そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

北海道の宝、近くにありませんか??

2018/02/08 [Thu]18:39
category: その他
皆さんのまわりに、次の世代に引き継ぎたい北海道の大切な宝ものはありませんか??

第3回選定候補となる「北海道遺産」を募集しています

北海道遺産とは、
次の世代へ大切に引き継ぎたい、
道内にある自然・歴史・文化・生活・産業などの中から、道民参加で選ばれた、有形・無形の財産のこと。

現在52件の北海道遺産が定められ、遺産の保全・活用の取組みが進められています。

「空知の炭鉱関連施設と生活文化」もそのひとつ


そして、このたび…
新たな北海道遺産を発掘しよう!!
という事で、3月末まで募集中です!!

1 (1024x724)

これまでの52件はこちら
北海道遺産協議会HP
北海道ならではの、どれも後世に伝えたい宝ものばかりです

2 (1024x724)

第1回目は2001年に25件、
第2回目は2004年に27件が選ばれています。
そして今回、13年振りの募集…

皆さんの身近なところにあるのかもしれません!!

これもあてはまりそう…というものがありましたら、ぜひこちらへどうぞ!!
北海道遺産 第3回選定のお知らせ


(OLでした)

クラウドファンディングで保存しよう「キハ183」

2018/01/21 [Sun]16:16
category: その他
最近、マネジメントセンターの常連さんから、こんなご案内が届きました
「クラウドファンディング挑戦中!
全車解体危機のスラントノーズ型キハ183を保存したい!」


2018012101.jpg

こちらは、北海道鉄道観光資源研究会さんによるチャレンジです
北海道鉄道観光資源研究会さんというと…
昨年11月に行われた鉄道模型祭 in 岩見沢は、
大変な賑わいがあったことを覚えています

今回は、3月30日まで、
インターネット経由でプロジェクトに財源の提供・協力を行う
「クラウドファンディング」に参加しているらしいのですが…
その目的は、全車が解体危機にあるスラントノーズ型キハ183を保存するための資金協力です

-- 続きを読む --
trackback --   Comment (0)   編集

秋田の「小坂鉄道」をご存じでしょうか??

2017/12/23 [Sat]16:09
category: その他
江戸時代…秋田の小坂町で発見され開発が始まった「小坂鉱山」

明治17年に払下げを受けた藤田組(後の同和鉱業)が小坂鉱山の経営を本格的に開始し、近代化の波とともに発展していきました。

小坂鉱山は鉱産額日本一となった事もあり、国内における主要鉱山の地位を確立し、
足尾、別子と並び、日本三大銅山とうたわれました

鉱山の発展とともに増大した貨物輸送用として小坂~大館間(22.3キロ)が明治41年に開通したのが【小坂鉄道】
翌年には旅客営業が開始され、東北では北海道連絡の青森駅に次ぐ貨物運搬量だったと言われています。

やがて…
景気の厳しさ、従業員の合理化による減少、
平成元年に小坂製錬株式会社が発足し、資源を残しつつ鉱山の歴史に終止符を打った小坂は、方向を変えました。

平成6年には町内にあった鉱山の全てが閉山し、
町民の足としても活躍していた小坂鉄道も、この年に旅客営業を閉じ…
製錬の貨物運搬は続けられましたが、平成21年に営業廃止となりました…

廃線となった小坂鉄道ですが、鉄道遺産として保存・活用する事になり、線路や設備を修復し、
「小坂鉄道レールパーク」としてよみがえりました

この小坂鉄道の遺産価値表出事業として行われたのが…

01.jpg

現地フィールドワーク(バスツアー)、
吉岡りじちょーによる、基調講演「どんなストーリーが小坂鉄道で描けるのか?」
パネルディスカッション
茂内駅清掃ワークショップでした。


鉄道ファンにとって、「小坂鉄道ほど魅力的な素材はない」そうなのですが…、
どのようなものがあるの?
何が玄人向けの鉄道遺産なの??
…という鉄道にはまだまだ素人目線の私OLが見た小坂鉄道を、当日の現地フィールドワークの様子から紹介させていただきます


雪の降る中、フィールドワークは始まりました!
線路跡を横目に見ながら…

こちらにある、クルクルしたワイヤーはいったい…??

DSCN5382 (1024x768)

「タブレットキャッチャー!!」
タブレットと言えば…
単線区間の運行の管理に必要なもので…、
初めて現物を見た時は、肩掛けのバッグかと思いましたが…
そのタブレットをワイヤーにかけておくものです。
列車を走らせながらここにかけるって、ちょっと想像つかない…!!(YouTubeなどで映像がありました)


こちらの場所には…

DSCN5391 (1024x768)

踏切警手小屋があり、この日は小屋の内部も特別に見せて頂きました!

DSCN5392 (1024x768)

よく見ると道路には線路が残っていて、大きな手動昇降式遮断機もそのままです。
普通なら撤去されてしまいそう…💦


大館樹海ドーム前に残る、岱野駅

DSCN5406 (1024x708)

改軌前のホーム(駅舎は反対側にあったそう)。

DSCN5402 (1024x708)

駅の内部には、タブレット閉塞器があったり、昭和63年の時刻表(コピー)も貼ってありました!!


こちらは東岱野駅付近。
鉄道ファンなら知っている??鉄道信号などを製作しているあの「大館製作所」
大館製作所のために作られた駅で、敷地内に立入らせていただきました。

DSCN5410 (1024x731)

会社の始業は列車時間に未だにリンクしているそう。


次に向かったのは…

DSCN5412 (1024x768)

レールバイクの出発点。
この辺り、とっても景観がいいのです!
小坂鉄道の線路を自分のチカラで進めるレールバイクに乗車してみたい!!
※冬期はやってません


四十八滝温泉から徒歩で小雪沢駅へ向かう一行…

IMG_3990 (1024x765)

小雪沢駅は、昭和37年まで、電化区間と非電化区間の結節点として中継基地であったそうです。

DSCN5414 (1024x765)

ここは昭和28年にボストンマラソンで優勝した山田敬蔵さんをモデルにした映画「心臓破りの丘」のロケ地としても使われたそうです。

軽便鉄道規格路線時代には、この駅で電気機関車と蒸気機関車の付け替えを行っていたそうです。

DSCN5416 (1024x766)

雪の中を堀りだしてみると、違うサイズのレールを溶接したものがある!!
レールバイクのコース途中に草生したかつての低いホームもることができます


新沢駅。

DSCN5418 (1024x737)

保線倉庫が残ってますが、中に入るのはちょっと危険

少しバスを走らせると…
小坂の町の入ってきました!!

降車していませんが、バスの中からかつての小坂鉱山事務所を見れました

DSCN5425 (1024x764)

小坂鉱山の全盛時代の生きた文化遺産、明治38年に建設された小坂鉱山事務所。
平成9年まで現役事務所として利用されていました。
玄関ホールのらせん階段をはじめ建築的にも大変高く評価されているそうで、次回は内部見学をぜひしたいです!!


昼食は、鉱山の鉱夫が好んで食べていた?!「かつラーメン」

DSCN5431 (1024x800)

奈良岡屋さんで頂きました

DSCN5429 (1024x768)

さすがに、ボリュームたっぷり…

さっぱり系の醤油ラーメンに、卵でとじたぶ厚いカツがドーンとのっています!!
とても美味しいのですが、食べても食べてもなかなか減りません…
お腹いっぱいになりました。
ごちそうさまでした
これで午後の部もいけそうです

-- 続きを読む --

りじちょー& OL、秋田で『小坂鉄道の遺産価値表出』シンポジウムに出演します

2017/12/06 [Wed]19:17
category: その他
12月9日(土)秋田県大館市で、
こんなイベントが開催されますよ~

小坂鉄道の遺産価値表出事業
~振り向けば、未来。~


01.jpg

主催は、NPO大舘・小坂鉄道レールバイクさん
秋田県「平成29年度 元気なふるさと秋田づくり活動支援事業」として
開催されるものです。

小坂鉄道は、明治41年に小坂鉱山の物資輸送を目的に、
小坂鉱山~大舘駅間に22.3kmにわたって敷設された鉄道です。
平成21年の廃線まで、多くの製品や鉱石、旅客を運ぶ担い手となりました

廃線後は、なんと全線にわたって線路が残され…
現在は、NPO法人大舘・小坂鉄道レールバイクさんにより、
残された線路にレールバイクを走らせるイベントなどの取り組みが行われています。
空知でいうと、ちょっと幌内線のようですよね
それにしても、線路が全線そのまま、さらに周辺にも当時の遺構が残されているというのは、
とっても興味をそそられますよね~

02.jpg

今回のイベントで行われるシンポジウムでは、
「どんなストーリーが小坂鉄道で描けるのか?」と題して、
基調講演に、りじちょーこと、吉岡宏高 理事長がお話をさせていただきます

さらに、続くパネルディスカッションでは、
りじちょーをコーディネーターに、各地で産業遺産の保存・表現に取り組む3名と、
今後の小坂鉄道のあり方を探っていきます。
なんと、そのパネリストの一人に、OLこと、北口博美 事務局長が出演しますよ

ちょっと調べただけで、小坂鉄道って、歴史もその遺構も、
なんだか大きな魅力がありそう…と感じました
でも、もったいないことに、私のように今まで知らなかったという人もいるのですよね
その魅力をどのように『表出』していくことができるのでしょうか?
北海道からは海を越える会場ですが…秋田にお住まいのみなさん、
また県外でもご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ

シンポジウムは、入場無料ですよ~。
全2日間のイベントについて詳しくは、掲載チラシをご覧ください

(ぼーいっしゅ)
==============

「小坂鉄道の遺産価値表出事業」シンポジウム

とき:2017年12月9日(土)
   16:00~18:00

会場:ホテルクラウンパレス秋北 孔雀の間


(秋田県大館市片町7)

○基調講演
講師 吉岡宏高さん
演題 「どんなストーリーが小坂鉄道で描けるのか?」

○パネルディスカッション
コーディネーター 吉岡宏高さん
パネリスト
前畑温子さん(産業遺産写真家/ NPO J-heritage 戦略企画室長)
北口博美さん(NPO炭鉱の記憶推進事業団 事務局長)
小棚木攻之さん(NPO大舘・小坂鉄道レールバイク 理事長)

主催、お問い合わせ:
NPO大舘・小坂鉄道レールバイク レールバイク本部
電話 080-1838-4005
ホームページ http://railbike.jp/
trackback --   Comment (0)   編集

コンテナを使ったアイディアコンテスト、最優秀賞は…?!

2017/12/01 [Fri]16:42
category: その他
今日から12月!
早いですね、もう師走です…!!

岩見沢はこの2日間で一気に冬景色に
話によると、「岩見沢でも幌向はそうでもない」とか、「三笠はもっとすごい」そうです
さらに、札幌や江別は全然積もっていないそうですよ。
いつものヤツですね。。。

マネジメントセンター前の今は…

DSC_2579 (1024x754)

ちょっと落ち着きました。
でもまだ降るようなので、明日の朝どのくらい積もっているのか心配です


さて、
ブログで以前紹介した、「コンテナを使った商店街活性化アイデアコンテスト」
2017年11月4日ブログ記事

岩見沢市内の栄通り商店街を舞台に、広くアイディアを募集するものです。
そのテーマは…「鉄道コンテナを活かした新たな商店街づくり」

本日、
コンテストの結果発表がありましたよ~!!


最優秀賞は…

なんと…

秋元さなえさんに決定!!
(お馴染みのぼーいっしゅであります)

おーっ、すごい!!
おめでとう~


あ、今日の道新にも‥

DSC_2584 (755x1024)

休憩時間に「サー、サー、サー」と描いていたのがコレですね
アイディアもさることながら、さすがに絵もうまい!!

完全には難しいのかもしれませんが…
実現できると楽しそうですね~

栄通り商店街がどのように変わるのか…楽しみにしています

詳しくはこちらもどうぞ⇒コンテスト事務局HP


(OLでした)