FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「三井砂川炭鉱閉山30年」DVD

2018/02/15 [Thu]15:57
category: 炭鉱の記憶
上砂川町が企画したDVD「かつて炭鉱があり 炭鉱に生きた」
これは三井砂川炭鉱閉山30年を記念して、昨年12月に制作されました。

DSCN5624 (1024x769)

上砂川町の石炭の歴史は、明治20年に道庁技師・坂市太郎らが石炭層を発見したところから始まります。

DSCN5611 (1024x723)

大正3年に三井鉱山が砂川出張所を開設、採炭が開始されました。
大正7年に営業採炭が開始され…

DSCN5623 (1024x768)

昭和15年には戦争特需で13坑口から約160万トンを記録しました。

三井砂川炭鉱は石炭を水で砕く「水力採炭」の技術が高いことで有名。
昭和39年には登川坑で水力採炭を開始し、20年後には全部が水力採炭となったそうです。
水力採炭試験、採炭指導に、カナダへ炭鉱マンが派遣された事もあったそうですよ

昭和62年に閉山となった三井砂川炭鉱。
北海道の出炭量では、北炭夕張炭鉱に次ぐ第2位でした

DVDでは、賑わっているまちの様子や、炭鉱での採炭や選炭風景など貴重な様子が見られます。
中には閉山時の鉱業所所長さんや、三井砂川炭鉱で働いていらしたNPO会員さんのインタビューも収録されています…!!

このDVDは、マネジメントセンター閲覧コーナーにありますので、
見たい方はお声がけください


ところで…つい先日、お父さんが三井砂川炭鉱で働いていたという、市内に住む女性から連絡がありました。
「炭鉱で使っていた防塵マスクや、炭鉱の資料があるので、必要でしたら差し上げます」、との事で、おじゃまさせていただきました。

「これはあげられないけど」と言って見せていただいたのがこちら↓↓

DSCN5604 (722x1024)

三井のマーク入り、金杯
勤続何年…などのお祝いの品でしょうか??
とても美しい金杯でした


(OLでした)