そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

ご来館のお客さま♪

2017/04/22 [Sat]19:53
category: マネジメントセンターについて
今日は一日中、雨の岩見沢
天気がいまいちなこともあり、午前中はお客さんもちらほらでしたが…

午後からは、道新文化センターの受講者の方々がご来館
「廃線の危機にある札沼線非電化区間を訪ねる」ツアーとのこと。
札幌から、1日1往復の札沼線に乗って新十津川まで行き、バスで滝川まで、
その後、函館本線に乗り換えて岩見沢へ…という、なんだかディープなツアーです

マネジメントセンター石蔵では、
約130年前に、クロフォードがアメリカから輸入した幌内鉄道の鉄橋について、
当NPO会員でもある葛西さんが、スライドとともに、受講者のみなさんへお話をしてくださいました

18042690_804439959706149_1506815766_o.jpg

私もお仕事の合間にこっそり覗かせてもらいましたが、
みなさん、葛西さんの話に耳を傾けながらも、スライドに出てくる鉄橋をパシャリ、パシャリ
アイバーを見て「これなに?」となる一般のお客さんとは、関心度がちがいます…

当センターへも大変興味を持ってくださり、じっくり館内をご覧いただきました。
また、「日本最古のアメリカ製鉄道橋」ブックレットもご購入くださる方も、続々と…

20141106160249144_2017042223123015d.jpg
(画像は改定前のものです)

その後は、岩見沢レールセンターへと向かう予定とのこと。
また機会がありましたら、ぜひ岩見沢へお立ち寄りください♪

・・・
その頃、実は他のスタッフは、ある場所に集合していたのですが…
それはまた、後日のブログで

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

「こぶ志窯」のチラシ届きました♪

2017/04/15 [Sat]14:25
category: マネジメントセンターについて
先日、マネジメントセンターにチラシが届きました
このブログでも何度か取り上げたことがある、「こぶ志窯」さんのチラシです

17968189_799815636835248_167003180_o.jpg

「こぶ志焼き」は、1946年に岩見沢で創窯した伝統工芸。
窯元の「こぶ志窯」は、北海道では最も長い70年の歴史を持つのだそうです
北海道の原料を活かしている点や、見た目の美しさは、贈り物に最適。
一方で、気軽に日常使いのできる、作りの丈夫さを兼ね備えています

IMGP2219_2017041513512584b.jpg

チラシには、「こぶ志焼き」の特徴とともに、注文方法や、販売店の紹介、
「こぶ志窯をめぐるキーワード」と題された、窯元のこだわりについて掲載されています

IMGP4521.jpg
写真の左端が、窯元の3代目 山岡千秋さん。

ときどき、「岩見沢ゆかりのものを贈るとしたら、何がいいかな?」と
マネジメントセンターにお問い合わせをいただくことも。
そのときは、このチラシを活用させていただきたいと思います
センターのパンフレット置場にも設置していますので、
「こぶ志焼きを知りたい」「こぶ志焼きを紹介したい」
という方は、ぜひお持ち帰りください


ちょっと余談ですが…
1月のブログでアップした、「こぶ志焼き体験」。
大容量コーヒーカップは無事に完成!
毎日マネジメントセンターのデスクで使っています
山岡先生、ご指導ありがとうございました

17968672_799815670168578_394919212_o.jpg

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

NPOの紹介をさせて頂きました~

2017/04/12 [Wed]19:01
category: マネジメントセンターについて
今日はいつもお世話になっている岩見沢河川事務所の方々がご来館されました

新年度を迎え、新たなメンバーの方に岩見沢や周辺のまちの、いくつかのを施設を見て頂く研修をされているそうで、
マネジメントセンターにもお立ち寄り頂きました。

当NPO炭鉱の記憶推進事業団、そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターの取組みの一部を、簡単にではありますが紹介させて頂きました

そして、空知に残る炭鉱遺産(地域資源)は、どのようなものがあるか…

1491986892257 (1024x770)

あらためてピックアップしてみると、ホントに多いです…

「明るい炭鉱」、「石炭かりんとう」をお買上げくださった方も
ありがとうございました

1491987039793 (1024x720)

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
いつでもお気軽にお立ち寄りくださいませ

(OLでした)

新着図書のご案内

2017/04/05 [Wed]14:02
category: マネジメントセンターについて
今日は、新着図書のご案内です

「新炭鉱技術 Vol.01」「炭坑技術 第1号」

17797171_793133040836841_869608161_o.jpg

マネジメントセンターのお客さんが、
ご自身が書かれたという本をご寄贈くださいました
小部数刷りで、一般の書店では販売されていないものらしく、大変貴重な本です

どちらも、昭和20~40年代に北海道炭鉱技術会によって出版された、
「炭鉱技術」という雑誌に影響を受けて書かれたのだそう。
著者は若いお二人ですが、
「歴史や技術を世に広く伝え、炭鉱を後世に残していくため」
という意義が素晴らしいですね

「新炭鉱技術」は、住友赤平炭鉱にスポットを当てた内容。
そして「炭坑技術」は、広く大規模炭鉱の深部開発について、取り上げられていますよ。

ご興味のある方は、閲覧もできます
マネジメントセンタースタッフにお気軽にお声がけください

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

本日、ご来館者の人数が…!

2017/03/29 [Wed]18:44
category: マネジメントセンターについて
2016年度は今日を入れてあと3日

この日がくるのかなぁ~と、ヤキモキしてましたが…
ついにやってきました

今年度のマネジメントセンター、ご来館者5,000人を超えました

DSCN3129 (1024x754)

15時半頃…
ちょうど5,000人目のご来館者は、いつもお世話になっている、岩見沢市役所 観光物産振興課の上仙さんでした~
記念に「石炭かりんとう&塊炭飴」をプレゼント
今後ともよろしくお願い致します


上仙さんは、「樺戸道路」の、英語版、簡体字版、繁体字版パンフレットを届けてくださいました

DSCN3133 (1024x754)

後日、タイ語のパンフレットもできるようです!


マネジメントセンターは2016年度が開設8年目の年。
これまでに5,000人を超えたのは2012年度(開設4年目)のみでした。
※2012年度は休館日が月曜日だけで、2014年度から月・火曜が休館となりました。

多くの方々にご来館頂いただき、誠にありがとうございます。
手の行き届かない事も多々あるかと思いますが、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます

(OLでした)