FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

今日から「ぼくらの7日間戦争」公開!!

2019/12/13 [Fri]12:57
category: 炭鉱の記憶
いよいよ本日から、アニメ映画の「ぼくらの7日間戦争」が始まります!
報道でもされているように、メインの舞台は旧住友赤平炭鉱立坑やぐら!!
ぼくらの7日間戦争1
チラシの左側は、赤平立坑の‥
右側は、三笠の幾春別炭鉱の‥
見覚えのある、炭鉱に関する場所がいくつか登場するようで、楽しみです

そして…夕張市石炭博物館の模擬坑道を参考にしたシーンもあるそうです。。

北海道では4カ所の映画館で上映されます。
札幌シネマフロンティア
ユナイテッドシネマ札幌
イオンシネマ江別
ディノスシネマズ旭川

今日の上映をHPで見てみたら、1日に4回の上映があるようなので、お近くの方は仕事が終わってからも行けそうですよ~!

さらに‥
舞台モデル化「炭鉄港」日本遺産認定記念キャンペーンもあります!!
ぼくらの7日間戦争2

第一弾は映画ペアチケットプレゼント(応募は今日が締切りです)
第二弾はステキなプレゼント(「映画見たよ!」と、赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設でどうぞ)

この映画を知らない若い世代も、
北村匠海ファンも、芳根京子ファンも、
昔の映画「ぼくらの七日間戦争」を見た方も、
宮沢りえファンも、TMネットワークファンも、
炭鉱ファンも!!

映画館行きましょ~


trackback -- comment --   編集

ぷらぷらまち歩き2019の様子を展示中

2019/12/12 [Thu]16:50
category: マネジメントセンターについて
現在、マネジメントセンター石蔵では、本年度のぷらぷらまち歩きを写真で紹介する「ぷらぷらまち歩き2019レポート展」を開催中です。
DSC_5733 (765x1024)

今年は本当に多くの方にご参加いただきました。
誠にありがとうございます!!

全16回 参加人数   569名(平均35名)
人数の内訳は次の通りです↓↓

9/21  沼 田 11

9/22  万 字 23

9/23  月 形 19

9/28  赤 平 27

9/29  芦 別 51

10/05   奔 別 25

10/06   唐 松 35

10/12   夕 張 36

10/13   室 蘭 17

10/14   朝 日 55

10/20   美 唄 84

10/22   小 樽 45

10/26   栗 山 12

10/27   上砂川 35

11/02   安 平 44

11/03   歌志内 50


特別公開ひとりでは行けない場所、に、参加者が集まってくださったようです。(当日の天候にもよりますが…💦)

DSC_5736 (1024x753)

毎年「ぷ~らぷ~ら~」してますが…中身が非常に濃いのです!!
人数の多さを目指しているのではありません!
「普段通り過ぎているような場所に、こんな魅力が!!」という事を、実際に歩いて、良さを味わっていただきたい…そんな思いでご案内しています

DSC_5741 (1024x760)

まだまだ地域にこんな宝ものがありますよ~

来年も予定していますので、一度も参加した事がない方もどうぞお気軽に!!

trackback -- comment --   編集

室蘭の「炭鉄港」見学会!

2019/12/05 [Thu]14:48
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
先週、室蘭にある「炭鉄港」を視察する研修会がありました!
さてさて、どんな「炭鉄港」構成文化財があるのか…
「炭鉄港」に興味のある方、「炭鉄港」をよく知らない方、室蘭へ行くご予定のある方にも、ご紹介&おすすめさせていただきます!!

岩見沢からバスで室蘭へGO!
高速を使えば、2時間ちょっと。意外に近い気がします。

お昼は、飲食街マップを見て、自由に‥という事で、1日目は「三勝」のかつ丼!地元の人で混み合う店内。老舗っぽい雰囲気でした
DSC_5531 (1024x767)
味がちょどいい~。味噌汁も美味しい~。ボリュームあるけど、完食

2日目もご紹介。室蘭に来たらやっぱり食べなきゃ。の、味の大王の「カレーラーメン」
IMG_2360 (1024x768)
ちょい辛のカレーが溢れそうなくらいにのっかって、麺がカレーにからんで、とにかくすごく美味しかったです
カレーのハネを気にする方には、紙エプロン(10円)を一緒に注文してくださいね。

そして、いよいよ見学へ‥
IMG_2196 (1024x756)
まずは観光協会の入る旧室蘭駅舎。仲嶋事務局長がご案内。

旧室蘭駅舎は明治45年に建設された道内の駅舎の中では最古の木造建築物。
明治期の洋風建築のたたずまいを現在に残しています。
IMG_2210 (1024x768)
外回りは入母屋風で「がんぎ」と呼ばれるアーケード洋式を取り入れており、全国的にも珍しい建造物だそう。外壁は白漆喰で、構造体の木部と茶色の屋根のコントラストがカッコイイ

内部は広々したホールや展示スペース、休憩所として一般市民に開放されています。
IMG_2199 (1024x769)
とても見やすい展示パネル。

IMG_2195 (1024x768)
「炭鉄港」のパネルも!!

ボルトなどで作られたこれは‥
IMG_2197 (1024x752)
すごい!工場夜景です

敷地内には石炭運搬に使われていたSLが展示されています。市民の意見を取り入れて、SLの底面が見れるようにしたそうです。
IMG_2206 (1024x686)
この階段を降りると、SLの底が‥

IMG_2205 (1024x757)
わ!!これは面白い。このサビが年季を感じます!!


次に向ったのは、日本製鋼所 室蘭製作所(JSW)
IMG_2212 (1024x758)
ここにも日本遺産に認定された施設がいくつかあります。

まず玄関入口に、こんなマンホールが。
IMG_2213 (1024x768)
これは、初代の社章のマンホール
明治40年、北海道炭礦汽船株式会社と、英国アームストロング社、ビッカース社の3社共同により設立されたので、3社の頭文字を組み合わせて図案化されたマークです。
北炭(T)・アームストロング社(A)・ビッカース社(V)
創業時から昭和10年まで使われたそうです。

会社の概要説明では、初代会長の井上角五郎の写真や、貴重な資料なども見せていただきました。
室蘭に製鋼所が建設されたのは、石炭の集積地、噴火湾の豊富な砂鉄、優れた港湾、などの理由により、製鉄起業の好適地と判断されたようです。

日本製鋼所では、戦艦の大砲や装甲板を製造するなど、主に戦争の兵器を作っていた時代もあったようです。
そしてこちらが、日本で初めて作られた航空機のエンジン「室0号」
IMG_2223 (1024x768)
国産第一号の航空機エンジンが、なんと室蘭で作られたとは‥

天井を見上げると‥
IMG_2217 (1024x768)
ドイツ製メルセデス・ダイムラーE6F型をモデルに改良したそうです。
同型のエンジンは室蘭で21基製作されており、展示されているこの室0号はその唯一現存する1基です。


次は敷地内にある、大きなレンガ造りの「旧火力発電所」
IMG_2235 (1024x754)
明治42年に建設された火力発電所。イギリスから輸入した発電機3基とボイラー20基が格納されていたそう。レンガはやっぱりイギリス積み。建物が大きいので迫力あります!
煙筒はリベットになっており、かつて「東京芝浦製作所製」と書かれてあるプレートがついていたそうです。丸窓もいい味だしてます。
現在は多目的施設として使用されているそうで、中には入れませんでした。


少し離れた場所に、日本製鋼所が迎賓館として使っていた「瑞泉閣」があります。こちらも構成文化財です。明治44年に大正天皇が皇太子時代に視察に来られた際、宿泊所として建設された建物です。
IMG_2249 (1024x735)
現在、瑞泉閣は改修工事中で見る事ができなかったので、、すぐ近くにある「瑞泉鍛刀所」の見学をさせていただきました。

IMG_2257 (1024x761)
まずは資料館で説明を受けます。
IMG_2259 (1024x760)
大正7年から、なんと、ここで日本刀を作っていたとは‥。
しかも、今でも基本的な製作工程は変わらず作られているそうです。

IMG_2256 (1024x763)
見学時、ちょうどここで製作されていました。
内部も見せていただきました!!

日本刀製作が禁止される時代がありましたが、作刀技術は大切に守り受け継がれ、今日に至るまで、伝統的美術品である日本刀を数多く生み出しているそう。

日本製鋼所が大切にしている「技術技能伝承」「ものづくり」の原点がここにある‥!!

とにかく日本製鋼所の敷地は広かったです‥!!
製鋼工場、特殊溶解工場、鍛錬工場、鍛造工場、熱処理工場、圧延工場、鋼板工場‥
現在の工場敷地面積は1,111,023㎡!
調べてみると、札幌ドームの全体の敷地(屋内アリーナ、野外アリーナ、サッカー場、駐車場など)面積が305,230㎡との事なので、4つ分近い面積(ざっくり過ぎですが‥💦)
室蘭製作所だけで従業員は約680名との事。


多くを見学するため短時間の滞在でしたが、「てつのまち・室蘭」を存分に感じました。
ご案内してくださった皆様、ありがとうございました


さぁ次は、日本製鉄所へ‥
(長くなってしまいましたので、次回にします~)


trackback -- comment --   編集

明日から3日間「小樽スィーツフェスタ」

2019/11/28 [Thu]12:02
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
11月29日(金)、30日(土)、12月1日(日)の3日間限定、ウィングベイ小樽で、あまいもの好きには見逃せない!!美味しい楽しいイベントが開催されます♪♪

それは…
「otaru スィーツフェスタ 2019」
小樽スィーツフェスタチラシ表 (724x1024)

小樽と言えば…和風、洋風、美味しいスィーツのお店が沢山あります
おもち屋さん、おだんご屋さん、クッキーにプリン、シュークリーム…!!

かつて小樽港は北海道の玄関口として、北前船で北海道からはニシンなど海産物を運び、本州からは、お米や砂糖、塩など、様々なものが入ってきて取引されていました。
そんな小樽ですから、「あまいもの」のお店もたくさんできたのかもしれませんね

このスィーツフェスタに…
「空知の石炭・炭鉱のスィーツを出しませんか??」と、お誘いしていただきました~!!
ありがとうございます なぜかと言うと…
小樽には日本遺産が2つあります!
ひとつは、「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」
そして、「北の産業革命 炭鉄港」
小樽の、ふたつの日本遺産を記念した企画が、このスィーツフェスタで開催されるのです!!
小樽スィーツフェスタチラシ裏 (724x1024)

11/29(金)FMおたる公開生放送(会場ステージ)で、15:00からの開会式の後、トークイベント「北前船と炭鉄港から見たスィーツの魅力」!!

司会:村岡啓介氏(FMおたる総合プロデューサー)
ゲスト:高野宏康氏(小樽商科大学グローカル戦略推進センター学術研究員)
   :吉岡宏高氏(炭鉱の記憶推進事業団理事長)
   :櫻井美香氏(小樽市総合博物館学芸員)

この他、北前船と炭鉄港のパネル展、そして、空知、室蘭の炭鉄港スィーツの販売が期間中ありますよ~

コーナーでは、1日目はりじちょー(吉岡)が、2日目と3日目はOL(北口)が、空知総合振興局の担当の方も一緒に販売してます!!

昨年もたくさんの人で混雑したイベントだったそう。もしもお目当てのお菓子が売切れの場合はご容赦願います

お近くの方も、遠くの方も、今週末は小樽へぜひどうぞ


11月29日(金)、30日(土)、12月1日(日)
各日 10:00~17:00
会場 ウィングベイ小樽 5番街1階ネイチャーチャンバー(JR小樽築港駅直結)

trackback -- comment --   編集

11/29は、岩見沢で観光のセミナーが!

2019/11/24 [Sun]10:00
category: 空知情報
11月はフォーラムやセミナーが多い気がしますが…
29日(金)に、このようなセミナーが開催されます!!

「世界水準の観光地の形成に向けたセミナーin空知」
page-0001 (724x1024)
世界水準の観光地の形成の実現の向けた取組等について、地域の方々と意見交換を行います。
基調講演では、北海道開発分科会特別委員で東京女子大学の教授、矢ケ崎紀子氏が「観光地域づくりにおける連携の重要性」をお話されます。

そして、事例発表・意見交換会では、「空知産ワイン」や「炭鉄港」など、地域資源を活かした新たな魅力づくりや観光振興に取り組んでいる方々が登場!
page-0002 (724x1024)

お一人目は、岩見沢市観光協会常務理事の大川伸二さんによる
「空知地域における観光の取組」

お二人目は、山﨑ワイナリー栽培責任者の山﨑太地さんによる
「ぶどう」づくりから農村文化づくりの可能性

そして三人目に…、炭鉱の記憶推進事業団の北口博美による
「炭鉄港」の地域づくり を、紹介させて頂きます

空知におけるインバウンド観光促進や世界水準の観光地の形成に向けた取組や多様な連携について、どのような意見交換会ができるのか…空知地域の可能性はどうなのか…

どんな発言が飛び出すのか(?)楽しみです

日時 11月29日(金)15:00~17:30
場所 空知総合振興局4階 講堂
入場無料、定員80名

※どなたでもご参加可能です!
ご希望の方は北海道開発局開発監理部開発連携推進課 長南さん 佐藤さんまで、お申込ください!!
TEL011-709-2311(内・5441/5442)

空知で観光業務に携わっている方にはぜひ、一般の方で興味ある方にも、ご参加いただければと思います





trackback -- comment --   編集