雑貨・お菓子やパン、ワークショップなど、15店舗以上のクリスマスのブースが立ち並ぶそうです
会場は、岩見沢駅 2 階 有明交流プラザセンターホールになります。

また、この日は 17 : 30より
岩見沢少年少女合唱団の演奏による
イルミネーションの点灯セレモニー
もありますよ~

ぷろくり01


ぷろくり02

他にも、たくさんの世代が楽しめるイベントが
いろいろ

市内6か所のスタンプを集めて豪華賞品をGETする
「イルミネーション スタンプラリー」
10月22日~12月25日
すでに始まってます!

幼稚園・保育園による
「ぬりえポスターの展示」
2018年12月1日~2019年1月27日

協賛金として1軒につき500円で、ご用意頂いたプレゼントをお預かりしてお届けする
「サンタの宅配便」
受付期間 : 12月10日~12月20日
受付場所は、四条通り商店街事務局(4西4)
定員 : 40軒
お問合せ 0126-23-0280(TEL/FAX)


などなど、様々なイベントが開催されますね~

イルミネーションの点灯期間
2018年12月1日(土)~2019年1月27日(日)です。

どうぞ皆様お楽しみくださいませ~(^o^)/


trackback --   Comment (0)   編集