そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

空知の皆さんはぜひ…!!

2017/10/15 [Sun]23:59
category: マネジメントセンターについて
本日15日で赤平アートプロジェクト」が終了いたしました。
ご来場頂いた多くの皆さま、誠にありがとうございました
また来年、空知のどこかで‥??
どうぞお楽しみに



さて、
先日ブログで紹介させて頂いた、空知が舞台の演劇空知る夏の幻想曲」
2017年9月2日ブログ記事

物語に登場するのは、空知の「石炭」と「北海道産小麦」
日本の一時代を支えた北海道の炭鉱と炭坑夫たち、今の空知を支える小麦農家。
北海道の短い夏に空知で産まれた、ほんのりと小麦の香る幻想曲(ファンタジー)

どんな話なのかちょっと想像つかないまま‥
14日が札幌公演初日という事で、24日の岩見沢公演より一足先に行ってきました

場所はサンピアザ劇場。

DSCN4929 (1024x768)

開演前に一枚だけ…!
ここは…??

2017.jpg

公演時間の約75分間…

始めから終わりまで、ず〜っと、引き込まれていてあっとゆう間でした


感想は…

内容は…


もちろん、言えません

ただ一言…

24日の岩見沢公演、また見に行きます!!」


空知のひとならわかる、
炭鉱を知ってるひとにしかわからない、
小麦農家しかわからない、
というような、絶妙なセリフがたくさん…!!

史実を元にした空知の土地や開拓の歴史も、お芝居によって楽しく表現されています!!
こんな伝え方なら、子供にもOK
言葉にすると難しい専門用語を、「そこまで説明するの〜!!」と思う場面がいくつも…
役者さんってスゴイ

とにかく…

この演劇はぜひ、多くの空知の方に見てもらえたらいいと思います
吉岡りじちょーも「もう一度見たい」と言ってます😅

DSCN4936 (1024x679)

10月24日(火)の岩見沢公演が最終日です

日時:10月24日(火) 開演19:00(開場18:30)
会場:まなみーる岩見沢市文化センター 中ホール
料金:前売り券 指定席2,500円、自由席大人2,000円、高校生以下1,000円
チケット:まなみーる、観光拠点センターイワホ、他
お問い合わせ:NPO法人はまなすアート
TEL 0126-22-4235

詳しくはこちらをどうぞ⇒札幌座HP

これはホントにおすすめ、ホントに面白いです
皆さん、ぜひぜひ!!

(OLでした)


さいとーさんお手製の木製スタンド販売します

2017/10/09 [Mon]16:13
category: マネジメントセンターについて
マネジメントセンタースタッフがいつもとてもお世話になっている、
さいとーさんこと、元炭鉱マンの齊藤靖則さん。

DSCN4681.jpg
カメラを構える、さいとーさん

さいとーさんは、炭鉱遺産をはじめとする模型作りをライフワークとしています
その作品数はすでに50点を超え、
最近はご自身の作品集が掲載されたHPもできたほど
(HPについて詳しくはこちら

20170617141402e9d.jpg

そんなさいとーさんの作品が、センター物販コーナーに登場します
こちらの木製スタンドです

DSCN4910.jpg

大きさは、横350mm×奥行150mm×高さ220mm
板部分の広さは、大きい方が約150mm四方です。
材同士をネジ止めしていますが、折り畳み式ではありませんのでご注意ください。

DSCN4909.jpg
中央の板の裏面には、さいとーさんのサインも書かれています♪

センターでは、物販コーナーでこんな風に使っていますよ
ご自宅だと、飾り棚として雑貨を置いたり…
実用的に、茶器や、小さなフラワーポットを置いたりと、使い方は様々

DSCN4912.jpg

価格は、1台2000円(税込)!
今回は、ひとまず2台限りの販売になりますよ~
商品に関するお問い合わせは、
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター(電話 0126-24-9901)までどうぞ

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

事務所のシャッターが変わりました。

2017/10/05 [Thu]20:17
category: マネジメントセンターについて
NPO炭鉱の記憶推進事業団は今から10年前に設立され、
拠点として、そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターが2009年8月にオープンしました

大家さんに貸して頂く前は、日粧さんという日用雑貨店が入っていたそう。
マネジメントセンターオープン前の準備期間は、日粧さんの看板がそのまま掛かっていました💦

CIMG0118.jpg

日粧 現金センター、と書いてあり、2-0284…という、今はない局番の電話番号が…。


そして、オープンから1年後の2010年の秋、このようなシャッターアートがお目見えしました
九州の炭鉱まち、大牟田出身のアーティスト國盛麻衣佳さんが、石蔵でCOALITION(コーリション)-石炭を物語るアートという展示会を開催した時に描いてくださった「炭鉱マン シャッター」

DSCN4321 (1024x749)


「炭鉱の記憶」にぴったり!!と、評判の高いシャッターアートで、
マネジメントセンター営業時間外のシンボル的存在でした

ですが元々、一枚目の写真にあるシャッターに描いてもらったもので、かなり古いものなのです…。
年に数回、油をさしてもらわないと、上げ下げが非常に重く…
ガラガラガラ~という音もなかなかのもの…
いつどうなるか‥というものでした…。


そんな様子を見かねた常連の会員さんが、シャッターを取り替えようか‥という話を大家さんとしてくれました。
業者さんに来てみてもらうと、「こんな古い型式のシャッター、まだ使っているんだ~。この辺りでは見かけないな~」と言われたほど…
昭和30~40年代頃のものかな…という事です


そして数日前…

DSCN4671 (1024x769)

シャッター取替え工事が完了しました
なんと片手で上げ下げができる軽いシャッターに…!!
色も両壁に合っていて、違和感ないです

会員の葛西さん、大家さん、
そして、炭鉱マンアートを描いてくれた國森さん、
皆さまにお礼と感謝を申し上げます!!

ありがとうございました

ドイツへ渡った炭鉱マン…!

2017/09/30 [Sat]23:55
category: マネジメントセンターについて
今日は朝からヒトの出入りが多い一日でした〜!!

朝一番にご来館頂いたのは…
「三菱美唄炭鉱で子供時代を過ごした」という3名さま
70代半ば、だそうですが毎年同窓会で集まっているそう。
昔の話に花も咲き、常盤台の画像を懐かしそうに見入ってました
また来年もお待ちしております!!

その後も女性グループのカフェ利用の方、

親子でふらっと寄って頂いた方、

元赤平炭鉱マン、元幌内炭鉱マン…

そして、このようなご家族も!!

DSCN4674 (1024x775)

ドイツに渡った炭鉱マン
今一時帰国されているそうで、赤平からお越し頂きました。
先日は赤平アートプロジェクトもご覧になったそうです。お立ち寄り頂き、誠にありがとうございます。


こちらも、海を渡ってやってきた…
毎年この時期、駅まるイベントのため岩見沢へ来る、人気者のあのヒト

DSCN4677 (1024x765)

今年もマネジメントセンターにも顔をだしてくれました



今日明日は岩見沢駅で鉄道EXPOが開催されています。
テントには…

DSCN4688 (1024x677)

齊藤さんの模型
トラス橋、弁慶、石炭貨車、すごくいいです


駅のホールでは‥

DSCN4693 (1024x728)

鉄道ウルトラクイズの真っ最中。
解答席に見覚えのある顔が…


明日、10月1日もどこかで何かやってる、忙しい岩見沢になりそうです

(OLでした)

ジャパンツーリズムアワード授賞式に参加しました♪

2017/09/23 [Sat]23:45
category: マネジメントセンターについて
21日から24日まで東京で行われている「ツーリズムEXPOジャパン」という「旅」の一大イベント。
21日と22日は業界・プレス関係者の日で、初日の21日は開幕式に続き「ジャパンツーリズムアワード表彰式」が行われました。

この度、国内・地域部門「部門賞」をいただきましたので…⇒2017年8月26日ブログ記事
授賞式に参加してきました〜

DSCN4510 (1024x767)

会場は東京ビックサイト。
業界・関係者の日という事でしたが、あっという間に多くの人が集まってきて…

DSCN4570 (1024x768)

ホールはほぼ満席に

DSCN4526 (1024x768)

主催者である日本観光振興協会会長のご挨拶や来賓の国土交通大臣のご挨拶もありました。
国歌斉唱もある、厳かな雰囲気…!!

続いて始まった「ジャパンツーリズムアワード表彰式」は今回受賞した団体の中から、大賞、それに次ぐ優秀賞の団体が壇上にあがり、表彰を受けました。

DSCN4519 (1024x708)

大賞を受賞したのは「阿部長商会 南三陸ホテル観洋」
2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた南三陸町にある南三陸ホテル観洋は、直後から被災者を受け入れ、現在ではその震災の被災者を語り部としてツアーバスに乗ってもらい、震災遺構を巡る「語り部バス」を運営しています。
おかみさんは「世界中で語り部の必要性がある。世代や国を超え、文化を継承して未来へ伝えることが大事」などと、受賞の喜びとともに、コメントされていました。

審査委員長からの総評として、
「大賞も他の賞も紙一重で、観光と文化を融合させたビジネスの展開、地域性のきわめて高いDMOの取組み、旅の新しい形を実現したビジネス展開など、いずれも素晴らしい取り組み」と仰っていました

DSCN4528 (1024x701)

私たちNPOも立派な賞状を頂きました

DSCN4588 (1024x743)

そして…
受賞団体の取組みを1冊にまとめたものを来場者の方々へ配布されていました!
他の受賞団体の取組みも大変参考になります

初日はこの後、「グローバル観光フォーラム」、「ツーリズムEXPOジャパン観光大臣会合」…などが続き、参加したいプログラムを選び、お話を聞く事ができました。



翌22日も様々なプログラムが用意されており、「国内観光シンポジウム・DMOは地域の観光を変えるか?」に参加しました。

DSCN4592 (1024x716)

ここでも大変参考になる事例や話が聞けたのですが、一番印象に残ったのは、世界遺産・熊野古道の観光を推進している団体の方の言葉「ブームよりルーツ」。
なるほどです…


午後から帰りの飛行機の時間までは、各地域の出展ブースを見学しました。

DSCN4549 (1024x763)

もちろん、北海道ブースも

DSCN4533 (1024x770)

それぞれの都道府県が、その地域を代表する「観光」を紹介しています。
大分県の別府温泉…他に群馬は草津温泉、秋田は乳頭温泉、など、温泉地の紹介が目立つ中…、

DSCN4544 (1024x754)

「産業観光」「テーマ別観光」も大きく、多くの地域で取り上げられています。

DSCN4538 (1024x757)

「明治日本の産業革命遺産」ブースもありました

DSCN4543 (1024x757)

「2018年は明治維新150周年」であり、「北海道150周年」でもあります

DSCN4546 (1024x756)

「日本遺産」に登録されている場所の紹介ブースも中央に、ドーンと
地域の歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化・伝統を語る「日本遺産」は今、大注目!!
やはり、ルーツを知る事は、今重要な時を迎えているのでしょう…!!


空知地域と小樽、室蘭との歴史的繋がり「炭・鉄・港」は、観光として一般受けしないのでは…?とまだまだ言われる事もありますが、
今回のツーリズムEXPOに参加してみて、「地道にブレずに進めていけば、見えづらかったものが見えてくる」ような気がしました…


今日、センターに出勤すると、事務所いっぱいに花の匂い…

DSCN4598 (1024x769)

島津興業さまより、受賞祝いのアレンジメントフラワーとお祝い電報が送られていました!!
ありがとうございました
写真ではわかりにくいですが、とっても大きい花かごに、沢山の花…
ひとりでは抱えられない大きさと重さ…!
岩見沢市の花であるバラも、珍しい赤いひまわりも、本当にきれいです

他にも多くの方から、お祝いの言葉、メール、メッセージを頂いておりました。
皆さま、本当にありがとうございました


今回の受賞を機に関係者一同、より一層励んでまいりたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


(OLでした)