そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

本日より、よろしくお願いします♪

2017/06/15 [Thu]18:09
category: マネジメントセンターについて
本日より…
これから繁忙期を迎えるマネジメントセンターに、
ひとり、お手伝いに来てくれる事になりました~
それは…

IMG_4886 (659x1024)

赤平の大倉加奈さんです

大倉さんは、赤平コミュニティガイドクラブTANtanのメンバーであり、
炭鉱に関する事にとっても詳しい

赤平の地域おこし協力隊でもあった大倉さんには、
昨年の9月、NPO主催の「ぷらぷら赤平」でガイド役として活躍してもらいました!!
2016年9月22日ブログ記事

忙しい日にお願いするので、いつも在席しているわけではありませんが…
マネジメントセンターにお越しの際や、どこかの炭鉱関連施設跡地などで見かけたら、どうぞお気軽にお声掛けください

よろしくお願いいたします

(OLでした)

カフェメニューに、コアップガラナ登場!

2017/06/11 [Sun]16:49
category: マネジメントセンターについて
マネジメントセンターのカフェコーナーでは、
紅茶やコーヒー、カプチーノ、ジュースなど、様々なお飲み物をお出ししています

このカフェコーナー、OLのセレクトで、
ときどき「北海道限定!」の商品が登場することも…
リボンナポリンや、夕張メロンソーダフロートなど、なかなか好評でした

19074880_831861073630704_1228601996_o.jpg


そして最近は、メニューボードにコアップガラナが登場

北海道の方なら、ガラナはお馴染みの味?
とはいえ、ガラナはブラジル生まれの清涼飲料水。
アマゾン流域の植物「ガラナ」から作られ、先住民の薬用品として伝わっていたものを、
メーカーが製品化したのだそう

19104860_831859623630849_759616258_o.jpg

そんなガラナが、なぜ日本の商品に…?
というきっかけは、昭和30年代にさかのぼります…
昭和30年代前半は、日本にコカ・コーラが進出したころ
それに対抗すべく、全国の清涼飲料水メーカーが、統一銘柄を作ることを考え、
当時コカ・コーラの進出に苦戦していた、ガラナ普及の地 ブラジル(大使館)に協力を依頼し、
「コアップガラナ」は開発されました

「北海道限定!」と銘打つのは、北海道は本州に比べて、コカ・コーラの進出が2~3年遅れ、
先に北海道で定着したのがコアップガラナだったため
日本のガラナも、肥満予防や、疲労回復に効果があるそうですよ♪

マネジメントセンターでは、ホットコーヒーが一番人気ですが、
気分を変えたいとき、北海道限定コアップガラナはいかがですか?
ひとまず、期間限定でお出ししています

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

石蔵の展示について

2017/06/10 [Sat]23:15
category: マネジメントセンターについて
先日まで石蔵で開催していた、
そらち炭鉱遺産の入口−湖底に沈んだ大夕張に代わって炭鉱と出会うキッカケ−」

多くの皆さまにご来館頂き、誠にありがとうございました
大夕張にゆかりのある方も多くいらっしゃって、今は見られない大夕張の風景を懐かしんでいました…

IMGP5849.jpg

そして2階の「空知管内に現存する炭鉱関連遺産134ヶ所」
こちらでは、行ったことのある場所をチェックして頂きました。

一番多かった方は…
なんと、128ヶ所(美唄在住のOさん)

100ヶ所以上の方が5名いらっしゃったのですが、
行った事のない場所というのが共通して、4か所ありました。

北漸寺
円福寺
二か所のお寺とも月形にあり、本堂が樺戸集治監の囚人の手により建立されています。
(※お寺ですのでお参りに訪れる際には、ご配慮ください)
月形町観光協会HP

月形スギ保護林
明治23年に樺戸集治監開庁10周年の記念植樹のスギ林で囚人の手により約600本が植えられています。
月形町観光協会HP

滝川人造石油資料
滝川市郷土館に所蔵の資料です(※開館日にご注意ください)
滝川市郷土館HP

月形は樺戸博物館をメインとして、明治期からの北海道について、多くの学びができます。
ぜひゆっくり訪れてみたいです…


(OLでした)

※尚、石蔵の展示は次の展示までそのままにしておりますので、見逃した方はどうぞ…!

事務所に出現した立坑…??

2017/06/09 [Fri]18:23
category: マネジメントセンターについて
今日、ふと事務所内で発見したものがありました…

これは今まで気づきませんでした。
一瞬、何だこれ??と思ってしまいました

それがこちら↓↓

DSC_2122 (726x562)

壁に立坑

ある時間帯の、一定の条件が揃わないと見られないこのシルエット…。
なんだかいい感じです…

マネジメントセンターにいらした時、ぜひ探してみてください‥

(OLでした)

魅力無窮!な「東空知」

2017/05/28 [Sun]17:04
category: マネジメントセンターについて
最近マネジメントセンターに、こんなパンフレットが設置されましたよ~
その名も「東空知」
パンフレットは、中国語で書かれています

18789767_824086854408126_871088747_o.jpg

「空知といえば、北空知、中空知、南空知でしょ~
と思う方が多いと思います。
では、このパンフレットでの「東空知」っていったいどこかというと…
滝川、砂川、赤平、歌志内、芦別を指すのだそうです

18745067_824086884408123_365053289_o.jpg
おぉっ、芦別も滝川も字が違う~

中を開いても、もちろん中国語ですよ~

18765091_824086867741458_1461621516_o.jpg
「ここ東空知は魅力が尽きません」と真ん中でアピール!
大学で中国語も勉強したはずですが…グーグル翻訳で調べました


とはいえ、写真に写っているものは、みなさんもご存じのものばかりですよ
せっかくなので、いくつかピックアップしてみます♪

こちらは赤平の煤礦遺産< Méikuàng yíchǎn >
炭鉱遺産のことですねとなりには、ZURI(捨石< Shěshí >)山階梯< Shān jiētī >も。
ズリ山階段のズリはそのまま、ZURIなんですね~

18767165_824086887741456_1927305505_o.jpg

砂川甜點之道< Shāchuān tiándiǎn zhī dào>
こちらはご存じ…砂川スイートロードですね。

18745241_824097134407098_1048507227_o.jpg

そして、炭鉱グルメも載っていましたよ~
と思ったら…
ガタタンは、GATATAN
なんこは、NANKO
がんがん鍋は、GANGAN鍋< GANGAN guō >でした
お店で注文するなら、音に合わせた表記の方が実用的ですもんね~。

18789052_824096817740463_663986218_o.jpg

…と、日本語が母語の方もけっこう楽しめちゃいます

それにしても、外国語と「東空知」のネーミングがあいまって、
知っている地域なのに異国のパンフレットを読んでいるような気分に…
「東空知」、インパクト大で、新しいです
中国や台湾にお知り合いがいる方は、ぜひこのパンフレットをご活用くださいね。

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集