FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

室蘭の鐵の素クッキー♪

2018/08/19 [Sun]21:46
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
何やらすっごいインパクトのあるパッケージの…
室蘭のお土産をいただきました

DSC_3544 (1280x951)
「鐵の素」クッキー?!
ネーミングもいい!直球ですね!!

DSC_3542 (1280x912)

中を開けると、鉄鉱石、 石灰石、 石炭そっくりのクッキー!!

うわさには聞いていましたが…
これはすごい!!

室蘭工業大学、ナニナニ製菓、室工大生協がタッグを組んで、「鉄のまち」室蘭を応援するお菓子を作成。
鉄の原材料である「鉄鉱石」「石灰石」「石炭(コークス)」を モチーフにした焼き菓子のセット。
室蘭ならではですね。

DSC_3545 (1280x957)

室蘭の「鐵」にまつわる歴史が年表になっています!
「井上角五郎」がセンターに…!!
室蘭の歴史にとって、かかせない人物です

DSC_3546 (1280x960)  

「鐵」がどうやってできるか…を、イラスト付きでわかりやすく解説されています

形も本物と見間違いそう‥

DSC_0001_BURST20180819172041661 (1280x938)

もちろん、美味しいですよ〜
鉄鉱石はココア味、石灰石はきなこ味、石炭は黒ごまの味つけ。
ゴロンとしていて、食べ応えあります!

企画、パッケージ、説明文、見た目、味…
きっと、どれもたっぷり時間をかけてよく考えられて作ったのでしょうね〜!

『日本ギフト大賞 2017』北海道賞も受賞しているそうです

ナニナニ製菓⇒ こちらから
他、道の駅でも売っているそうですよ!

鐵のまち室蘭のお土産として、おすすめですね!
これは室蘭で見つけたら、ぜひ買いたい一品です!!

奔別炭鉱のゲート開放は今日と明日!!

2018/08/18 [Sat]10:37
category: 炭鉱の記憶
昨日、北海道新聞の札幌圏版に奔別炭鉱の記事が掲載されたようで、見学についてのお問い合わせをいただいております

現地に係員がいて、炭鉱遺産を見学できる一般公開は、今日と明日で終了です。

DSCN5957.jpg

通常は立入り禁止のゲート前から見るのみですが…


DSC_3531.jpg

今日明日は、高さ51メートルの大きな櫓の近くからの見学ができます。
奔別立坑櫓の内部に入って見学する事はできません


奥にある石炭積出施設(ホッパー)は、内部見学ができます。

DSCN5921.jpg

ただし今年からホッパー内部の見学時には、ヘルメット着用をお願いしています。
頭上だけではなく、足元もコンクリート片やクギなど落ちている場所もありますので、十分お気を付けください。


☆ご安全に見学していただくため、受付で注意事項をよくご確認の上、ご入場ください☆

今日明日、一般公開の時間は11時~15時までです。

どうぞよろしくお願い致します


今日は開所記念日♪

2018/08/17 [Fri]19:53
category: マネジメントセンターについて
本日、8月17日は、NPOにとって記念日…
「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」がオープンした日なのです!!

d-1_2018081719200358c.jpg
↑こちらは、オープン直前のマネジメントセンター入口
看板がまだ「日粧現金センター」とついてます


そしてこちらが、2009年8月17日の開所式当日↓↓

2015080814361866bs_20180817192608d64.jpg
※神妙な顔の、りじちょーと、らいだぁ
 
開所式には関係者、約30名の方にご出席いただきました。

オープンしたばかりの頃はご来館者も少なく…
事務所も殺風景…
f-1_2018081719332993a.jpg
※入口を見つめるOL…

あれから9年経ったなんて…
本当に早いです…💦

関係いただいている、多くの皆さまのおかげです。
誠にありがとうございます

そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」は今日から10年目に入ります!!

今後も変わらぬご支援、ご協力を、どうぞよろしくお願い致します


お知らせ
「ポツンと一軒家」というテレビ番組知ってますか??
衛星マップで一軒家を見つけて、どんな場所か、どんなひとが住んでいるのか、調査に行くそう。
明後日19日(日)18:57~テレビ朝日(北海道ではHTB)で放送があるのですが…
なんと!北海道の、とある一軒家が紹介される?!
場所は、岩見沢…?!
昭和49年に閉山したあのヤマのまちが…?!

お時間のある方はぜひ…

【赤平】赤平アートプロジェクトの日程のお知らせ

2018/08/16 [Thu]14:47
category: アート
こんにちは~!赤平に入り浸りのスタッフ、カニです!!今日は久しぶりの岩見沢出勤なのですが、久しぶりなのに赤平の告知でございます。

今年もこの日程が発表されました~!

180816kani1.jpg

「赤平アートプロジェクト」!!!

期間:9月8日(土)~10月8日(月・祝)の土・日・祝日
入場無料・雨天決行
場所:旧住友赤平炭鉱 坑口浴場


そもそもこの「アートプロジェクト」はと何かと言いますと…

本アートプロジェクトは、展示する「場」の持つ歴史や、そこであった出来事を作品の文脈に織り込み、炭鉱施設を人々の物語が甦るような空間へと変えていく取り組みです。また、作家・自治体・学生・市民グループなどが連携し交流することで、地域に根差したプロジェクトになることを目指しています。

というイベントとなっております。このイベント、最初は2004年に赤平をスタートしたんですよ~♪詳しくは公式WEB内を見ていただければと思うのですが、センターブログに過去の様子が少しあったので、あった年の分のみご紹介します!

2009年 布引アートプロジェクト
CIMG0688.jpg 

2011年 夕張清水沢アートプロジェクト
作品1 
http://yamasoratan.blog62.fc2.com/blog-entry-752.html

2012年 奔別アートプロジェクト
奔別3 

2013年 奔別アートプロジェクト
アート1 

2014年 そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト
20141012Blog_8.jpg

2015年 そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト
IMG_3326.jpg 

2016年 そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト
IMGP4961.jpg 

2017年 赤平アートプロジェクト
kani0917-4.jpg 

毎回その「場所」の持つ意味を大切にした作品作りをしてくださっているなぁ~と感じますね
今年の情報につきましては、Facebookページでも情報発信をしておりますのでご覧ください。


今年は一体どんな素敵な作品と出会えるのか…今から楽しみですね(*≧∪≦)
皆様、この秋も赤平でお待ちしております!

カニでした
trackback --   Comment (0)   編集

赤平での「炭鉱の灯り」を終えました

2018/08/15 [Wed]20:12
category: 炭鉱の記憶
今年の「炭鉱(やま)の灯り」、ラストは12日に赤平で開催しました。
場所は旧住友赤平炭鉱

この日は特別に「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」も20:30までオープン!

DSC_3135 (1280x948)


窓の向こうの立坑櫓が…

DSC_3485 (981x1280)

週末なので、立坑もライトアップ
まるで絵のように美しく浮かんでいました…

DSC_3520 (1280x943)


そして、キャンドルの「灯り」は、坑口浴場の横に並べられていました。

「赤平」の文字。

DSC_3498 (1280x960)

赤平ではお馴染み、火まつりの「火」

DSC_3495 (1280x909)

立坑櫓の上部にある、ヘッドシーブ(ワイヤーを巻き上げるための滑車)の半分が…!!
とてもきれいに並べられています!!

DSC_3496 (1280x889)

近くでよ~く見てみると、うっすらと下書きが…
苦労のアトがわかります

あとで聞けば、置き場所の下書きやキャンドルホルダー洗いなど、副りじちょーたちがお昼頃から始めていたそう💦

DSC_3503 (1280x960)

とてもきれいな場となりました…

設置のお手伝いの方や、見学の方も多くいらっしゃいました。
唐松・夕張・赤平、の3ヶ所ともお手伝いに来てくださった会員さんもおふたり…!!

行く事はできないけど、頑張ってください、とのメッセージをいただいたり、
画像を楽しみにしてくださる方も…。

「炭鉱の記憶」の活動や思いに共感してくださる、多くの皆さまに支えられていると思います

DSC_3514 (1280x946)
最後にりじちょーのライトアップ??

DSC_3515 (1280x960)

ご参加いただいた皆さまへりじちょーからご挨拶させていただき、今年の「炭鉱の灯り」を終えました


「炭鉱の灯り」を実施しているのは、ただ単にキャンドルをつけているのではなく、ここに込められた思いと意味があります。

ご理解とご協力、来年もどうぞよろしくお願い致します


さて…
~~お知らせ~~
明日16日(木)、18:10~のNHKほっとニュース北海道の中で、
「閉山した赤平市の炭鉱の歴史を語り継ぐ元炭鉱マンの活動を追いました」という内容の放送がある模様…!
あのひとが登場…??
どうぞお楽しみに