そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

悲別ロマン座で「ロマン座 想い出ノート」を振り返る…

2017/09/06 [Wed]15:39
category: 炭鉱の記憶
9月18日(月祝)【延期が決まりました】、歌志内の悲別ロマン座で、
こんなセミナーが開催されますよ~
「悲別ロマン座(旧住友上歌会館)の魅力を探る!セミナー」
対象は、
・歌志内市とその周辺住民の方
・悲別ロマン座を応援してくださる方

ですので、当ブログをご覧のみなさんにも、該当される方は多いはず

20170906.jpg

札幌市立大学デザイン学部4年生の鈴木里奈さんが、
卒業研究のテーマとして関わっているのが、ロマン座なのだそう。
チラシも鈴木さんご本人がセンターにご持参くださいました

悲別ロマン座こと、旧上歌会館は、
昭和28年に住友歌志内鉱の福利厚生施設(映画館)として建設されました。
炭鉱全盛期には、当時の一流歌手のショーなどが催され、大勢の市民で賑わったといいます

201108131425157aa_20170906140153697.jpg


ところが昭和46年に住友歌志内鉱が閉山し、上歌会館は廃墟状態となっていましたが、
テレビドラマ「昨日、悲別で」のロケ地となったことで有名に。
その後、市内の有志によって保存運動が展開され、現在のように
夏に喫茶を営業したり、音楽イベントが開催されるようになっています

2010083114305544f_201709061357043f6.jpg
2010年の「ロマンザ夏まつり」で歌う「リリーズ」のお二人♪


悲別ロマン座には、昭和62年から「ロマン座想い出ノート」が設置され、
これまで30年分の来訪者の記述記録が残されています
今回のセミナーでは、この膨大な記録から鈴木さんが研究・厳選したものを紹介しながら、
人々の想いと歌志内の歴史をたどっていきます

炭鉱が閉山した後も、歌志内を見守り続けた、悲別ロマン座。
今もなお人々が訪れるその魅力と、地域資源としての価値を、
鈴木さんと一緒に探っていきましょう
同時開催で、パネル掲示なども行う予定とのことですよ。

開始は13:30から、入場は無料です♪
詳しくは、掲載チラシをご覧くださいませ

(ぼーいっしゅ)
=================
「悲別ロマン座(旧住友上歌会館)の魅力を探る!セミナー」

とき:2017年9月18日(月祝)
   13:30~


会場:悲別ロマン座(旧上歌会館)


(歌志内市上歌1-5)

入場無料

主催:悲別ロマン座(旧住友上歌会館)の記憶保存実行委員会

お問い合わせ先:
セミナーに関するお問い合わせ 鈴木里奈さん(電話 080-5596-7436)
悲別ロマン座へのお問い合わせ 藤田哲雄さん(電話 090-5408-3952)
trackback --   Comment (0)   編集