そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

DVDブック「荒木栄」ご寄贈いただきました

2018/02/18 [Sun]16:50
category: マネジメントセンターについて
昨日はおよそ80名ものご来館があった当センター
「4人の女性×カメラ×産業遺産」トークイベントが開催されました。
多数のご参加をいただき、ありがとうございました!
後日、改めて当日の様子をレポートいたしますね

さて、今日は新しくご寄贈いただいたDVDブックのご案内です♪
DVDブック「荒木栄 
~対峙した荒木栄の人間性が歌とともによみがえる」


IMGP7395.jpg

ご寄贈くださったOさんは、以前も「DVD 荒木栄の歌が聞こえる」を
貸してくださいました。このたびも、ありがとうございます


荒木栄は労働者作曲家と呼ばれ、1960年の三井三池闘争を歌で励ましました
今もなお様々な闘いの場で歌い継がれている歌、「がんばろう」は彼の代表曲です。

ただいま、センターでDVDの映像を流しているところですが…
荒木栄に関わりのあった友人知人、そして労働歌を歌い繋いだ合唱団の人々が、
思い出話のように、彼の人物像などを語っていきます。

印象的なのが荒木さんが「人のことを考えている人だった」、
「ふとしたときに、ものすごく会いたくなる」、「シャイでちょっとセンチメンタルな人」と、
愛情深い人として語られていたこと
「もやせ闘魂」「がんばろう」など力強い曲を作る半面、
「星よお前は」のような、琴線を繊細に震わせるような曲も作っていますよね。

ドキュメンタリーのような構成の間に挟まれる、
荒木作曲の挿入歌はこちらのとおり

・地底のうた
・心はいつも夜明けだ
・夜明けだ
・星よお前は
・炭鉱ばやし
・落日のうた
・もやせ闘魂
・手
・がんばろう
・どんと来い
・三池の主婦の子守歌
・仲間のうた
・花をおくろう
・おれたちの胸の火は
・この勝利ひびけとどろけ
・わが母のうた

IMGP7396.jpg

労働者たちの心のなかに歌を見出し、励ましてきた、
荒木栄の姿を感じるドキュメンタリーです。

冊子には、各歌の歌詞が掲載
「日本うたごえ運動」創設者の関鑑子さんをはじめとした、
音楽関係者らの手記なども寄せられています。

見てみたい!という方は、お気軽にスタッフへお声がけくださいませ

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

明日17日(土)14時から!!

2018/02/16 [Fri]23:37
category: マネジメントセンターについて
いよいよ明日、マネジメントセンター石蔵でトークイベントがあります

20180120炭鉱遺産女性写真展 A4縦4-001

14時から、NPOの植村真美副理事長による
「女性が見る炭鉱遺産」をテーマとしたお話!!

炭鉱遺産の活用保存の活動を始めたきっかけや思いなどのお話から、
女性の目に産業遺産がどのように映るのか…というお話の予定です
当日になって、話がもっと拡がった方向へいくかも‥

後半は、現在石蔵で開催している写真展の出展者による座談会が開かれます

写真を見たご来館者に、「それぞれの個性があってとてもいい!」、「またゆっくり見に来ます」などと言われます
「どんな人が撮っているの??」と聞かれることもありますので‥、ぜひ明日、みんなのお話を聞きにおいでください!!

入場無料、予約不要です!!
※石蔵は寒いので暖かくしてきてください!!


(OLでした)

ホテルシューパロから新たに…!!

2018/02/09 [Fri]23:59
category: マネジメントセンターについて
先月、NPO炭鉱の記憶推進事業団の理事会が開催されました。
いつもはマネジメントセンターで行うのですが、今回は夕張市!!
場所は、ホテルシューパロです。
この場所で行うのは、理由がありました。

DSCN5564 (1024x768)

2006年、夕張市の財政破綻が表面化し、石炭博物館は休館となり、存続の危機に陥っていました。
石炭博物館は夕張市だけではなく、空知にとって、北海道にとっても、石炭産業の歴史を後世に伝える大切な施設

何としても存続させようと、2007年1月、空知産炭地域の市民団体を糾合した炭鉱の記憶再生事業団(任意団体)を設立するとともに、同団体を母体にNPO法人を設立すべく、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団設立発起人会を、ここ夕張のホテルシューパロで開催し、石炭博物館の指定管理者に応募した経緯がありました。
(この時は加森観光(夕張リゾートが運営)が指定管理者となりました)

そして昨年、
夕張リゾートが期間を終え継続しないこととなり、夕張市が再び指定管理者の募集を始めたのです。

DSCN5572 (1024x730)

NPO設立当時からのメンバーである佐藤理事が「ここに戻ってきたね」と、感慨深いひとことを…

そうです!
この春からはNPO炭鉱の記憶推進事業団が、
石炭博物館の指定管理者として運営していくことになり、同じホテルシューパロでの理事会開催となったのです

DSCN5569 (1024x727)

NPOは設立時の石炭博物館に特化していたものから、本来目指すべき空知産炭地域の市民活動の連携、「炭鉱の記憶」を活用した地域活性化を目的とした取り組みを中心にしてまいりました。

拠点となるマネジメントセンターの開設・継続的な運営、炭鉱跡地でのアートプロジェクト、空知管内だけではなく、関係地域との連携なども…!

空知で十分、チカラを蓄えてきたところで、11年目にして、設立時の原点となる石炭博物館の運営を任せて頂く事となったのです
理事長、ますますパワーアップです!!

DSCN5570 (1024x733) 27046595_1574677999267744_1935587396_o (1024x716) (2)

現在の役員メンバーです↑↑
※植村副理事長と加藤監事は都合がつかず欠席です。


石炭博物館での現場実質中心的存在は、1月末で夕張市教育委員会・地域おこし協力隊の任期を終えた、原田唯史さん!!
2月からはNPOの職員となりました!!(NPO設立当時からの運営会員です!)

原田さんは地域おこし協力隊として3年の任期中、「夕張市石炭博物館再生プロジェクト」として様々な活動を精力的に取組み、元炭鉱マンの方とふれあい、炭鉱に関する聞き取り調査や現地調査などを行い、
そして石炭博物館の模擬坑道、館内展示のリニューアルという、とても大きな役割を夕張市から任されてきました。
原田さん、そして一緒に活動してきている地域おこし協力隊の澤出有里さん、の動きがあったからこそ、
この春、石炭博物館はリニューアルオープンを迎えることができます

夕張市民の皆さま、夕張市、空知の市町、そして応援してくださる皆さまとともに、
炭鉱の記憶推進事業団ならではの新たな石炭博物館をつくり上げてまいりたいと思います。

どうぞご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


(OLでした)

本日より写真展が始まりました!

2018/02/01 [Thu]19:50
category: マネジメントセンターについて
本日より石蔵で写真展が始まりました!!

DSC_2701 (768x1024)

4人の女性×カメラ×産業遺産」

初日ですが、途切れる事なくご来館者がありました


今回は4名の出展者に写真を提供して頂いています。
被写体は「産業遺産」「炭鉱遺産」。
それぞれの個性、テーマの違い…、見ていて本当に面白いんです

DSC_2696 (1024x768)

写真を見入る方たち…

じっくりと見学されていた方にご感想を伺うと、
「こんな撮り方は思いつかない!」
「あれに目がいくとは想像できないね」
「思ってた以上の写真展だった。ひとり以外は素人って本当??」
「撮影者に会ってみたいから17日にまた来ます!」
など、多くの絶賛の声が…

DSC_2702 (1024x768)

女性ならではの目線なので、
これまで、「炭鉱遺産なんて…」と興味のなかった方にも見てほしい作品ばかりです。

DSC_2706 (1024x768)

多くの人に受けそうな、目立ちそうなものを、とにかくただ撮っている、というのではなく、
4名それぞれ、レンズの向こうのものに対する、思いがあるのだと思います。

DSC_2707 (1024x768)

だから、見る人の心に伝わるのだと思います。


マネジメントセンターでは、どちらかと言うと、懐かしい炭鉱の様子や風景の写真展を開催する事が多いのですが、
今回はひと味もふた味も違った世界があります!
しかも撮影者は全て女性!!

どうぞ、一枚、一枚を、ゆっくりご覧下さい

20180120炭鉱遺産女性写真展 A4縦4-001

会期:2月1日~3月31日
時間:10:30~17:30(月・火休館)2/12は祝日なので開催!
場所:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター石蔵
入場無料/お問い合わせ:0126-24-9901


トークイベントは2月17日(土)
こちらはまたご案内いたします!!


皆さまお気軽にご来館くださいませ


(OLでした)

雪下ろし終了しました~

2018/01/31 [Wed]23:55
category: マネジメントセンターについて
今年もアーケードの雪下ろしを無事終了いたしました


ちょうどここ数日の間、雪が降り続いていたのですが、30日は青空の見える日となりました。

DSC_2672 (1024x768)

作業のお手伝いにはいつも何かとお世話になっている、7名の会員さんが来てくれました


アーケードは膝がすっぽり埋まる雪の量(さらに下には堅い氷の層もあります💦)

DSC_2668 (1024x756)

ですが、あっという間に進む、進む…

DSC_2684 (1024x742)

1条西4丁目の北側アーケードにライトも灯り、大勢で雪下ろしをして頂いてる様子を向かいから見ていたら、なんだか物語のワンシーンのような感じもします

DSC_2688 (1024x769)

すみません、作業中の皆さん、汗だくなのに…

1時間弱という、これまでにないスピードで、きれいに雪を落として頂きました。

お手伝い頂いた皆さま、
お忙しい中、ご協力、誠にありがとうございました
スタッフだけでやっていたら3時間以上はかかるし、翌日は筋肉痛でガタガタになってるところでした…

DSC_2692 (1024x768)

道路に落としたこの雪は、夜中にダンプが入り、排雪されていき、翌朝には道路も歩道もとてもきれいになってました。
岩見沢の除排雪はここ数年、とっても早くてきれいに感じます!!


皆さまのおかげで今年の冬も安全に過ごすことができそうです

(OLでした)