FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

林檎ロマン-enkei-<遠景>

2020/04/02 [Thu]11:32
category: 空知グルメとお土産
砂川に本社があり、りんごを使用した美味しいお菓子が有名なお菓子のほんださん

昭和24年、中国より引き揚げてきた故会長本田四郎氏が砂川で菓子店を開店。当時は旭川まで毎日菓子を仕入れて主に炭鉱で働く人々に販売を始めたという歴史があるそうです。

昭和32年に砂川で工場を開設し、生産が始まり、今では砂川に2店舗の他、滝川、芦別、美唄、深川、岩見沢にお店があります!

アップルパイなど人気商品がたくさんあり、他にもいろいろな新商品のお菓子がでてくる中で、ほんださんのホームページによると一番人気は…
林檎ロマン!!やっぱり
DVC00159_20120410001452.jpg
約3年かけて開発された商品だそうで、サクサクのサブレは、素材のバターや小麦粉など全て北海道産。
サンドされているホワイトチョコクリームも、北海道産の素材を使った、ほんださんオリジナル。りんごは紅玉の品種を使い、サブレとチョコレートとのバランスを考えられたり、甘みを調整したり量を増やしたり考えられているそう。

ひとつのお菓子に、こんなにも多くのこだわりや行程があるとは…


さらに、ほんださんの人気第三位が…
林檎ロマン-enkei-〈遠景〉
チョコレート好きにはたまらなくおすすめのお菓子なのです!!
DSC_6127.jpg
そして、ほんださんの岩見沢店では、林檎ロマン-enkei-〈遠景〉のギフト用の掛け紙の帯に、、
「炭鉄港」のロゴマークが使用されてます!!
DSC_6134.jpg
↑こちらは4個入りの箱ですが、他にもありますよ〜

石炭を運ぶ蒸気機関車が行き交った岩見沢に由来して作られたという、林檎ロマン-enkei-〈遠景〉
「炭鉄港」の帯はシンプルなデザインで、岩見沢のお土産としてもぴったり!!

林檎ロマン-enkei-〈遠景〉は、林檎ロマンは1つ165円に対し、遠景は1つ280円なので、値段はちょっとお高く感じますが…、チョコレートケーキのような美味しさ
サブレはココア生地で林檎入りのチョコレートをサンドされています。ダーク系とミルク系の2種類チョコレートを使い、全体をコーティング!!
DSC_6135.jpg
ホームページの紹介のとおり、パリっとしたチョコに、サクッとしたサブレ、トロっとしたチョコクリームが、何とも言えずしあわせな食感〜
美味しいコーヒーや紅茶と一緒に、午後のティータイムなんていいですね。

チョコレート好きの方へのプレゼントに最適です!
まずはご自分用におひとつ…いかがですか??

岩見沢店にはカフェコーナーもありますので、ゆった〜りできます

お菓子のほんだ岩見沢いなほ公園店
岩見沢市6条西19丁目4番
通常営業時間10:00〜18:00
水曜日定休
0126-31-5011
こちらからどうぞ→ http://ringo-club.jp/iwamizawa/


trackback -- comment --   編集

高島嘉右衛門 開拓せんべい

2019/03/08 [Fri]19:21
category: 空知グルメとお土産
奈井江のお菓子高島嘉右衛門 開拓せんべいって知っていますか??

高島嘉右衛門って誰?
奈井江と何か関係が??

りじちょーが買ってきたお菓子なのですが、「高島嘉右衛門」を知っている方はどのくらいいるでしょう

事務所でりじちょークイズが始まってしまいました💦
※スタッフ、知りませんでした…

DSC_4216 (768x1024)

高島嘉右衛門は、横浜の開拓に尽力した「横浜の父」と呼ばれた人物で、占いの高島易断を始めた人。

なぜりじちょークイズになったかと言うと…
北海道炭礦鉄道の初代社長は堀基。
その時に取締役のひとりだったのが、高島嘉右衛門。

その後、明治25年から明治26年と、明治30年から明治39年の、鉄道国有化になるまでの間、北炭の社長(取締役会長)であったのが高島嘉右衛門!
という事は…北炭の本社が岩見沢にあった時の北炭トップの人物なのです!!

奈井江町には、かつて高島嘉右衛門が開拓した広大な農地〔高島農場〕があり、今でも「奈井江町高島」の地名があります。
この奈井江町高島で生産されたお米の米粉が原材料の、せんべいなのです

DSC_4218 (768x1024)

パッケージには、カステラのようなふんわりかるーい食感…と書いてあります。

ホントに、かる~い!!
そして、ほんのりあま~い、優しい味

米粉ですから、小麦がダメな方にもおすすめ!
1袋100g、税込420円です
(奈井江道の駅で買ったそうです)
ぜひいかがですか??

奈井江町のふるさと納税の返礼品にもなっていますよー

グッズ開発中…!?

2019/02/13 [Wed]17:05
category: 空知グルメとお土産
こんにちは!赤平から来ているスタッフのカニです
私は普段は「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」のカフェ&物販コーナーで勤務しております

DSC_0062.jpg 

ここでは様々なグッズの販売を行っており…


たまぁ~に新作を販売したりしています(=゚ω゚)ノ

そんな物販コーナーですが…実は!赤平のみならず、NPOとしてグッズの企画を進行中なんです!!
どんなグッズかをちょっとだけお見せしますと…

190213kani.jpg 

ジャジャンッ(・Д・)ノ
…とお見せしたいところではありますが、まだまだ未完成なのでモザイクでの公開です~(笑)

この開発中のグッズは少なくとも、春の夕張市石炭博物館の開館までには完成したいな~と思っておりますので、楽しみにお待ちくださいね.゚+.(・∀・)゚+.
早めに完成したら、センターと赤平で販売開始したいと思います!

どうぞお楽しみに~!!

赤平のカニでした

trackback --   Comment (0)   編集

「奔別やきとり」いかがでしょうか??

2018/12/08 [Sat]22:25
category: 空知グルメとお土産
今日の夕方、どこかで見たような…ひとりの男性がやって来ました。

「焼き鳥を販売しているのですが、いかがですか??」との事

たまに、いろいろな(ケーキとか、懐中電灯とか、化粧品とか)訪問販売が来るのですが、焼き鳥って‥??
いつものようにお断りしようとすると…

「いつも奔別で焼いている」そうで。

「えー!!」

話を聞くと、奔別炭鉱近くのコンビニ、セラーズの駐車場の一角でやっている焼き鳥屋さん
1本100円で安くて美味しいと評判のあの焼き鳥屋さん!
冬場は人が来ないそうで、三笠から岩見沢へ来て出張販売しているそうなのです

早速、購入しました〜。

DSCPDC_0003_BURST20181208164941874_COVER (1024x738)

「奔別の名を焼とりに残したい」

1パック、5本入り、税込み500円。
「奔別やきとり」というネーミングだったのですね。


たまたま来ていたふたりの会員さんもお買い上げ

DSC_4080 (1024x712)

モツでも、セイでもなく、モモ肉なのです。
肉は大きいし、柔らかいし、昔よく食べていた懐かしい味〜!!

注文を受けて届けてくれるそうなので、気になる方はお問い合わせしてみてはいかがでしょうか

奔別焼きとり、美味しいです!!

岩見沢駅、ホームの貴重な古レール!!

2018/11/30 [Fri]17:29
category: 空知グルメとお土産
先週末、岩見沢駅では「岩見沢鉄道模型祭」が開催されました!!
大変多くの鉄道ファンが集まり、大盛況だったそうです

マネジメントセンターにもお立ち寄りくださる方が多かったのですが、その中である方より質問が…
「岩見沢駅のホームに、貴重なレールが使われているのを知ってる??」と、札幌からお越しの早川さんに聞かれました。
「これは炭鉄港つながりですよ」との事。

「えー、知りません…

プレ―トがついているから、すぐわかりますよ、との事で、
翌日、札幌へ行く予定もあったので早速見に…


ばんばの像があるホーム(3番線と4番線)を札幌方面へず~っと進んでいくと…

DSC_4034 (768x1024)

発見!!

DSCPDC_0003_BURST20181126095145576_COVER (772x1024)

「このレールは明治41年(1908年)イギリスから輸入されました 製造 ドーマンロング社」
と、国鉄時代のプレートが残ってる~
いい感じに時間が経過したプレートですね…!!

でも、
古いレールなら、駅舎内や、跨線橋の天井にもあると思いますが‥

これは…??
よ~く、よ~く見てみると…

DSC_4033 (768x1024)

画像処理してみました

DSC_4033 - コピー (768x1024)

「D.L.C 1908 J.S.W」

室蘭日本製鋼所が発注した1908年製のレールが、岩見沢駅のホームの柱で使われているそうなのです


日本製鋼所は明治40年、日本側が北海道炭礦汽船、英国側がアームストロング社、ビッカーズ社の3社により室蘭に設立されました。

DSC_4059 (1024x766)
※日本製鋼所 「鋼の友」創業100周年記念号より
記念写真に「室蘭の製鉄業の祖」と呼ばれる北炭の井上角五郎が!!

室蘭が場所として選定された理由としては、北海道の石炭の集積地、噴火湾の豊富な砂鉄、優れた港湾など、製鉄起業の好適地と判断されたようです。

日本製鋼所は英語表記が「The Japan Steel Works, Ltd.」
頭文字から「JSW」と呼ばれます。


その日本製鋼所が英国のドーマンロング社に発注して、製鋼所内で使用されていただろうレール。
岩見沢駅ホームに縁があって??きていたのですね!!
これはすごい~

教えていただいた早川さんによると、国鉄に勤められていた太田幸夫さんが関わっていたそうで、「レールの旅路」という本にも紹介されているそうです。
調べてみると太田幸夫さんは保線の担当だったようで、レール博士と言われるお方


早川さんは鉄道友の会北海道支部・札幌LRTの会などで活動されている方。
かつては由仁駅でもこのJSWのレールが使われていたとの事です。
2006年に駅が改築されるまで、北海道では一番古い駅舎だったのが由仁駅。
改築後、JSWのレールの行方はわからず…、
道内でJSWのレールを使用しているのは岩見沢しかないかも…と仰っていました。


偶然なのかもしれませんが、
空知と室蘭の新たな繋がりを教えていただきました!!


まだまだ、身近に歴史的な貴重な何か!!がありそうです
情報がありましたら、ぜひぜひ教えてください