そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

小樽の鉄道史

2017/04/14 [Fri]17:46
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
まもなくGWがやってきますね~
空知管内でも冬期間休館していた施設がオープンしたり、様々なイベントが始まります

今日は小樽市総合博物館の情報をお知らせします!!

4月29日(土祝)から7月17日(月祝)まで、小樽市総合博物館では、
「小樽の鉄道史を紹介する企画展」が開催されますよ~

page-0001 (724x1024)

旧手宮線は、明治12年に開鉱した三笠の幌内炭鉱の石炭小樽港から運ぶために敷設された、官営幌内鉄道の一部。
明治13年に小樽の手宮から札幌までの間(約35.9キロメートル)が、北海道で初の鉄道として開通しました。
「炭・鉄・港」の繋がりです

アメリカからのお雇い外国人鉄道技師クロフォードの指導により、手宮〜札幌間を工事開始からわずか11カ月という短期間で作った鉄道です

今回の企画展では、旧手宮線の果たした歴史的役割を振り返り、地域に残る鉄道遺産の魅力を紹介するそうです

関連イベントとして、4/29と4/30の2日間小樽鉄道サミット2017が開催されます
道内各鉄道サークルの合同模型運転会!
Nゲージ、HO16番、HOナローなど、いろいろなスケールの鉄道模型が、博物館各所で展示運転を行うそうです!!
北海道新幹線はやぶさの、ミニ鉄道体験乗車も!!
これはお子さまも喜びそうですね
※乗車賃は無料ですが、博物館入館料がかかります。

鉄道ファンだけではなく、北海道の鉄道、地域の歴史を学びたい方、
小樽市総合博物館へ行ってみてはいかがでしょうか

日時:4月29日(土・祝)から7月17日(月・祝)まで午前9時30分から午後5時まで
場所:小樽市総合博物館 本館・企画展示室(旧小樽交通記念館小樽市手宮1丁目)
入館料:中学生以下無料 
●本 館・一般400円、高校生・市内在住の70歳以上の方200円
●運河館・一般300円、高校生・市内在住の70歳以上の方150円

詳しくはこちらをどうぞ⇒小樽市HP

(OLでした)