そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「てくてく美唄炭鉱」に参加しました【前編】

2017/05/21 [Sun]20:05
category: 炭鉱の記憶
5月14日(日)、アルテピアッツァ美唄さんによる、
「てくてく美唄炭鉱 ‐東美唄フットパス編‐」に参加してきました

今回は北見、小樽、北広島などから、15名が集まりましたよ。
マネジメントセンターからは、らいだぁと、ぼーいっしゅが参加。
アルテピアッツァ美唄に集合し、てくてくスタートです

IMG_1856.jpg

東美唄地区は、大正2年に開坑した飯田美唄炭鉱を、
三菱合資会社が買収して、大正4年に三菱美唄炭鉱が開かれた地域。
美唄川の谷山沿いに、石炭産業施設や炭鉱住宅街が発展し、
当時従業員やその家族など、約4万人が炭鉱に関わって生活をしていました

最初に訪れたのは、昭和34年完成の、旧栄町会館。

IMG_1858.jpg

お父さんが三菱美唄炭鉱で職員をされていたという、アルテの藤原さんが、
この会館で初めてバレエを見たのだそうです。
収容人数は500人、客席は1人掛けのシートという、当時の一流館をしのぐほどの立派な設備でした。
「生活に明るさを持ち、いきいきとして欲しい」という三菱の考えのもと、
従業員や家族に、文化活動やスポーツ活動支援が進められたそうです

美唄川を渡り、東明駅へと向かいます…

IMG_1861_20170521130231e3d.jpg
近くには、架け替えられた橋の土台が。昔は栄町会館からすぐの場所に橋がありました。


東明駅は、昭和23年建築。
美唄鉄道の駅として開駅し、三井と三菱の炭鉱住宅があった地域の最寄り駅として、
当時およそ3万人の足として親しまれました。
ときには20両以上の石炭を積んだ貨車が、黒い煙を上げながら美唄駅へと向かう様子は、
石炭産業の象徴とも言われたそう。
しかし、東美唄の炭鉱閉山にともない、昭和47年に美唄鉄道の廃止により廃駅となっています

IMG_1863.jpg

この日は、東明駅保存会のご協力をいただき、駅舎内を見学できました

IMG_1868.jpg
長栄堂、タケマツ、阿部呉服店、どれも現役営業しています!

なんとこの日は、駅員室側も見せていただきましたよ
発車時刻表…始発は遅いけれど、終電もけっこう遅くまでありますね
藤原さんによると、「終電後は石炭車が通る時間だったような…」とのこと。

IMG_1873.jpg

操業当時の貴重なものが、そのまま残されています…

IMG_1871.jpg

これは…?切符入れでしょうか

IMG_1876.jpg

駅舎内を見せていただいた後は、駅舎の裏手にある、
4110形式十輪連結タンク機関車へ。

IMG_1879.jpg

この機関車は、美唄鉄道のために特注で作られ、
美鉄開業から廃線の日まで、美唄鉄道を走り続けました。
運転士の間では「水を入れたり扱いが難しいが、いざとなると頼りになるSL」と言われていたそう
現在は美唄市指定文化財となっています。

それでは、美唄鉄道の線路跡(現在はサイクリングロード)へ入ります。

IMG_1884.jpg
左右にはホーム跡が。3車線だったそうです。

これから我路駅までおよそ3.7kmを歩きますよ~
風が涼しくて、なかなかのフットパス日和です♪

しばらくサイクリングロードを歩いていると、
左手側に大きな漏斗型の原炭ポケットが見えてきますよ。
こちらは、三井美唄炭鉱第2坑選炭場跡

IMG_1890_20170521130330f5b.jpg

川向いの滝ノ上から索道を通って運ばれた石炭は、ここで選炭され、
その後ズリは原炭ポケットの裏手の山へ運ばれたそう。
は盤の沢神社近くの山ですが…上から二つ目の稜線あたりに、そのズリ捨て線があったのだそう。

IMG_1894_20170521130331bcf.jpg

その後は、盤の沢神社を目指します。
神社は高台の上。けっこう傾斜が急な石段を上がっていくと…
山の神様が祀られている、盤の沢神社が。
後ほど、商いの神様が祀られている我路神社も出てきますので、違いを比べてみてくださいね

IMG_1898_20170521130333d0e.jpg

東美唄地区は、炭鉱が操業されていた地域。
盤の沢神社は、炭鉱の安全を守り、炭鉱街の暮らしを守っていました
敷地内には馬頭観世音の碑も。
鉄道が普及する以前、運搬などの手段となった馬を祀っています

IMG_1899.jpg


盤の沢神社を後にして、再びサイクリングロードへ。
周辺では露天掘りが行われており、道の脇の排水路のような水流には微粉炭を見ることができます。
美唄川も、炭鉱操業当時は真っ黒だったそう

IMG_1901.jpg

空知の様々な地域で、炭鉱まちではこのような川の微粉炭をすくって、燃料として使った家庭もあるそう。よく「沈粉(チンプン)」という言い方でお話を聞きます!
その沈粉を使えば…もちろん燃料代はタダです

そして、ホーム跡が見えたら…
盤の沢駅に到着ですよ!

IMG_1902_20170521130408930.jpg

盤の沢駅は、大正14年に、滝の沢発電所従業員のために開設されました。
滝の沢発電所は、盤の沢駅から美鉄線路を挟んで反対側(川側)に位置し、
なんと三菱美唄の全山の電気を供給していました
美唄川沿いにはびっしり炭住が建ち並んでいたといいますが、
そのどの家も電気代は無料だったのだそう

そして盤の沢駅まで来ると…
およそ1.7kmで我路へ。

IMG_1911_2017052113041142f.jpg

ここからも見どころたくさん…なのですが、
ちょっと長くなるので、また後日に【後編】をアップいたします

なにしろ、10kmのフットパス 折り返し地点にもまだ着いていません
この後も、てくてくは続きますよ~

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

90年代の大夕張 撮影者の森戸さんがご来館♪

2017/05/20 [Sat]14:59
category: マネジメントセンターについて
ただいまマネジメントセンター石蔵で開催中の
「そらち炭鉱遺産の入口
−湖底に沈んだ大夕張に代わって炭鉱と出会うキッカケ−
好評をいただいております

石蔵1階には、90年代の大夕張の写真が展示されていますが…
今日は、その撮影者である、会員の森戸裕さんがご来館

IMGP5851.jpg

東京からいらした森戸さん、
「東京と変わらないくらい、北海道も暑いね~」と驚かれていました

そして、涼しい石蔵へご案内し…展示の様子をご覧いただきましたよ。
石蔵の雰囲気を気に入ってくれたでしょうか~

IMGP5845.jpg

2階の、現存する炭鉱遺産134ヶ所の紹介写真もチェック!
「あまり行ったことのない場所もありますね」とのご感想でしたが、
今日はこれから、りじちょーガイドで、三笠の炭鉱遺産巡りに行くのだそうです!
きっとチェックシートの○印も追加されますね

IMGP5849.jpg

森戸さんは、明日まで北海道に滞在予定。
会場でお会いしたときは、展示の感想や、大夕張について、お話してみてくださいね♪

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

「北村の記憶」の展示

2017/05/19 [Fri]16:57
category: 空知情報
昨年末、岩見沢市北村に開設された、北村の郷土資料コーナー「北村の記憶」
先日、行ってみました

中に入るとまずは牛がお出迎え…

DSCN3646 (1024x759)

「空知のホルスタインの父」と言われた、北村謹さんが開設した、北村牧場の牛舎とサイロの模型が、
立派なケースに入って中央部に展示されてありました!!

DSCN3626 (1024x763)

これは、元炭鉱マン齊藤さん制作の模型です⇒2016年12月18日ブログ記事

DSCN3628 (1024x783)

こんな風に展示されているとは…、すごい!!
多くの方に見て頂けますね


ここでは北村の開村の歴史が、とても詳しく、解りやすく、パネルに展示されています!

DSCN3632 (1024x760)

松浦武四郎についても…。

DSCN3635 (1024x764)


羊??

DSCN3631 (1024x748)

北村は「純国産ホームスパン発祥の地」

そして、「ジンギスカン料理発祥の地」とも言える!?

DSCN3636 (1024x766)

画像紹介はこの辺にしておいて‥
これは、ぜひぜひ現地へ行って、見て頂きたい場所です

岩見沢市民でもあまり知らなかった「北村」についての歴史が、ここでしっかり学べます!!
ぜひ一度ご訪問ください


所在地
岩見沢市北村赤川595-1
(北村環境改善センター内)

問合先 0126-55-3273
(北村環境改善センター)

開館時間  午前9時~午後9時
休館日  毎月第1及び第3月曜日/12月29日~翌年1月3日

利用料金  無料

「初任者のための炭鉱講座」を行いました

2017/05/18 [Thu]15:06
category: マネジメントセンターについて
昨日17日、マネジメントセンターでは、
「初任者のための炭鉱講座」が行われました

新年度になり、「炭鉱の記憶」に新しく関わってくださる、
空知管内の関係各機関の方々をはじめ、
これまでにもお世話になっているみなさんに、
改めて炭鉱について知っていただこうという講座で、毎年行われているものです。

IMGP5777.jpg

もちろん講師は、りじちょー
今回の受講者のみなさんは、岩見沢、美唄、上砂川、
遠くは小樽などから、42名お集まりいただきました

石炭や炭層についての話、炭鉱の各役割について、
北海道の歴史と近代化について、「炭鉄港」について…
と、じっくり4時間にわたり、講座は進められました。

みなさん、お疲れさまでした!その後は、一部関係者の方の歓迎(懇親)会もここで…

IMGP5784.jpg
IMGP5801.jpg

まーび副理事長の司会で、みなさんから一言いただく時間も…
実はお父様が北炭で働いていた、というご縁のある方もおり、大きな拍手が起こりました

IMGP5807.jpg

そして、(株)島津興業の島津社長にも、サプライズゲストとしてご参加いただきました!

IMGP5818.jpg

懇親会には、空知総合振興局 佐々木局長もかけつけてくださいました
会の締めには、綾部副局長と並んでいただき…

腰に手を当て~… 団結!

IMGP5841.jpg

ガンバロー!

IMGP5843.jpg

みなさん、遅くまでどうもありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集

美唄のパン屋さん「カフェ ストウブ」

2017/05/17 [Wed]16:00
category: 空知グルメとお土産
美唄に住んでいる友人から、
「最近、美唄に新しいパン屋さんがオープンしたんだよ~」と教えてもらい、
この間の休日に行ってきました

お店の名前は、カフェ ストウブ

IMG_1968.jpg

場所は、市立美唄中学校の道路向かえ。
国道12号線から、新川通(アルテピアッツァ美唄と反対方向)へ左折して車で5分ほどと、分かりやすい場所でした。


(美唄市西5条北5丁目5-5)

こちらのお店では、自ら育てた小麦を石臼で挽き、石窯パンをつくっています
ハード系のずっしりとしたパンが魅力です。
ストウブさんでは、食材を通して地元の良さを伝えるという理想を持ち、
併設されたカフェスペースで、ワインやサンドイッチをいただくこともできます
落ち着いた店内で、雰囲気も

IMG_1970_201705171143160c0.jpg

この日は、夕方伺ったところ、パンはほとんど売り切れ
とっても人気のお店なのですね。
全粒粉の角食はまだ売っていたので、購入できました

IMG_1975_20170517114332ccc.jpg

その他、白糠酪恵舎やニセコチーズ工房などのチーズも販売していましたよ。
せっかくなので、白糠酪恵舎のチーズを購入

IMG_1974.jpg

店員さんに、カフェメニューも教えていただきました
手作りパンに、地域の野菜が加わったサンドイッチは、おいしいこと間違いなしでしょう
次回は、店内でゆっくりしていきたいな~。

IMG_1973.jpg

その後、お昼ごはんに、ストウブさんのパンと、白糠酪恵舎さんのチーズ、いただきました
全粒粉の角食は、トーストするとザクッと香ばしく、冷めても密度が高くモチモチな食感
ミルクの香りと弾力が特徴のチーズと良く合います♪

18575548_817979021685576_1467892452_o.jpg
大ざっぱトーストです これにハチミツをかけてもおいしかったですよー!

営業時間は10:00~17:00、水曜は定休日です。
店員さんによると、オープンの10:00には、その日のほぼすべてのパンが焼き上がっているので、
色々な種類から選びたい方は、お早めにご来店くださいとのこと。
美唄に行かれる機会には、ぜひお立ち寄りください

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集