FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

⑥炭鉄港の【炭鉱】炭鉱の記憶マネジメントセンター石蔵

2019/02/21 [Thu]18:59
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
炭鉄港の【炭鉱】
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター石蔵を紹介します

マネジメントセンターに併設している札幌軟石の石蔵は、明治42年建築!

かつて、おコメの倉庫用にと建てられたのですが、
実際には、たばこの専売公社の倉庫として使われ…
その後は、日用雑貨のお店の倉庫として使われ…

石蔵内部 (1004x740)

2009年8月からは、当NPOが写真展や講演会、ライブ会場などとしても活用している石蔵です。

蔵の構造は木骨石造平屋建 切妻屋根 トラス構造  規模は57.93㎡。

20090817_ManagementC髢区園蠑・90 (1280x960)

2009年に借りた時は、ベニヤ板で覆われ、せっかくの壁の軟石が隠れていました。
これを当時のスタッフで剥がして(そして具合い悪くなり…)、軟石が見えるようにしたのです。

DSCN8959.jpg


駅側の壁面の屋根には、雲形をあしらった和風の意匠を感じる棟飾りが置かれています。
おそらく、火除けのために…中央部には「水」と彫られていますよ

DSCN0496 (1024x796)

かつて石炭列車がたくさん走っていた影響か、軟石が黒っぽくなっています。
たぶん黒煙のせいでススがついて黒っぽいのであろう‥との事。


札幌軟石は、札幌市南区石山で産出する凝灰岩の石材です。
4万年前の支笏湖を形成した火山活動で発生した火砕流の噴出物が札幌市南区にまで達したそうで、
この火砕流の噴出物が固結したものが「札幌軟石」。

明治4年に札幌南区石山で発見され、キメが細かく適当な硬度を有していること、柔らかいため切り出しが容易であること、
軽く保温性が良いこと、などから、明治時代から昭和初期にかけて、主要建造物の資材として広く使われるようになったそうです。

昨年、北海道遺産にも追加登録されています


「空知の炭鉱」の情報発信拠点でもあるこの石蔵も、炭鉄港日本遺産の構成施設に入っています!!

マネジメントセンターへお越しの際にはお気軽に、「石蔵を見たいです!」とお声がけください

3/1は三笠でセミナー

2019/02/20 [Wed]15:11
category: 空知情報
日本のジオパークに認定されている、
三笠ジオパーク

※ジオパークとは…
「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。

そんな三笠で、「文化財・日本遺産などの地域が持つ歴史や風土とジオパークの繋がり」をテーマとしたセミナーが開催されます

page-0001 (724x1024)

【日時】3月1日(金) 午後5時30分から午後7時15分頃(開場午後5時)
【場所】三笠市民会館202号室
【内容】基調講演(60分程度)
☆演題 「文化財・日本遺産などの地域が持つ歴史や風土とジオパークの繋がり」
☆講師 NPO法人 日本ジオパークネットワーク理事 桂 雄三 氏
【問合せ】三笠ジオパーク推進協議会事務局(三笠市役所商工観光課内)
      ℡01267-2-3997(平日のみ午前8時30分~午後5時)


興味のある方はぜひご参加いかがでしょうか

⑤炭鉄港の【炭鉱】北炭幾春別炭鉱 錦立坑櫓

2019/02/17 [Sun]19:36
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
今回は、「北炭幾春別炭鉱 錦立坑櫓」について紹介します

三笠市にあった幾春別炭鉱は、明治18年に政府が開発に着手した、歴史のある炭鉱です!!
明治22年に幌内炭鉱と幌内鉄道の払下げを受けた北海道炭礦鉄道会社が、ここ幾春別炭鉱の本格的な採炭を始めました。

北海道に現存する最古の立坑櫓が、大正8年に建てられたこの「錦立坑櫓」です。

IMG_6990 (800x600)
※2010年、春の様子

高さは約10メートル、深さ約214メートル。
このころは周辺の整備はほとんどしていなかったので、草をかき分けてやっとたどり着く…といった感じです

よ~く見ると、柱の鋼材には「八幡製鉄所」の刻印があるものも!!
北炭の社章は現在、新しいものに変えられています。

IMG_6993 (800x600)

立坑の横にはレンガ造りの巻揚室があります!
自然が緑を取り戻していく…!!

P1120309 (800x600)

以前は内部に入ることもできました。

巻揚室からさらに奥へ行くと、同じようなレンガ造りの変電所もあります。


遊歩道から立坑櫓に向わず、川の方へ降りると、錦立坑と繋がっていた錦坑口も見る事ができます。

錦坑口 (800x589)

立坑から積み替えた石炭を出した水平坑口で、ここから博物館周辺にあった選炭場へ運ばれていきました。
レンガが5層になってアーチ状に組まれてる、重厚な坑口です


炭層は急傾斜で薄く、採炭は難しかったようです。
昭和28年に採掘を中止し、昭和32年に桂沢ダムの建設、自然発火などの事情から閉山となりました。
閉山が早かったので、ここで働いていたという炭鉱マンからのお話を聞く事は、ほとんどありません…

DSCN3918 (800x562)

立坑、巻揚室、変電所、坑口、が、同じ場所で、ほぼ同じ時期に建てられたものが見れるというのは、珍しい
ぜひこちらも訪れていただきたい場所です

現在は、「三笠ジオパーク」のジオサイトの一つとなっていて、歩きやすく&わかりやすく整備されています。
→ こちら

今日のイベントの様子♪

2019/02/16 [Sat]19:30
category: 岩見沢情報
今日が初日のIWAMIZAWAドカ雪まつり
天気も良くて、多くのひとが…!!

DSC_4191 (800x596)

巨大な滑り台にはいわみざわのゆるきゃら、いわみちゃん

滑り台の横には…
こんな顔はめパネルがあったとか
1550309350414 (360x640)
※おとながやってる

市民雪像にも滑り台がついているのですね~
DSC_4193 (800x561)

他には、ゆきんこカーリング、スノーモービル、歩くスキー体験などなど…
冬ならではの遊べる企画がたくさんあります

一番ひとがいたのがここ↓↓
DSC_4196 (800x594)

ジャンボキジ鍋

上から見てみると…

DSC_4197 (800x595)

16:00から800食の無料配布という事で、大行列~

ちなみに明日は14:30から豚汁300食の無料配布があります!
11:20~12:00は、岩見沢駐屯地特製カレーライス400食の無料配布もあります!!
いつもあっという間になくなるそうです。すごい~

明日のドカ雪まつりは10:00~15:30です!!


駅のセンターホールでも「鉄道模型展」が開催されていました!!

DSC_4199 (800x589)

あ!
これは…行先案内板??
なんと、
昔懐かしい、

DSC_4205 (800x600)

行先がぱたぱたぱたぱたと変わる
画面なのに…
行先表示がたくさんある中、「万字炭山」行き、「手宮」行きの表示を出してくれました

明日の「鉄道模型展」は10:00~15:00です!


センターホール横にある「i-BOX」では…

DSC_4200 (800x597)

2名の学生さんのステキな作品が壁に…!!
触っていいそうです


17日も岩見沢へ遊びに来てくださいね

明日からドカ雪まつり♪

2019/02/15 [Fri]22:27
category: 岩見沢情報
明日と明後日の岩見沢は、
ドカ雪まつりが開催されます

ドカ雪
今年は雪の多い岩見沢。
大雪は何かと大変だけど、楽しんじゃおう!という、岩見沢にぴったりなお祭り

巨大すべり台は子供たちに人気でしょうが…
屋台では何が食べられるのかなぁ??

天気は悪くなさそうです!
ぜひ岩見沢へおいでください

マネジメントセンターは16日、17日、開館しています!
ちょっと休憩したくなったら…ぜひお立ち寄りください