FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

新幌内炭鉱の絵葉書を入手

2019/02/14 [Thu]23:30
category: 炭鉱の記憶
りじちょーの吉岡です。

たまにYahoo!オークションを覗いていると、思わぬ掘り出しモノに出会うことがあります。
今年に入って初のお宝グッズは、昭和鉱業新幌内鉱業所の絵葉書。
セットものをバラ売りしていた全4枚を買ってしまいました!
宛名面の切手貼付個所には、昭和鉱業の「◎昭」のマークが。
知る人にとっては、これだけでもお宝です。
20190214_0.jpg 


●なぜ4,000円も出して買うのか?
ちなみに、1枚1,000円。合計4枚で4,000円!
こんなハガキに4,000円も出すかと言うと…
炭鉱野球でスカウトされた父が勤務し、私が生まれた時から幼稚園に入る前まで住んでいた炭鉱だからです。

こちらは、以前に入手した「10万屯突破記念絵葉書」(1964年8月/北炭幌内鉱業所)。
20190214_6.jpg 
宛名面の解説文には、「硑山より唐松緑町及び常盤町を望む。右手前には二つ池、その後方は選炭機、中央の大きな建物は新幌内会館」とあります。
この「二つ池」のほとり、写真の左から2列目・手前から2棟目の奥側(職員浴場の向かい側)が、私の炭住でした。もっとも、父の職員登用は、この絵葉書の発刊した翌年なので、「住んでいた」ではなく「1年後に住むことになる」炭住です。
私が3歳の時に行方不明となり池に落ちたのではないかと大騒ぎを引き起こす現場が、この「二つ池」でした(炭鉱幼稚園に入り込んで園児と一緒に遊んでいた…らしい)。


新幌内炭鉱とは…
1925 (大正14)年に日支炭鉱汽船(株)により開発が着手され、三度のガス爆発にあいながら昭和鉱業(株)によって1934(昭和9)年に出炭開始。
わずか4年で年産45万tの大炭鉱に成長しましたが、資金や鉱区の制約から1941(昭和16) 年に北炭に吸収合併され、幌内鉱業所新幌内砿となりました。
非常にガスの多いヤマで、ズリ山の下はチョッと掘るとガスが出るので、「禁煙区域」という巨大な消火器を模した看板が建っていたほどです。世界で初めて坑内メタンガスを利用したのも、この新幌内でした。
20190214_7.jpg 
1967(昭和42)年に、この新幌内砿と隣接する幌内砿とが統合して幌内炭鉱となりましたが、それまで使われていた主要坑口(本卸・連卸)や斜坑巻原動機基礎は現在も残っています。
独立系の炭鉱として、昭和初期に計画的に開発された新幌内は、北炭とは違う−特に明治初期に開発された幌内砿とは違う、開放的な感じのヤマでした。

●そんな進取の気性に富んだ炭鉱の風景が…
この絵葉書から、随所に感じることができます。

この坑口は、今でも残っています。
20190214_1.jpg 

坑内メタンガスを使った発電、その後はカーボンブラックの製造まで行いました。
20190214_3.jpg 

今も残る国鉄唐松駅の向かい(南側)の崖には、このような河岸段丘を利用した選炭機がありました。1枚目の坑口は、選炭機の左手奥側にあります。
20190214_2.jpg 

そして、何よりも新幌内の壮大な計画性を象徴していたのが、独立系炭鉱会社とは思えない規模の映画館である「新幌内会館」。何とオール木造です。
20190214_4.jpg 
20190214_5.jpg 
▲北炭70年史技術稿本に掲載の断面図

1966(昭和41)年に幌内立坑が完成し、翌年の幌新統合によって、父の職場が「新幌労務」から「幌内労務」に変わり、わが家もこの開放的な河岸段丘上の社宅から、狭い幌内の沢に移りました。
私は、小学校・中学校ともに幌内なので、「出身は?」と聞かれると「幌内」と答えるのですが、両親は、父の結核罹患→病棟看護婦だった母との結婚→私の誕生→父の職員登用と、ライフイベントが数多くあった「新幌内」への思いが強いようです。
なので私も、《育ち》は幌内だが《氏》は新幌内…という感覚でいます。
「氏より育ち」とは言いますが、やはり「出自」も大切にして行きたいと思っています。



trackback --   Comment (0)   編集

【道立図書館】DVD「夕張市~石炭の街ゆうばり~」

2019/02/11 [Mon]18:26
category: 炭鉱の記憶
北海道立図書館 北方資料室が主催する講座のご案内です~

連続講座・映像によみがえる北海道(第2回)
「なつかしの映像資料を見る・学ぶ・遺す
~旧産炭地の映像を中心に~」


講師は青木 隆夫 氏(夕張地域史研究資料調査室室長)で、
DVD「夕張市~石炭の街ゆうばり~」を上映し、
映像資料が持つ史料としての価値と重要性について考える…
と言う講座だそうです。

道立図書館

2月17日(日)
14:00~16:00

(受付13:30~)

会場は、
北海道立教育研究所 2階 大講義室
(江別市文京台東町42番地)

定員は50名・入場料無料
受付は2月16日(土)まで ※定員になり次第締め切り

【お申込み・お問合せ】
北海道立図書館 北方資料室
電話番号:011-386-8523
ファックス:011-386-6906
メール:hoppokouza@library.pref.hokkaido.jp

チラシ兼参加申込書は、
当マネジメントセンターにも置いてます
trackback --   Comment (0)   編集

冬の奔別立坑

2019/01/18 [Fri]23:55
category: 炭鉱の記憶
三笠へ行く用事があったので、ちょっとした晴れ間に奔別まで行ってみました

冬の奔別炭鉱は…

DSC_4146 (1024x757)

やはり雪が多い
この先へ行くには、冬用の完全装備じゃないと無理です。

車を置けるような広さの、除雪されたスぺースがあったので…
降りて、立坑をズームで撮影(スマホですが)

DSC_4150 (788x1024)

真っ白な雪の中で、静かに佇んでいて…
でも堂々として威厳があって…
何とも言えない雰囲気…!!

深い歴史を感じずにいられません


さて、お昼を食べようかと更科食堂へ行ってみたのですが…

DSC_4154 (1024x754)

「再度申し訳ありませんが都合により1月31日まで休業させていただきます」との事…
あらら…残念…
再開を待ってます!!


更科食堂の向かいにある公園(三笠開拓記念広場)には、見覚えのあるアレが!!

DSC_4152 (1024x768)

2012年、奔別炭鉱で開催した「奔別アートプロジェクト」の作品のひとつ、
「ご安全に」
こちら⇒2012年10月14日ブログ記事

札幌市立大学の学生さんが上遠野先生のご指導のもと制作された作品で、アートプロジェクト終了後に地域の皆さまへ差し上げたものです。
6年経った今も、こうして冬の時期に点灯していただいているのですね。

感慨深いです…

村田さん、映像コンクール優秀賞!!

2018/12/12 [Wed]17:30
category: 炭鉱の記憶
HBC岩見沢通信部の村田さんが、
「第24回北海道映像コンクール 企画・短編部門優秀賞」を受賞しました
本日の北海道新聞空知版にも大きく掲載されていましたね。
おめでとうございます

DSC_4085 (791x1024)
※普段は取材する側の村田さんと杉本さん

受賞されたのは、「ドイツへ渡った炭鉱マン」をテーマにした撮影で、今年3月のHBC「今日ドキッ」の中で放送されていました。
こちら⇒2018年2月28日ブログ記事
こちらも⇒2018年3月2日ブログ記事

コンクールは日本映画テレビ技術協会北海道支部が主催されており、昨年11月から1年間に道内で放送された番組が対象となったそう。

今日の道新を見た方から、メールなどメッセージが続々と入ったようですよ!!
私たちも嬉しい


先日、この記事を書くため、道新さんに取材されていた様子↓↓

DSC_4064 (1024x743)

若干、緊張気味の村田さんでした


DSC_4096 (1024x743)

受賞された約12分の映像は、マネジメントセンターのDVDコーナーでご覧いただけますので見逃した方はぜひどうぞ~

産炭地研究シンポジウム in 赤平

2018/12/09 [Sun]16:58
category: 炭鉱の記憶
12月15日(土)に「産炭地研究シンポジウム」が開催されます!!

会場は赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設です

page-0001 (724x1024)

全国の大学研究者によって2008年に結成された「産炭地研究会」
産炭地域の調査、研究に取り組まれ、空知地域の調査の際には学生さんたちと一緒にマネジメントセンターへお越しいただいたメンバーの方もいらっしゃいます。

今回のシンポジウムでは、研究の成果、展望や最新の研究動向についてお話されるそう。


特別講師として…
元炭労事務局長の、高橋由紀雄さんが講演されるそうです

高橋さんは住友歌志内炭鉱、住友赤平炭鉱で勤務されていました。

閉山後…、
「炭鉱遺産の歴史的な価値を見直し、地域の活性化などに役立てよう」と、元炭労の組合員の方々を中心に結成された北海道炭鉱ファンクラブ(炭鉱ナビ)の、代表をされていた高橋さん

炭鉱の見学ツアーで露頭掘り現場や釧路コールマイン視察でお世話になったり、炭鉱操業当時のいろいろなお話を聞かせていただきました。
炭鉱ナビの会は2014年で解散されましたが…↓↓
2015年1月22日ブログ記事
NPOの活動にエールを送ってくださっています

当日は、赤平炭鉱の様子や、炭労でのご苦労された思い出などお話されるのでしょうか…??


高橋さんのお話、産炭地研究会の皆さんのお話、ぜひ聞きに行ってみませんか


日時:平成30年12月15日(土)14:30~16:20
会場:赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設(赤平市字赤平485番地)
お問い合わせ:赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設内 赤平市教育委員会社会教育課 文化財保護係
TEL:0125-74-6505
入場無料/申込不要