FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

別子銅山ツアー③

2013/03/31 [Sun]17:41
category: スタッフのつぶやき

だいぶ間があいてしまいましたが、
別子銅山ツアーの続きです。第三回目の今回は、
別子銅山 東平(とうなる)エリアです

前回の端出場エリアから、県道47号線を更に山奥の方へ進み、
途中から山道へ

20130309別子073
一車線の道で、所々対向車とすれ違う為の待避所があり、
道が細く恐かったのですが、無事たどり着くことができました
001_20130327125102.jpg
DSCF6798.jpg 
DVC00069.jpg
東平エリアは、標高750mの山の中にあり、大正5年から昭和5年まで、
別子銅山の採鉱本部が置かれ、閉山する昭和43年までの間、
採鉱本部が置かれ、諸施設も設置され、町として賑わっていたそうです
DSCF6802.jpg

まず駐車場近くにある東平記念館を見学後、
第三地区へ向かいました
DVC00008.jpg

途中に、第三社宅跡がありました。
こんな急な所に住んで、生活をされていたのですね~
DVC00011.jpg 


それから、少し歩いて第三地区へ。

採鉱本部が、第四通洞・大立坑の完成を機会に、
大正5年に、山頂に近い旧別子東延から東平(第三地区)に移され、
昭和5年に端出場に移されるまで、採鉱の中心となっていたそうです。


旧第三変電所
DVC00020.jpg 
第三とは3番目という意味ではなく、
第三という地名からついたもので、
明治37年9月に建てられ、東平坑が閉坑する少し前の
昭和40年まで使用されていたそうです。

DVC00038.jpg 

DVC00041.jpg 
建物が当時のまま、内部までそのまま残されているのは、
ここだけとのことです。


第三通洞
DVC00034.jpg

旧火薬庫
DVC00025_20130327125146.jpg

その後、第三から駐車場がある部分に戻って参りました。   
駐車場となっていた場所は、当時線路が敷かれ、
プラットホーム跡と当時の階段が残っておりました。

プラットホーム跡
DVC00125.jpgDVC00124.jpg   
階段の上に見える建物は、明治37年頃に建てられ
配電所(明治期)→林業課事務所(大正期)→保安本部
として使われていたそうです。

現在は、東平マイン工房として、銅板レリーフづくりなどが
体験できる場となっているそうです。 


この写真では見辛いのですが、
樹々が茂る森の中に、施設の跡が残され、
近年では東洋のマチュピチュとして紹介され、
訪れる人も多いみたいです。


DVC00057.jpg 


貯鉱庫跡
DVC00074.jpg
坑内から運びだされた鉱石がここに貯められ、
索道で下部鉄道黒石駅に運搬されていたそうです。

策道基地跡
DVC00078.jpg 
 

病院跡
DVC00116.jpg  
DVC00117.jpg
閉山後に植林が進められ、
病院や建物が建っていた所等も、
樹木が成長し 森に返っておりましたが、
その中に塀が残っていて、
当時そこに建物があり、生活があった事をひしひしと伝えているようでした。


翌日は、 今治からバスに乗り、
しまなみ海道を渡り大三島 大山祗神社へ

DSCF6895.jpg 

自転車道も整備され、自転車で渡っている人も結構いました。

DSCF6966.jpg 
大山祗神社バス停で降りてみると、向かいの食堂に
行列ができておりました。
時間がなく、食べることができませんでしたが、
調べてみると、海鮮丼などが安くて美味しい店だったみたいで、
寄ることができず残念でした

そんなこんなで、大山祗神社に到着しました
DSCF6917.jpg 

日本総鎮守 大三島宮 大山祗神社由緒は、
山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から
尊崇を集めた神社で、
御分社は全国に10,000余社祀られ、延喜式名神大社に
列せられ、伊予国一の宮に定められたそうです。
DSCF6922.jpg 
DSCF6936.jpg  

宝物館と海事博物館が隣接しており、
海事博物館には、塊炭も展示してありました

今回のツアーでは、時間に限りがある中でしたが、天候にも恵まれ
日本が近代化していく過程の中で礎となった産業開発の歴史や、
閉山後に植林をする等、環境の復元の取組み。
歴史的意義を風化させない 為の取り組みなど、
実際に現地に行き、現物を見て、歴史や現状を知ることができ、
大変勉強になりました。
20130309別子030 



あっという間に1年が経ち、本日3月31日で退職となりますが、
多くの方々にお世話になり、非常に充実した1年を過ごさせて頂きました。
本当に、有難うございました。
スマイル02b
これからも、センターでお会いした際など、
お世話になることがあると思いますが、
今後とも、よろしくお願い致します

trackback --   Comment (0)   編集

お疲れさま…的な会

2013/03/30 [Sat]19:52
category: マネジメントセンターについて


今日は今年度のお疲れさま的な会です

いつものお向かいさん、「ふみや」さんで…



今日の角煮はいつもにましてタレが濃厚…絶品!!



この方は今日もブレブレで絶好調ですね。




お刺身もさすがのおいしさ!

4月からの開館時間のご案内です!
引き続き10:30~17:00、火曜日休みです。
これからもマネジメントセンターをよろしくお願いいたします
trackback --   Comment (0)   編集

美味しいカフェ、Laugh

2013/03/29 [Fri]10:47
category: 岩見沢情報
岩見沢にできた素敵なお店のランチ情報~
『Laugh』、今年の1月にできたばかりのカフェです。
NEC_1826.jpg

トド松林(写ってないけど)の中に立つコテージみたいな外観、期待が膨らみます~
NEC_1827.jpg
店内は4人がけのテーブルが2つにカウンターと、スペース的にはこじんまりしていますが、ナチュラルで落ち着く空間 壁の色もテラコッタっぽい色で温かい感じがします。
いろんな作家の方が手作りしたエプロンやアクセサリー、陶器などの販売コーナーもあります。
NEC_1813.jpg

さて待望のランチですよ~
ボードに今日のおすすめが。
NEC_1815.jpg
初めてなので今日のおひるご飯をいただきました
NEC_1825.jpg
煮込みハンバーグ、チキングラタン、舞茸のてんぷら、人参サラダ(たぶんヨーグルトソース)、ミネストローネ、アンチョビのポテトサラダ、これにご飯(おかわりOK)がつきます
6品もあるので、少しずついろんなものを食べたい人にはとっても嬉しいメニュー。しかもそれが日替わりでいただけるのが嬉しいですぅ
少しずつ、とはいっても野菜もお肉もしっかりあるのでかなりボリュームですよ。
カフェの雰囲気通りの優しい味で、手作りの良さが伝わってきます。
アンチョビとポテトの組み合わせが初めての味でとっても美味しかった~
この今日のおひるご飯は850円。
他にもこんなメニューがあります。
NEC_1822.jpg
おすすめのカフェですので、ぜひ行ってみてください

Laugh
営業時間 11:00~17:00
営業日 火・水・木・金
岩見沢市5条東18丁目51

無題
trackback --   Comment (0)   編集

いわなび

2013/03/28 [Thu]12:21
category: 空知情報
4月1日(月)、岩見沢市生涯学習センター「いわなび」が、プレオープンします
「いわなび」は、様々ないわみざわ市民の学びをなびゲートしてくれる施設です
施設内の様子を知りたいですね…
そこで、1日~6日は、見学と無料開放!!
10:00、14:00、19:00の各日3回、スタッフの方によるフロア案内の「いわなび内覧ツアー」もあるようです。

iいわなび

生涯学習スペースには、料理教室、音楽室など。
運動・健康増進スペースには、バスケットボールも1面でとれるアリーナができました。

そして4月6日には13時からオープニングがいろいろ予定されているようです
百餅もちつき体験や、万華鏡づくり、べっ甲あめづくりなど楽しそうな体験ができますよ

いわなびの内部について、一足先に当NPOの平野理事がブログで内部を紹介しています!
こちらをどうぞ~ ⇒ 平野さんHP
trackback --   Comment (0)   編集

三笠イオンで炭鉱遺産パネル展示中

2013/03/27 [Wed]17:09
category: 空知情報
三笠イオンで空知のキャンペーン展示が開催されています。
P1110936.jpg
2月に札幌の地下歩行空間で実施された‘そらち『そらいち』総選挙’の結果と合わせて、当NPO所蔵の写真やマップを掲示して炭鉱遺産の紹介をしていただいています。
P1110924.jpg
NPOの数あるパネルの中から、空知のかつての炭鉱マップと、三笠市の炭鉱遺産マップ、市内に残る立坑3基の写真をセレクト。
パンフレットなども一緒に置いてあります。
P1110926.jpg

なぜイオンでこうした展示が行われているかというと、昨年から北海道とイオンは協働して北海道の活性化に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、イオンでは通常のWAONカードとは別に、地域貢献・社会貢献の趣旨で「ご当地WAON」を発行しています。
それが‘ほっかいどう遺産WAON’
P1110940.jpg
三笠に関する北海道遺産といえば、もちろん「空知の炭坑関連施設と生活文化」ということで、今回の展示となったわけです。
このカード、使い方は通常のWAONカードと同じですが、利用料金の一部が北海道遺産の保全に役立てられるというしくみになっています。
入会や利用についての詳細はWAONカードのサイトをご覧ください→ほっかいどう遺産WAON

もう一つのそらいち総選挙ですが、こちらは空知の魅力を多くの方に知っていただくために、空知総合振興局が札幌冬まつりの時に開催した空知キャンペーンです。
そらちで体験・遊ぶ・味わうの3部門であなたが選ぶそらちナンバーワン=そらいちを投票で選ぶというもの。
期間中に計7,000票もの投票があったそうですよ
その結果が詳しくパネルで紹介されています。
ちなみにそらちで体験する部門ではこういう結果に。

P1110931.jpg
第6位に夕張の石炭博物館が入ってますよ~

この展示は4月12日までです。
三笠イオンに買い物に行かれた際はぜひお立ち寄りください
建物正面の一番左の入り口から入ると近いです。
trackback --   Comment (0)   編集