そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

明成中学校のフィールドワーク

2017/05/14 [Sun]23:50
category: 炭鉱の記憶
岩見沢市立明成中学校からのご依頼で、今年も万字線沿線フィールドワークのガイドをやってきました

1年生 55名、学習のテーマは…
「昔の岩見沢(旧国鉄)を学ぼう」
(炭鉱と鉄道と街の繋がりを知る)

「昔の岩見沢を調べる事を通して、新たな課題をたてよう」、という事で、
まずは、元町人道橋から。
ここでは夕張通り(現在の中央通り)、最初の駅がここにあった…という話、
そして、2台のバスにらいだぁとOLがそれぞれ乗車して岩見沢と炭鉱と鉄道のつながりを…

次は、朝日炭鉱!!

DSCN3618 (640x463) (400x289)

前日が雨だったので、ちょっとぬかるんでます💦
でもみんな頑張って、草の中を進みます~

朝日炭鉱の本坑へ向かう、連絡坑口です!!
坑内水が出ているのでこれ以上は近づけないのですが、
この奥に、「朝日本坑」と書いてあります。

DSCN3571 (1024x768)

屋根の部分は、歩ける通路になっていたそうです!

駅舎内には、かつての朝日炭鉱の様子のパネルを展示しておきました。

DSCN3673 - コピー (640x454) (400x284)

数名の生徒が某新聞記者さんからインタビューを求められていました
中学生のみんなには、「炭鉱」「石炭列車」など、想像するのが難しいと思いますが…、
どのように伝わったでしょうか‥??


朝日炭鉱の次は、美流渡の炭鉱住宅、毛陽にある北炭の鉄塔を車窓し、
万字駅へ!!

現在は簡易郵便局として使われている、駅の裏から階段を下ると…

DSCN3622 (640x461) (400x288)

ホームの跡が残っています

DSCN3577 (1024x768)

万字線が廃線となったのが昭和60年の事…。
以前はここから、多くの人々が汽車に乗って岩見沢方面へ向かっていったのですね…


短い時間でしたが万字線沿線のフィールドワークで、何か考えさせられるようなものが残ったでしょうか…

DSCN3676 (640x466) (400x291)

赤レンガホールで昼食の後は、昔の地図を手に駅周辺の街並みを見学して、
日の出にある明成中学校まで、歩いて帰ったそうです


まちの今・昔を見て、考えて、
自分たちの住んでいる岩見沢について、もっと知りたくなるといいなと思います

皆さん、
一日お疲れさまでした



(OLでした)