FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

第42回 北海道都市問題会議

2018/10/20 [Sat]19:59
category: 空知情報
今日の岩見沢中心市街地は、「まちあそび人生ゲーム」の参加者約450名の方で大賑わい

ルーレットでマネジメントセンターのマスに当たったら…
「退職とともに炭鉱の採掘に挑戦。なんと石炭を掘り当て、ルーレットの目×3000万縁もらう」という、高額GETの場所です!!

DSC_3839 (800x525)

今回の参加店舗32店!!
主催者の方たちがこんな風に、それぞれのお店の特徴的なものを入れつつ、コメントを考えてくれました

DSC_3836 (800x581)

参加の皆さんに楽しんでもらえるように、
NPOオリジナル「石炭はど~れだ??」クイズも、実施しました

DSC_3835 (800x613)

4つの石や何かの塊の中から、本物の石炭を選んでもらいます。
100円チャレンジ!!正解したら250円で販売中の「石炭かりんとう」をプレゼント
不正解の方にも石炭について学べる冊子「そらちでまなぶ」100円で販売中、を差し上げました!!

マネジメントセンターに来たのは、たぶん50組くらい。
その中の34組のチームがクイズに挑戦してくれて、正解したのは21チーム!!
意外に難しかったようです…

参加者も参加店舗も主催者もみんなが楽しめるイベントでした
市外からの参加者も多かったので、「初めて入った」というお店も多かったのではないでしょうか。
今日をきっかけに、また市内中心部へ買い物とか見学とか来ていただき、今後に繋がっていけば良いと思います!!



さて…
話題はガラリと変わって…
10月24日(水)、25(木)に
三笠市で「第42回 北海道都市問題会議」が開催されます!!
開催テーマは
「大地のめぐみを活かしたブランディング戦略の構築に向けて」

都市問題会議2 (2)

 「北海道都市問題会議」は、都市の課題や将来像、今後のまちづくりについて話し合う場で、道内各市から市長などが集まり、講演会などが行われます。

都市問題会議2 (1)

【基調講演】
「観光の新しい潮流と地域」 東京工業大学社会理工学院の十代田 朗(そしろだ あきら)准教授。

パネルディスカッションでは、三笠の今後のまちづくりについて、テーマに基づき討論を行います。
【日時】10月24日(水)午後1時30分~5時15分(午後12時30分開場)
【場所】市民会館
【入場料】無料

※10月25日(木)は、北海道都市地域学会セミナー
9時00分~11時30分まで市内施設見学
13時00分~15時00までジオパークツアー

詳しくはこちらをどうぞ
三笠市役所HP

今月の「HO」は空知の秋旅

2018/09/27 [Thu]20:21
category: 空知情報
9月25日に発売された雑誌「HO」11月号
ご覧になりましたか??

DSC_3781 (870x1024)

石狩と空知の特集です!!

秋風に吹かれ、週末さんぽ‥
行ってみたいお店や施設が、こんなに~??というくらい紹介されています。


その中で、「空知の炭鉱遺産を巡る旅」というコーナーも

DSC_3782 (1024x760)

まず、7月にオープンした「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」
立坑ガイドが人気の見学会、ヤード内部の写真が大きく…!!
ここ住友赤平炭鉱の元職員、三上さんが担当しています


続いて…
同じく赤平で開催中の「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト」

DSC_3783 (1024x758)

アートディレクターの上遠野先生が作品の解説をされました


次のページには…
4ページにわたって紹介していただいている、
「夕張市石炭博物館」!!

DSC_3784 (1024x780)

博物館についてを夕張市教育委員会の澤出さんが笑顔で紹介している様子が


他には、三笠市立博物館や、
「かつて炭鉱があった美流渡地区が移住地として注目!!」という記事も。

DSC_3786 (1024x755)


「黒いのはお好き?」として、炭鉱のグルメ&スイーツの紹介では、
赤平の塊炭飴、
美唄の石炭やきそば、
三笠の石炭ザンギ、
夕張のたんどら、
芦部の石炭シュークリーム/ロールケーキ/まんじゅう
岩見沢の万字炭山
などなど…。たっぷり紹介されています

ワイナリー、
レストラン、
ジンギスカン、
日本酒、
おつまみ各種、

デカモリのお店、
地元ランチ、
ファームレストラン、
田園カフェ、
和/洋、スイーツ…
雑貨店やホテルも!!


ど~んと約130ページ!!
とにかく盛りだくさんで、新しい店も多く見どころ満載なのです


1冊は家用で、1冊は車の中に置いておきたい…!!

今月の「HO」は、空知のひとにとってもかなりおすすめの1冊ですよ


芸術の秋…アート展のお知らせ

2018/09/24 [Mon]17:31
category: 空知情報
秋分の日もすぎ、最高気温もだんだんと下がってきている北海道。
そろそろマネジメントセンターではストーブをつけたいと思うほど寒くなってきました

本日は“芸術の秋”ということで、アート展のお知らせです。
おなじみ、JR岩見沢駅舎内(有明交流プラザ2階)にある北海道教育大学岩見沢校 i-BOXの展覧会です。

飯岡千織 「染め詠む」
2018年9月15日(土)~9月30日(日)
時 間:10:00~17:00
出品者:飯岡 千織
●北海道教育大学岩見沢校 大学院 染織研究室1年
●2017年に行われた第91回国展にて、工芸部新人賞を受賞
●染めと絞染めと呼ばれる技法を使い、自然物をテーマに作成
●受賞作品「華詰草」を中心に、計12点の作品を展示

iBOX01.jpg



山田大揮「すべては許されるべきである」
2018年10月3日(水)~10月16日(火)
時 間:10:00~17:00
出品者:山田 大揮
●北海道教育大学岩見沢校 美術文化専攻 空間造形研究室大学院1年
●社会と芸術、鑑賞者と作品との関係性に注目し、リレーショナルアートや
メディアアートなどの方法論を用いて、
インスタレーションやパフォーマンス作品を制作
●「寛容と不寛容」について考えて制作した作品4点によって構成される展示


iBOX02.jpg



そして、旧住友赤平炭鉱坑口浴場 ・ 赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設で行われている
「赤平アートプロジェクト」
いよいよ10月8日(月・祝)までとなっております。

【赤平】赤平アートプロジェクトの日程のお知らせ

赤平アートプロジェクトのポスター&フライヤー!!

赤平アートプロジェクト♪

皆さまのお越しを
お待ちしております~

trackback --   Comment (0)   編集

明日22日、三笠高校生レストランがオープン!!

2018/07/21 [Sat]18:48
category: 空知情報
いよいよ明日…
話題の三笠高校生レストラン・エソールがオープンします

「エソール」とは、フランス語で「飛翔」の意味。
生徒が夢に向かって大きく羽ばたくことを願って名付けたそう。

page-0001 (909x1280)

高校生がレストランを…?!
ここは、すごいです!!

道内の公立高校で唯一の食物調理科単科校である北海道三笠高等学校の生徒さんが調理・接客を担当、料理やスイーツを一般客に提供し、腕を磨くレストラン!!


調理部のお店は「まごころきっちん」
三笠市をはじめ北海道の良質な食材を使用し、手間暇かけた料理を提供
メニューの青春御膳は、1,200円(税込)


製菓部のお店は「Cherie(シェリー)」
生徒が試作から商品化まで一貫して行った洋菓子を提供しています!!

page-0002 (903x1280)

他に、「エソールストア」という、特産品やオリジナルグッズを販売しているコーナーもあるようです。

「まごころきっちん」と「シェリー」のお店は、基本、土曜・日曜・祝日、長期休業期間中との事ですが、
「エソールストア」は通年(月曜・年末年始を除く)なので、ふらっと立寄りできますね!

明日のオープン初日はセレモニーやトークショーなどあるよう。

9時から整理券配布(数量限定)があるようですが…混雑しそうですね

詳しくはこちらもどうぞ⇒三笠高校生レストランHP

【赤平】7/14はガイダンス施設&火まつりへ!

2018/07/01 [Sun]12:06
category: 空知情報
こんにちは!雨でも元気に赤平推しのスタッフ、カニです
今日はじめじめむしむしですね~

さて!ついに7月に入りまして「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」の準備はかなり切羽詰まっております!もしかしたら詰まっているのは私だけかもしれませんが、とにかく大急ぎで準備中でございます(・Д・)ノ

そんな内容を先日のブログで紹介させていただきましたが…

ガイダンス施設オープン記事 

実はこの7月14日、そして翌15日は赤平でもうひとつ大きなイベントがあるのです。
それが
「あかびら火まつり」です~~!!

47himatsuriB2_A2.jpg 

ブログ読者の皆さんにはもしかしたらお馴染みのお祭りかもしれませんが、そうです!

IMGP5934.jpg 

赤ふんどしの男たちと法被姿の女たちがタイマツを手に市内を駆け回るという熱いお祭りなのです…!!
※去年の様子は過去のセンターブログで♪

このお祭りももちろん、赤平が炭鉱まちだったことに関係があるのですが…なんせアツいアツい物語がありまして…これを語り始めたらシリーズで1年くらいかかってしまうので、皆様にはぜひ
映画で見てみていただければと思います!
▼0からのRE-スタート▼


この映画は出演も制作も完全市民!というものすごい映画なんです。私も知っている人がたくさん出来て楽しいです(ノ∇≦*)
見た後は思わず「ヤマの火を消すな~~!!」と言いたくなりますよね。

ちなみに私カニは若い頃とある「ふんどし姿で踊るヨサコイチーム」に入っていたことがありまして、そのおかげでふんどしへの耐性はかなり高いです。センターに突然ふんどしの男性が現れても「夏ですね~」って言える程度に耐性があると思っています。

しかし!

火まつりの魅力はふんどしだけじゃないんです!!(当たり前ですけど)

■初日(14日)の見どころ

・楽しいステージ!
昼間はお笑いライブやキャラクターショー、市民パフォーマンスなど様々なステージが行われます。今年はアンパンマンも男性アイドルグループも来るんですね~!!
スケジュールはHPで見ることができますよ。

180701kani.jpg 
・赤平グルメ
会場内にはたくさんの出店が!写真は2014年の様子ですが、今年ももちろん赤平の新名物、鳥足をまるごと1本唐揚げにした豪快グルメの「ホットレッグ」ももちろん登場!そのほかにも市内から色々なお店が出店していますので、この機会に気になるお店で美味しいグルメを堪能してみてください!
ちなみにグルメの他にもゲームコーナーや制作体験、ふわふわドームなどお子さんも楽しめる会場になっていますよ!

・たいまつリレー
これがふんどしのヤン衆が走るものなのですが、市内3か所をスタートし、火まつり会場を目指すというものなのでコースの沿道でランナーを間近に応援できるんです!
中には小さい子どもが一生懸命走っていたりして感動しちゃいます(´ω`人)

180701kani2.jpg 
・ファイヤーストーム
たいまつを持ったランナーは会場に集結し、ファイヤーストームに点火します。これがもう大迫力…!!最初見た時は高く上がる火柱に「こんなに燃えて大丈夫!?」と思うほどでした。
しかしランナーたちが掛け声をかけながら会場を駆け回る様子はちょっとしたトランス状態を感じます!!

180701kani3.jpg
・火文字点火
会場で燃え上がったファイヤーストームから、選ばれしランナーがさらに火を持ってズリ山に設置された「火文字」に向かって走ります。ちなみにこの火文字は事前に実行委員会が山に設置しているのですが、この設置作業がかなり大変らしく…。そんな苦労を考えながら火文字を見ると想いも格別です。

180701kani4.jpg 
・火ょっとこ踊り
個人的に「火まつり」で一番面白い文化だと思っているのがこの「火ょっとこ(ひょっとこ)踊り」です。
火文字が点火されるとどこからともなく
「♪ちゃんかちゃんか、ちゃんかちゃんか…♪」
と阿波踊りのメロディーが流れ始めます。私が行った時はステージで生演奏でした。その音を聞いた祭り好きの市民がゾロゾロとステージに上がっていくんです…!!
「え、勝手に上がっていいの!?!?」と思っていたら、ステージの上の人も下の人もみんなで自由に踊り始めます。振付はありません。完全にフリーです。私がヨサコイをやっていた頃は「乱舞」と呼んでいた、好きに踊る状態です。
これは…まるで……和製ディスコ…!!!
今どき風に言うとクラブでしょうけど、我先にステージ(お立ち台)に上がって自由に踊る様子はなんだかディスコを彷彿とさせます。(でも音楽は阿波踊り風)
シャイな日本人って「自由に踊る」とかって苦手そうですけど、どうやら赤平人はそんなことないようです。外国人の方とかには絶対楽しいと思いますよこれ!!

■2日目(15日)の見どころ
・市民踊り「火噸節(ひっとんぶし)」
赤平市民はまた踊ります。ものすごく踊るの好きなまちですね!
これは市内の各団体が参加し踊りを競うものなのですが、その歌がまた豪華なんです!!なんと歌っているのはかの有名な民謡歌手、伊藤多喜雄さん!!ヨサコイ界では「南中ソーラン」の歌手として有名です。カニは南中が好きすぎてビデオ買いました。そんな思いのほかアップテンポで激しい踊りを会場内で輪になって踊る様子は大人の運動会!といった感じですよ。

180701kani5.jpg 
・オヤジバンド
ここの前までにも様々なステージがあり、そこからのいよいよクライマックスに向けて盛り上がってくるのがこの「オヤジバンド」なんです。ちなみにオヤジバンドが始まると会場はかなりの混雑状態になります。
推奨されてはいないのですが、敷物やイスを持ってきて場所を確保する人達もいるくらいです。またこの夕方頃から会場のお店はものすご~~~~く並びますので、事前に食べ物・飲み物は確保しておくことをおすすめします!
何グループかのライブがあるのですが、中でも矢沢永吉のコピーバンドのクオリティが高すぎると私の中で評判ですので要チェックです!

180701kani6.jpg 
・豪華すぎる花火大会
赤平の花火大会は、来た方が必ず「想像以上だった」と言うほど豪華です。というのも、会場の向こうにちょうど空知川が流れているため打ち上げ場所が会場の目の前なのです。そのため会場からは本当に目の前に降り注ぐくらいの距離で花火が見れるんですよ.゚+.(・∀・)゚+.
視界の全部が花火になるなんて経験、カニは初めてでした!!大興奮でした!!!
この花火大会のために遠方からくる方も多く、帰り道はかなり道が混雑します。もし時間に余裕があれば、少し時間をずらして帰ることをおすすめします。


…と、火まつりの紹介をさせていただきましたが…
なんと言っても14日は「炭鉱遺産ガイダンス施設」もオープンする日なのです!!つまり…炭鉱遺産も火まつりも同時に楽しむことができちゃう、ものすごい日になるということなんです!!
しかも週末は立坑やぐらのライトアップもしてますよね。つまり…

立坑やぐらと火文字焼きの写真が撮れる…!?
花火と立坑やぐらの写真が撮れる…!?

と角度の問題があるので分かりませんが、そんなチャンスもあるかもしれません。とにかく皆さん、今年の14日・15日は赤平に来ないと大損です!!
皆さんのお越しをと~~~~ってもお待ちしております~!!v(o゚∀゚o)v

カニでした

trackback --   Comment (0)   編集