FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

唐松駅の写真が…!

2020/07/10 [Fri]12:24
category: メディア情報
夏です…
各地へ出かけたくなりますが、今はまだコロナウィルス感染の可能性や九州を始めとする水害被害の発生している地域がありますから、国内旅行は控えた方がよいのかも…。

そんな今…旅行好きな方へおすすめの雑誌がありますよ!
「旅行読売」
毎月発刊されていて、特集記事が読みごたえあるのです!
「懐かしいあの時代へ 廃線跡の今」
「厳選、絶景で元気回復 温泉のチカラ」
「遊び心あふれる個性派の宿」
など、一般的な旅行雑誌より一歩踏み込んだ魅力的な内容が人気あります!

DSC_6454.jpg

最新の8月号の特集は…
「心ふるえる絶景!日本の夏 50選」

DSC_6456.jpg

まず紹介されているのは室蘭の地球岬でした!
ここは断崖絶壁や海の青さに圧倒されますね。

他には、宮古島と伊良部島を結ぶ3450メートルの伊良部大橋と、日本一美しい宮古ブルーの海、
伊豆から見ると山頂も裾野も全容が一望できる富士山、
宮城県蔵王の光景が神秘的すぎて目に焼きつく湖面、御釜など、、。

日本中の絶景が美しい写真とともに紹介されている中に…
北海道の鉄道絶景が紹介されています。
そして、、岩見沢赤電保存会でお馴染みの丸山裕司さんの写真が何枚も…!!

あれ!!その中に…
DSC_6457.jpg

「旧幌内線唐松駅」が!!

2017年に「炭鉱の灯り」を唐松駅で開催した時、丸山さんはキャンドルの設置撤収作業に参加してくださり、写真を撮っていただいていたようです。
薄暗くなった頃に写された一枚の写真が…!!

DSC_6459.jpg

地元の方が大切にされている唐松駅をお借りして、駅舎周辺とここにあった線路をキャンドルで灯しました
幻想的な雰囲気で月明かりも見え隠れ…。
とってもステキに紹介していただき、嬉しいです。

丸山さん、ありがとうございました。

気になる方はぜひ、書店で「読売旅行」をお求めください!
定価600円で国内旅行ができますよ〜!


*「炭鉱の灯り」について今年はどこの場所で開催するか、実施できる状況かどうか、今のところ未定です。







trackback --   Comment (0)   編集

奔別炭鉱のゲート解放します!

2020/07/04 [Sat]12:30
category: 炭鉱の記憶
今年はコロナウィルス感染拡大防止の観点からイベント等の自粛をしてまいりましたが、対策をとって、夏休み・お盆の奔別炭鉱のゲート解放を実施する事としました。

IMG_2790.jpeg

今年はゴールデンウィークの公開を中止しましたが、「ぜひ近くで見てみたい」「写真を撮りたい」などの声を多くいただきました。
そこで現在の北海道の状況をふまえ、例年より日数を減らし、時間を設定したガイドツアーはしないという事で、公開いたします。

期間は下記の通りです。
7月23日(木)、24日(金)、25日(土)
8月13日(木)、14日(金)、15日(土)
公開時間は11:00〜15:00
申し込み不要、入場無料、

立坑内部、ホッパー内部は見学できません

受付でお名前をご記入いただきます。
野外ではありますが、マスク着用のご協力をお願いいたします。
体調のすぐれない方はご遠慮ください。

ご質問は、
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
TEL0126-24-9901
infomc@soratan.com

trackback --   Comment (0)   編集

「これをおすすめします!」

2020/06/27 [Sat]12:51
category: マネジメントセンターについて
本日より石蔵で展示スタート!

コロナウィルス感染拡大防止の観点から、しばらく石蔵の使用を自粛しておりましたが、ようやく本日より公開させていただきます。

タイトルは…
「これをおすすめします!」

fc2blog_20200627121021661.jpeg

「個人的におすすめしたい空知の炭鉱遺産や炭鉄港」をテーマとして、NPO炭鉱の記憶推進事業団会員さん、NPO役職員などからエピソードやコメントと写真を募集しました。

DSC_6420.jpg

日本遺産となった炭鉄港の構成資産は45カ所ありますが、それ以外にも「これはすごいよ!」「これ知ってる?」「私の思い出はこれ!」というものがたくさんあります。
日本遺産になっているものも、ひとによって見方はさまざま。


例えば…
DSC_6421.jpg

「謎の炭鉱・太刀別」??
沼田町にあった太刀別炭鉱、何が謎なのでしょう…

今のところ36点紹介しておりますが、今後も募集しています!!
ご来館の皆さまからもぜひ、ご紹介いただきたいと思いますので、まずは現在の展示を見にいらしてください


会期:6月27日(土)〜8月30日(日)
場所:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター石蔵
営業時間:10:30〜17:30
休館日:月・火曜(祝日の場合は開館)
入場無料

*引き続き、マスク着用等のご協力をお願いいたします。

trackback --   Comment (0)   編集

幌内炭鉱の模型シリーズ

2020/06/25 [Thu]21:05
category: マネジメントセンターについて
元炭鉱マン、齊藤靖則さんご自身の働いていた幌内炭鉱の新作模型が完成しました!!

北海道での本格的な水平坑道は、開拓使によってなされた幌内炭鉱の大坑道(音羽坑)があります。明治12年に開削された坑道で、当時は通気も自然通気で、坑内湧水もそのまま坑外へ自然排出し、人力や馬によって石炭を運んでいました。

その後、斜坑が開削されたり、一気に地下へ降りる事の出来る竪坑など、石炭の採炭現場の場所によって、地下への出入り口となる水平坑、斜坑、竪坑が、造られていきました。

このたび、齊藤さんが制作されたのは…
竪坑として幌内炭鉱で一番最初に建てられた、
「幌内炭鉱養老竪坑櫓」
北炭70年史によると、明治29年に起工された竪坑と紹介されています。
DSC_6412.jpg
齊藤さんも資料や写真でしか見た事がないそうなのですが、この度、後世に養老竪坑の姿を伝えよう…と制作してくださいました。

明治から大正にかけての時代の竪坑は木製だったそう。高さは12.5メートル、幅5メートル、深さは207.7メートルだったそうですが、昭和32年に廃止されました。

残っていたら、かなり貴重な竪坑だったのでしょうね。


そしてもうひとつ。
こちらは大型の模型です!!

「幌内炭鉱布引竪坑櫓とその周辺」
DSC_6405.jpg

入気竪坑櫓は大正6年、木造の仮櫓として建てられ、高さは17.5メートルありました。昭和13年には鉄骨櫓に改修されました。

排気竪坑櫓は大正9年に木造櫓が着手され、高さ14.5メートルでした。昭和25年鉄骨に改修されています。

DSC_6411.jpg
齊藤さんが最初に炭鉱へ入った時は、この布引坑を使っていたそうです。
布引坑は昭和42年に幌内立坑(現存する立坑)が完成するまで、幌内炭鉱の中心的な役割を果たしていたそうです。

S41布引立坑と排気の扇風機のコピー
こちらは昭和41年に撮影した、竪坑と排気の扇風機の前での集合写真です。(齊藤さんもいる!!)


布引竪坑も養老竪坑同様、解体されていますが、竪坑基礎部分と風洞トンネル、レンガの巻上げ室などは残っています(立ち入り不可)

2009年、マネジメントセンターが開設した年に開催された「幌内・布引アートプロジェクト」の際、このように活用させていただきました。

布引sakai2のコピー



もう見る事のできない炭鉱施設を模型で伝えてくれる齊藤さん、ありがとうございます!!

養老竪坑と布引竪坑と周辺施設の模型はマネジメントセンターにありますので、皆さまぜひ見にいらしてください!!



trackback --   Comment (0)   編集

19日(金)炭鉄港カード配布&カフェコーナー再開♪

2020/06/17 [Wed]12:36
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
最近、各団体や行政などが全国各地で配布している、様々なテーマのカードがありますが、、皆さんは何かのカードを集めた事がありますか??

そこに行かないとGETできず、ひとり1枚しかもらえないカード

よく知られるものでは、ダムカードが有名ですね。
他にも、土木遺産カード、マンホールカード、かけ橋カード、などあります。(※コロナのため配布休止中のものもあります)

例えば…昨年室蘭の民俗資料館へ行った時にもらったこのカード↓↓
DSC_6370.jpeg
北海道の「先人カード」というものです。
カードを集める事で、道内各地の先人たちのゆかりの地を巡る新しい旅ができます。歴史や文化を再発見できる約100種類の「先人カード」*配布終了のカードもあります


マネジメントセンタ-でも数年前から、とあるカードを配布しており、全国各地から、「カードをGETするためだけに来ました」という方も結構いらっしゃるのです!!

さて、
なぜこんなに人気なのでしょう??

集めたくなる要素がたくさんあるのです

●そのテーマに興味がある。というシンプルな理由ですね。
●そこに行かないとGETできないというプレミア感!!
●好きだから全種類集めて制覇したい!!(コンプリートすると特典がある場合も)
知るきっかけになる!!
●たまたまもらったが、カード集めが旅感覚で楽しい!!


これから何かのカードを集めてみようかな~と思った方におすすめがありますよ!!
1日から配布開始となる
omote.png
対象施設で配布しているカードもあれば、市内の別の場所で配布している場合もあります。

マネジメントセンターでは、岩見沢の「朝日駅舎」「旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場」のカードを配布します。
カードはパンフレットやチラシのように、自由にGETできるように置いていませんので、スタッフに「炭鉄港カードください」と声をかけてくださいね。

時間があればぜひ、カードの受け渡しだけではなく、センター内を見学したり資料を見ていただいたり、朝日駅舎や旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場についてや、炭鉄港の話などもできたらと思います!!


空知管内+小樽+室蘭の、炭鉄港めぐりをしてみませんか??


そして19日、マネジメントセンターのカフェコーナーを再開します
コロナウィルス感染防止対策を引き続き実施しながら、「新しい生活スタイル」に取り組みます。
ご来館の際には皆さまもどうぞご協力よろしくお願いいたします。

さらに、石蔵での展示は、6/27(土)からを予定しております。
こちらもどうぞお楽しみに〜


trackback --   Comment (0)   編集