そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

昔は石炭窯で作っていた「こぶ志焼き」

2017/01/22 [Sun]16:28
category: 炭鉱の記憶
先日の休日、市内のこぶ志窯さんへ行ってきました
昨年5月の陶芸体験がとても楽しかったので、
センターの常連さんをお誘いし、再挑戦してきましたよ~


教えてくださるのは…もうお馴染み、三代目の山岡千秋先生

16244714_750385751778237_1737158358_o.jpg

前回同様、見本を見せてくれながら、粘土の形をするすると変えていく山岡さん。
その鮮やかな手つきに目が離せませんでした…

16229872_750385775111568_336842076_o.jpg

参加したみなさんは、とっくり、さんま用の皿、刺身皿、
私はコーヒーカップ(大容量)と、思い思いのものを作りました♪

16145810_750385781778234_1039447878_o.jpg
こちらは、とっくり 難しそうな首のところは、山岡さんが助けてくれます!


今回も、体験は成形まで。
乾燥・素焼き・釉薬掛け・本焼きはこぶ志窯さんで行ってくれ、
完成品を見られるのは少し先になります…


さて、タイトルにもなっている、「石炭窯」について、
山岡さんが、二代目・憬(さとり)さんに聞いた話を、色々教えてくださいました。
こぶ志焼きは、現在はガス窯と電気窯を使用して作られていますが、
昭和21年に初代・三秋さんが創窯した当時は、薪や石炭窯が使用されたそうです

IMGP4520.jpg
工房と隣接の「こぶ志陶芸館」2階で、こういった写真も見られます!

石炭窯には、三笠 奔別の『特塊』という石炭が使われていたそう
窯の中に「クリンカ」という燃え残りができると、窯の空気穴が詰り酸素供給が断たれてしまうため、
燃え残りのない奔別炭が採用されたのだそうです。

石炭窯は昭和51年まで使われ、その後はガス窯に切り替えられました。
時代的に、石炭から出る煤煙などが、問題視されるようになったためや、
良い石炭が手に入らなくなったためではないかと、山岡さんは仰っていました。
(住友奔別炭鉱は昭和46年に閉山しています。)

また、その他の産炭地に、窯に使えるカロリーの高い石炭を求めたこともあるそう。
羽幌などは、石炭のカロリーが低く窯には使用できなかったかわりに、
同じくその地下に眠る粘土は、とても良い質のものが採れたのだそうです

現在まで続く、岩見沢の伝統工芸品「こぶ志焼き」の歴史の中にも、
炭鉱の歴史が交差している部分があるんですね。

IMGP4519_20170122155727713.jpg

山岡先生、作陶のご指導だけでなく、興味深いお話も聞かせていただき、ありがとうございました
作品の完成、とっても楽しみにしています~
trackback --   Comment (0)   編集

まなみーるで「マチの記憶写真展」

2017/01/21 [Sat]20:38
category: 空知情報
岩見沢の街並みや風景の写真展、
マチの記憶写真展が、今年もまなみーるのロビーで2月に行われるそうです

page-1 (724x1024)

「マチの記憶-昭和」

「12の瞳」

「@IWAMIZAWA]

page-0 (724x1024)

どれも楽しみです…

特に…「マチの記憶-昭和」は、昭和39年~64年までの写真、約70枚が展示されるそう!!
撮影したのは、マネジメントセンターでもかつて写真展を開催した事のある「渡辺洋さん
懐かしいまちの風景だけではなく、人物が中心となっている写真で、当時の様子がよくわかります

例えば…こちら↓↓
岩見沢 1条西4
(※このたびのマチの記憶写真展で使われるのかはわかりません)

この写真は渡辺さんが1965年に写した、1条西4丁目付近との事
そうです、マネジメントセンターのある1条西4丁目らしい…
50年前はこんな風景だったんですね!!
行商のお母さんたちが、りんごやみかんの木箱を使って、何を売っているのでしょう??
苗?盆栽??

おそらく、このような懐かしい~写真が展示されるのでしょう。
これは見に行かねば…


日時:2/11(土)~2/19(日) 9:00~22:00
場所:まなみーる岩見沢市民会館ロビー
住所:岩見沢市9条西4丁目1-1
観覧無料

主催:NPO法人はまなすアート&ミュージック・プロダクション 



今日のお散歩ねこ

2017/01/20 [Fri]14:25
category: スタッフのつぶやき
今日も暖かい日ですね
岩見沢は今シーズンの除雪、排雪もほんの数回で済んでいます。
このまま降らないのは岩見沢らしくないけど…穏やかに過ごせるといいですね~

朝は寒かったですが、昼間には道路の雪も融けてきて、マネジメントセンターの1条通りは舗装が見えますよ!

さてこの1条通りの歩道、
ほぼ毎日散歩しているねこがいます
雪のない時期は、この辺りでもねこが歩いている姿をよく見かけますが、今はちょっと太めの白黒のねこオンリー。
どこの子でしょう~??
マネジメントセンター前を日中いつも2度ほど通り過ぎます。

今日は13時半頃、すたすたすたっ…と通って行きました~
1条通りを渡って南側の駐車場の方へ行くのですが、いつも車が心配
大丈夫かなぁと外を見てみたら…

DSC_1659 (1024x779)

あらら、
今日はここで休憩でしたか~

カメラを向けても逃げる様子はなく…
堂々とした雰囲気の白黒ねこ

また、すたすたすたっと、歩き出し‥

DSC_1660 (1024x759)

いつもと同じルートで消えていきました…

DSC_1661 (748x1024)

夏場、事務所の裏口と玄関を開けていたら、ふつーにご来館して通り過ぎていった事があるこのねこ。
ちゃんと車のいない時に道路を渡る賢いねこですが、やっぱり心配…!!

どうか気をつけてね…
遠くから見守ってます

岩見沢市観光協会のHP

2017/01/19 [Thu]19:55
category: 岩見沢グルメとお土産
旅行の時やまちの情報を調べたい時…
今はガイドブックを買うより、ネットで調べる方が多いかもしれませんね

そんな時に便利なのが、まちの観光協会のホームページ
おすすめの場所やお店が一気に調べられます
皆さんは利用されていますか??

昨年末、岩見沢市の観光協会のホームページがリニューアルされたんですよ~

※パソコンの画面を写してみました!
DSC_1653 (1024x660)

今までとは全然違った雰囲気…とてもステキ

DSC_1656 (954x622)

グルメ情報もたくさん
地元のヒトおすすめの、あのパン屋さんや、美味しい炭火焼のお店、隠れた名店も…
画像をクリックすると、それぞれのお店の紹介がでてきます!!

項目ごとに簡単に選ぶことができて、とっても便利

見所の多い、ボリュームあるホームページになっていて、
岩見沢を代表する施設紹介の他、
女子旅に、ファミリー向けに、シニア層に、おすすめのモデルルートコースの紹介や、
岩見沢ツーリズムプログラム」というページもあります
ツーリズムコースの中には、ヒストリーツーリズムコースも…

まずはどうぞご覧くださいませ!
アナタの知らなかった岩見沢がきっとありますよ~

こちらから⇒岩見沢市観光協会HP

新着図書のご案内 「炭坑読本」

2017/01/18 [Wed]17:50
category: マネジメントセンターについて
今日は、最近新たにご寄贈いただいた本のご案内です

「炭坑読本」(全1~5巻)
三菱鉱業株式会社 発行(配本/非売品)

16145516_748299078653571_370122178_o.jpg

昭和27年から4年をかけて書かれた「炭坑読本」は、
31編の本文と、便覧・索引によって構成されています。
まるで『炭鉱で働く人のための教科書』と言ってもいいようなその内容は…

第1巻【一般編】
石炭の話から始まり、地質、坑内物象、炭坑鉱業数学、炭坑経営など、基礎知識的な話。

第2巻【掘進編】
坑道掘進、掘進用機械、坑道支保、立坑開削など、採炭以前の技術的なしくみや方法。

第3巻【採炭編】
採炭法、カッター/ピック/新しい採炭機械、充填法など、採炭~充填の技術的なしくみや方法。

第4巻【保安編】
坑内通風の理論、坑内ガスとその検定、炭坑災害、救急法と坑内衛生など、坑内の保安対策について。

第5巻【施設編】
坑内運搬、軌道と炭車、坑内排水/電気/照明など、坑内の様々な設備について。

…と、大まかにさらっても、ものすごく細やかに取り上げられているのが分かります
図や写真による説明も豊富で、発破のかけ方、選炭機のしくみなどの図示は、
炭鉱の設備や技術ってすごいと自然と感じてしまいます。
それを本の形にまとめたのも、大変な苦労だったことでしょう
より安全で能率的な炭鉱となるよう、注がれた筆者の情熱が感じられます…

こちらの全5巻は、センター館内で閲覧いただけます♪
(貴重な本のため、貸し出しは行っておりません。申し訳ありません
図書コーナーに並んでいますので、ぜひご覧くださいませ
trackback --   Comment (0)   編集