FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

DVDブック「荒木栄」ご寄贈いただきました

2018/02/18 [Sun]16:50
category: マネジメントセンターについて
昨日はおよそ80名ものご来館があった当センター
「4人の女性×カメラ×産業遺産」トークイベントが開催されました。
多数のご参加をいただき、ありがとうございました!
後日、改めて当日の様子をレポートいたしますね

さて、今日は新しくご寄贈いただいたDVDブックのご案内です♪
DVDブック「荒木栄 
~対峙した荒木栄の人間性が歌とともによみがえる」


IMGP7395.jpg

ご寄贈くださったOさんは、以前も「DVD 荒木栄の歌が聞こえる」を
貸してくださいました。このたびも、ありがとうございます


荒木栄は労働者作曲家と呼ばれ、1960年の三井三池闘争を歌で励ましました
今もなお様々な闘いの場で歌い継がれている歌、「がんばろう」は彼の代表曲です。

ただいま、センターでDVDの映像を流しているところですが…
荒木栄に関わりのあった友人知人、そして労働歌を歌い繋いだ合唱団の人々が、
思い出話のように、彼の人物像などを語っていきます。

印象的なのが荒木さんが「人のことを考えている人だった」、
「ふとしたときに、ものすごく会いたくなる」、「シャイでちょっとセンチメンタルな人」と、
愛情深い人として語られていたこと
「もやせ闘魂」「がんばろう」など力強い曲を作る半面、
「星よお前は」のような、琴線を繊細に震わせるような曲も作っていますよね。

ドキュメンタリーのような構成の間に挟まれる、
荒木作曲の挿入歌はこちらのとおり

・地底のうた
・心はいつも夜明けだ
・夜明けだ
・星よお前は
・炭鉱ばやし
・落日のうた
・もやせ闘魂
・手
・がんばろう
・どんと来い
・三池の主婦の子守歌
・仲間のうた
・花をおくろう
・おれたちの胸の火は
・この勝利ひびけとどろけ
・わが母のうた

IMGP7396.jpg

労働者たちの心のなかに歌を見出し、励ましてきた、
荒木栄の姿を感じるドキュメンタリーです。

冊子には、各歌の歌詞が掲載
「日本うたごえ運動」創設者の関鑑子さんをはじめとした、
音楽関係者らの手記なども寄せられています。

見てみたい!という方は、お気軽にスタッフへお声がけくださいませ

(ぼーいっしゅ)
trackback --   Comment (0)   編集