FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

室蘭の鐵の素クッキー♪

2018/08/19 [Sun]21:46
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
何やらすっごいインパクトのあるパッケージの…
室蘭のお土産をいただきました

DSC_3544 (1280x951)
「鐵の素」クッキー?!
ネーミングもいい!直球ですね!!

DSC_3542 (1280x912)

中を開けると、鉄鉱石、 石灰石、 石炭そっくりのクッキー!!

うわさには聞いていましたが…
これはすごい!!

室蘭工業大学、ナニナニ製菓、室工大生協がタッグを組んで、「鉄のまち」室蘭を応援するお菓子を作成。
鉄の原材料である「鉄鉱石」「石灰石」「石炭(コークス)」を モチーフにした焼き菓子のセット。
室蘭ならではですね。

DSC_3545 (1280x957)

室蘭の「鐵」にまつわる歴史が年表になっています!
「井上角五郎」がセンターに…!!
室蘭の歴史にとって、かかせない人物です

DSC_3546 (1280x960)  

「鐵」がどうやってできるか…を、イラスト付きでわかりやすく解説されています

形も本物と見間違いそう‥

DSC_0001_BURST20180819172041661 (1280x938)

もちろん、美味しいですよ〜
鉄鉱石はココア味、石灰石はきなこ味、石炭は黒ごまの味つけ。
ゴロンとしていて、食べ応えあります!

企画、パッケージ、説明文、見た目、味…
きっと、どれもたっぷり時間をかけてよく考えられて作ったのでしょうね〜!

『日本ギフト大賞 2017』北海道賞も受賞しているそうです

ナニナニ製菓⇒ こちらから
他、道の駅でも売っているそうですよ!

鐵のまち室蘭のお土産として、おすすめですね!
これは室蘭で見つけたら、ぜひ買いたい一品です!!

そらち「炭鉱の記憶」で地域づくり&第一回「炭鉄港」会議

2018/07/14 [Sat]17:26
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
13日は岩見沢市自治体ネットワークセンター・マルチメディアホールで、空知総合振興局主催の2つの会議が行われました。
まず最初は、
そらち『炭鉱(やま)の記憶』で地域づくり推進会議

そもそも、この会議というのは‥、
2007年度からの「元気そらち!産炭地域活性化促進事業」において活性化戦略が策定され、取り組む事となりました。
DSCPDC_0003_BURST20180714142259333_COVER (1280x962)
詳細はこちら⇒NPO法人炭鉱の記憶推進事業団HP
※関連資料の項目からダウンロードできます。

この戦略を策定する契機となったのが、
2005年、空知産炭地域の首長8人が集まって夕張で開催された「炭鉱遺産サミット」で、
「選択と集中」
「ネットワーク」
「ともに事にあたる」
という基本的な合意がなされました。

さらにその前、1998年度の空知支庁による独自事業を契機に、空知産炭地域で、市民による≪炭鉱の記憶≫を活用した市民運動が活発化しはじめた事が参考となっています。

そこから数えると、約20年‥!!

DSC_0001_BURST20180713125716704 (1280x930)

産炭地域、関係機関の構成員の皆さまが参加した推進会議では、
「炭鉱の記憶」に関する今年度の取組について、
炭鉄港の日本遺産申請について、
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターの運営実績、等が議題となり、話し合われます。

炭鉄港の日本遺産申請については、次の会議の中でご案内しますが、
まもなく発表される…

DSC_0000_BURST20180713131757929 (1280x947)

「炭鉄港」PR動画のダイジェスト版が紹介されました

DSC_0001_BURST20180713131803397 (1280x944)

約1分のダイジェスト版は「炭鉄港」のイメージの、かっこいい仕上がりになっていましたので、
全編がどのような内容になっているのかとても楽しみです!!


締めに、これまでずっとこの推進会議に関わっていらっしゃる、
北大名誉教授の角先生、札幌学院大学の太田先生から一言ずつ‥。

「記憶は資源」
「過去のないところに未来はない」
という言葉に、改めて、パワーをもらった気がします…



その後、休憩を挟み、
第1回炭鉄港推進協議会・幹事会合同会議

DSC_3123 (1280x856)

空知管内だけではなく、空知、後志、胆振の振興局、小樽、室蘭から、各まちの首長、関係部署、観光協会、商工会議所を代表する方々、民間企業・団体の方々…約80名が出席した合同会議となりました!!
催しの多いこの時期ですが、調整つけていただいて、本当に多くの方がご出席されました。

「炭鉄港推進協議会」は、日本の近代化を支え、先導してきた「空知の石炭」、「小樽の港」、「室蘭の製鉄・鉄鋼」それらを結ぶ「鉄道」の繋がりとストーリーを、
地域住民の理解と認識をこれまで以上に深め、次世代へ繋いでいき、産業遺産を活かした地域振興、
そして、関係者が一体となり、日本遺産の認定に向けた取り組みなどを進め、炭鉄港のブランド力を高めていく。
という目的で設置されました。

DSC_3126 (1280x957)

空知総合振興局の佐々木局長よりご挨拶がありました。
※後ろ姿で申し訳ありません


そもそも「炭鉄港」とは??
聞いた事があっても、中身がぼんやりとしかわからない…という方もいらっしゃると思うので「炭鉄港」とはどんなものか??

DSC_3128 (1280x989)

まずはこの会議に出席された皆さまへ、吉岡りじちょーが約30分にまとめて解説しました。
話を聞いて良かった。知らなかった内容がよく理解できた。と感想を述べていた方もいらっしゃいました。


「炭鉄港推進協議会」の会長となった赤平の菊島市長、副会長となった夕張の鈴木市長から、それぞれの思いの言葉をいただき‥、

「炭鉄港を日本遺産に」という方向性で、今後の進め方について空知総合振興局より説明がありました!!


こんなに多くの方が集まる会議、
現実味を帯びてきた「炭鉄港が日本遺産に…」という事で、
DSC_3132 (1280x871)
「やっとここまできたのだなぁ‥」と、しみじみしていたメンバー

でもでも、しみじみしてはいられませんね!!
まだまだこれから、さらにパワーアップして進めていかなければ…!!


昨日の様子がNHK動画でアップされていましたので、こちらもどうぞ⇒北海道 NEWS WEB


今後ともどうぞよろしくお願い致します


(OLでした)

本日は、「炭鉱の記憶」と「炭鉄港」の会議

2018/07/13 [Fri]23:33
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
今日は朝から大忙し…💦

今後に向けて大事な会議も続きます。

DSC_3133 (1280x937)

そらち「炭鉱の記憶」で地域づくり推進会議と、
第一回炭鉄港推進協議会・幹事会合同会議


大きな動きがでてきました…!!
ご参加の皆さま、お疲れ様でした


この様子はまた明日…

「炭鉄港」日本遺産を目指す

2018/06/07 [Thu]22:10
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
6月4日の北海道新聞にこちらの記事が掲載されました↓↓

page.jpg

「炭鉄港」日本遺産を目指す。
おそらく…NPO設立以来、初めての北海道新聞1面の記事!!
各方面からお問い合わせや、行ってみたいのだけど…。という声を頂いています。

2010年に「炭鉄港」が始まり…
特に近年の、「炭鉄港」に関する、空知小樽室蘭、三地域の様々な動きの活発化…。
そして、関わって頂いている方々のパワー!!

ついに、ほんとに、やっと、、、ここまできた~という感じもします…

今まであまり興味のなかった方や、身近すぎて感じられなかった、という方も、どうぞ、「炭鉄港」のことを知ってください!!
なるほど!!と思う事がたくさんあると思います。

「炭鉄港」の始まり、、、
明治期の北海道開拓に、鹿児島の薩摩藩が大きく関わっていたことはご存知でしょうか


今日、いつもお世話になっている会員さんから、「鹿児島へ行ってきましたよー!」と、お便りが届きました。

DSC_2919 (1024x710)

ポストカードだけではなく、観光ガイドや資料もいろいろ送っていただきました
そんな中、鹿児島県PR・観光戦略部世界文化遺産課が発行・企画の、こんなパンフレットが…

DSC_2921 (1024x738)

明治日本の産業革命遺産
「産業国家」日本の原点 鹿児島

DSC_2913 (1024x768)

14ページにわたり、全て薩摩藩について書かれてあります!!
海洋国家薩摩、集成館事業のこと、薩英戦争のこと…
そして、世界遺産登録になった経緯なども。
写真も大きく使ってあり、これはとてもわかりやすい!!

資料の他に、たくさんのお土産もいただきました

DSC_2909 (1024x762)

鹿児島は時間をかけてゆっくり見学したい場所ばかり、です!!
様々な資料とお土産、ありがとうございました!!
とても参考になりました


薩摩藩と北海道の繋がりについては、ぜひ、マネジメントセンターへお越しいただき、展示してあるポスターや閲覧資料類をご覧下さい!!

2015年に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産登録された事は、
現在、北海道の「炭鉄港」や「炭鉱の記憶」事業の、大きな転機となり得ています!!


さぁ‥
「炭鉄港」、日本遺産を目指します!

関心のある方はお気軽にお問い合わせください
皆さまのご支援、ご協力、どうぞよろしくお願いいたします!!

(OLでした)

撮りフェスin室蘭2018

2018/05/25 [Fri]22:38
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
今年も室蘭で…
あの、人気イベントが開催されますよ~

24時間滞在型フォトコンテスト
「撮りフェスin室蘭2018」

室蘭1室蘭2

全国的に注目されている「工場夜景」などの人工的な景観と、
地球岬やトッカリショなど、大自然がつくり出した自然的な景観が共存する、
「日本一のフォトジェニックシティ」とも言われる室蘭。

24時間の制限時間内に室蘭のまちを散策し、
アナタが見つけた、室蘭の魅力ある被写体を写真に収めていくフォトコンテストです

昨年も素晴らしい作品ばかりでした
大賞には、3世代のサーファーが被写体となり、バックには室蘭の美しい風景…。
準大賞は、夜の、ライトアップされた測量山、美しい白鳥大橋…。
「工場夜景」の写真にしても、いろいろな時間や場所からの写していて、とにかくすごい!!
砂浜のボルタの写真もかわいかったです

24時間滞在するからこそ、このような作品が撮れるのでしょう…!!

昨年の受賞作品を、石蔵でも展示させて頂きました。
2018年1月17日ブログ記事

今年の実施日は7/7(土)14時~7/8(日)14時
みなさんも室蘭へ行って、24時間滞在してみませんか??

まずはこちらのHPをどうぞ!!
ホント素晴らしい!!

室蘭撮りフェス2018HP

しかも…
イベントに合わせて、参加者のためにすごい事をしてる!!
イルカ・クジラウォッチングクルーズや、白鳥大橋主塔に入ったり、日本製鋼所構内に入ったり。
水族館も夜間営業、絵鞆小学校など歴史的建造物をライトアップしたり!!
(有料、人数制限ある場合も。)

室蘭のまちぐるみの、参加する人も、迎える側も、みんなで楽しむイベントですね!!

これ見てたら、参加したくなった~

申込み、お問い合わせは上記のホームページからどうぞ


ちなみに…
マネジメントセンターには、室蘭の観光ガイドも置いてありますので、ぜひどうぞ!!

DSC_2834 (1024x736)


(OLでした)