FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「炭鉱の灯り2018」

2018/07/29 [Sun]23:55
category: 炭鉱の記憶
暑い日の夜…

今年も無事「炭鉱の灯り」を終えました
この地でご苦労された多くの先人の方々への祈りをこめて…

DSC_3334.jpg

準備、撤収等、お手伝い頂いた皆さま、ありがとうございました!!

当日の様子はまた後日紹介します


(OLでした)

旧絵鞆小学校のパネル展は明日まで!!

2018/07/28 [Sat]19:24
category: マネジメントセンターについて
本日より三笠市の旧奔別炭鉱跡地のゲート開放が始まりました

DSC_3306 (375x555)

今日も暑い一日となりましたが、11時~15間までの4時間で、47名のご来場者がありました!!
偶然通りかかって‥という方も多いですが、
今回も初日から、「お父さんが奔別炭鉱だった!」という方も。


今日の受付はNPO会員さんのこちらおふたり。
十勝からいらした斎藤さん!と、
札幌からいらした斉藤さん!!
ダブルさいとうさんが担当してくれました

DSC_3305 (800x540)

後で聞いたのですが、この日、午後からは…
三笠の齊藤さんがやって来て、炭鉱の事をお話してくれたそうで…!!!
終了時間には、十勝の斉藤さんの奥さまが来て…!!!!

4人のさいとうさんが一緒にいたそうです。
奇跡的…
※写真がほしかった‥💦

明日も公開していますのでぜひ


明日(29日)と言えば…
マネジメントセンター石蔵で開催中の旧絵鞆小パネル展」は最終日です

DSC_3310 (1024x763) (2)

室蘭出身の方もたまにいらっしゃいます。

DSC_3312 (1024x768)

卒業生だったとう方にはポストカードやペーパークラフトをご購入いただきました
「炭鉄港」に興味を示してくださった方もいらっしゃいました!!

DSC_3311 (1006x743)

閉校となって使われなくなったこの円形校舎が、どのような状況にあるのか…。
ぜひ、このパネル展を通して、自分たちのまちにも残る歴史的建造物についても、関心を持っていただければと思います。
10:30~17:30まで!!

明日(29日)、マネジメントセンターで「旧絵鞆小パネル展」をご覧いただいた後のおすすめコースを考えてみました



まずはマネジメントセンターのすぐそば、
岩見沢駅舎構内有明交流プラザ2階
北海道教育大学岩見沢i-BOXで開催されている水彩画展↓↓

page-0001 (696x1024)
「淡く、揺らぐ」
こちらも明日(29日)が最終日!!
10:00~17:00まで!



こんな体験イベントもありますよ~
「チャレンジいわなびいわなびだめし!」

page-0001 (724x1024)

「作る」「知る」「踊る」「奏でる」‥など、様々な体験ができます
何かを始めたいな。という方、ぜひ興味のあるものを探してチャレンジしてはいかがでしょうか??
場所は岩見沢生涯学習センターいわなび
10:00~18:00まで。



駅周辺を見ていただいた後には‥
こちらはいかがでしょうか↓↓

赤電01

「赤電アート商店街」
場所はレストラン「大地のテラス」の敷地にある、赤い電車711系の車内での開催!
10:00~18:00まで。29日のみです!!



ちょっと足を延ばして‥
お隣の三笠へ行ってみませんか??

三笠では先日オープンした、「三笠高校生レストラン」

page-0001 (909x1280)page-0002 (903x1280)

※ランチのまごころきっちんは11:30~14:00
※デザートのシェリーは11:30~14:30
※エソールストアは9:00~18:00



奔別炭鉱のゲート公開は11:00~15:00までで‥

最後に夜はこれです↓↓

炭鉱の灯り2018A4-001

「炭鉱の灯り2018」
場所は旧唐松駅舎です。

キャンドル設置のお手伝いをして頂ける方は、17時にお越し下さい

見学の方は、18:30~20:30です。
おすすめの時間は19:30前後
しかも‥、満月の翌日なので、きっとお月さまがきれい


夜までに時間の余裕がある方は、
三笠市立博物館の見学や、
湯の元温泉、太古の湯で、ひとっぷろもおすすめです!!

さらに足を延ばして、美唄へ‥月形へ‥も、近いからイイですね

明日も岩見沢は30度になるよう!!

29日を満喫しましょ~
※水分補給もお忘れなく!!


(OLでした)

奔別炭鉱のゲート開放は明日から11回!!

2018/07/27 [Fri]18:26
category: 炭鉱の記憶
りじちょーの吉岡です。

今日の岩見沢は気温が30℃超え、暑くなりました
短い北海道の夏を楽しみましょう!


その楽しみ方の一つとして、「炭鉱の灯り」があります。
第一弾は、明後日7月29日(日)、三笠市の旧国鉄唐松駅。18:30〜20:30@唐松駅をロウソクの灯りで照らします。
準備からお手伝い頂ける方は、17:00唐松駅に直接お越しください。
ちなみに、第二弾は8月5日(日)夕張市石炭博物館、第三弾は8月12日(日)赤平立坑です!


さらにNPOから、夏のお楽しみプレゼントが!!
三笠市の旧住友奔別炭鉱で、夏休み中にドド〜ンと、11日にわたって、敷地を公開します。
この敷地公開が開催できるのも、現地係員としてご協力頂けるNPO会員の皆さまがいてこそです。ありがとうございます

1960年にドイツの技術を導入して建設された立坑を、敷地脇の間近な位置から思う存分眺めることができます。
もちろん、長さ100mもある国内最大級の貨車積みホッパーも、(今年からヘルメットを貸し出して装着した上ですが…)中を通って見ることができます。

明日7/28(土)からスタートして、7月29日(日)、8月4日(土)・8月5日(日)、8月11日(土)・8月12日(日)・8月13日(月)・8月14日(火)・8月15日(水)、8月18日(土)・8月19日(日)。
公開時間は11:00〜15:00
※8月13日(月)・14日(火)はマネジメントセンターは休みですが、奔別は開けます。

DSC_3292.jpg

trackback --   Comment (2)   編集

【赤平ガイダンス】オープンから2週間♪

2018/07/26 [Thu]17:01
category: 炭鉱の記憶
こんにちは!お久しぶりの赤平在住スタッフ、カニです
久しぶりに岩見沢のセンターに出勤しましたが、ここは涼しくていいですね~♪クーラーはありませんが、外気温より室内は数度低いという天然クーラーです

さて!わたくしカニが久ぶりの出勤となったのはもちろん、「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」がオープンし、そちらに勤務しているからなんです!

180726kani.jpg 

オープン当日の様子はこちらのブログで

▼【赤平】赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設オープン!▼

以前にもご紹介しておりますが、このガイダンス施設内のカフェ&お土産コーナーを私たちNPOでさせていただいており、カニは土日祝はガイダンスに勤務しております(=゚ω゚)ノ


こんな感じで、立派にカフェ店員をしております~!

この2週間はスタッフ不足などなどで平日はなかなか営業できていないのですが、土日はカフェをしております!
メニューはセンターと同じように今はドリンクのみで、コーヒーやカプチーノなどを飲むことができますよ(っ*^ ∇^*c)
今後は他にもメニューを増やしていきたいな~と思っています!

またお土産コーナーでは赤平名物「塊炭飴」はもちろん、かりんとうやシール、缶バッチ、ストラップなどのグッズも販売しております。こちらもまだまだ種類は少ないのですがこれから素敵な赤平炭鉱グッズを増やしていきますね


また、今のところ
「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」
の情報をWEB上では市役所ホームページ内で見ることができます!


営業時間、ガイド料などの詳細はフライヤーでもどうぞ!

180726kani2.jpg 180726kani3.jpg

また、最新情報は「赤平市地域おこし協力隊」のFacebookページでも更新されていますので、Facebookをされている方はフォローしてみてくださいね.゚+.(・∀・)゚+.


赤平の炭鉱遺産を堪能したあとは、ぜひカフェで一息ついていってください~!
ドリンクはテイクアウトできるようになってますので、お気軽にどうぞ(*´∀`人 ♪

赤平のスタッフかにより、赤平の近況報告でした
trackback --   Comment (0)   編集

旧永山邸と旧三菱鉱業寮

2018/07/25 [Wed]23:57
category: その他
札幌市にある、旧永山武四郎邸旧三菱鉱業の寮
中央区の札幌ファクトリーそばにありますが…入ったことがありますか??

先月リニューアルオープンし、レストランもできたそう。
ご存じの方も多いかもしれませんが、とっても素敵な場所なので紹介します


DSC_3238.jpg


まず、正面入り口から入って右側の木造平屋の建物。
こちらが、明治時代の北海道開拓の歴史に欠かせない人物のひとり、薩摩藩出身「屯田兵の父」とも言われた永山武四郎の私邸です。

DSC_3236.jpg

明治10年代前半に建てられた、和洋折衷上流住宅。
日本近代住宅史を考える上で高い価値を有しているそう

DSC_3234.jpg

とても大きな軟石(?)の階段が、庭に延びています。
まさに、歴史的建造物


そして、ひときわ目をひく、左側の若草色の洋館。
永山武四郎が亡くなった後、明治44年に三菱合資会社が永山邸の土地と建物を買収、昭和12年に三菱鉱業によって建築された建物で、重役が来た時など接待に使うクラブ。
三菱鉱業の寮として、長く使われたようです。

DSC_3239.jpg

こちらは二階建ての西洋建築。

どちらも無料で内部の見学可能なのです!!

早速、中へおじゃまします‥

DSC_3246.jpg

まず入った部屋では、永山武四郎や、建物についてモニターで紹介されていました。


そして、炭鉱経営、金属鉱業などを行った財を築いた三菱鉱業の説明パネルも展示されています。
三菱の創始者、岩崎弥太郎についてから‥!

DSC_3244 (1264x948)

北海道の炭鉱の始まりについても詳しく、端的にまとめられているので、わかりやすいです!


2階に上がると…

まず、ホールがステキなのです

_20180718_161714 (946x1280)

のんびり本でも読みたい雰囲気…。

小さなギャラリーがあって、丸い窓からの日差しがあたって、床にも丸い窓が

DSC_3256.jpg

ずっと居られる…!!


そして2階には広さの違う和室が3部屋。

DSC_3248.jpg
※こちら、一番広い、20畳・定員20名の和室で、縁側もついています。
窓から美しい庭が見えて、景色もいいです

しかも和室3部屋は、貸室としての利用ができるそう!!
この20畳タイプで、午前区分(9時〜12時)1000円、午後区分(13時〜17時)1200円、全日区分(9時〜21時)3000円という料金設定!
安い…!!しかも、机、プロジェクターなどの貸出も無料であるようです。
ここは何かの時、利用したい
※ご利用希望の場合は、注意事項や条件などありますので確認してくださいね!


そして1階にあるこちらが…

DSC_3265.jpg

和洋折衷喫茶ナガヤマレスト

懐かしさと新しさの融合がコンセプト。

DSC_3266.jpg

メニューはどれも美味しそう!!
お食事でおすすめとされていたのは、
牛100%ハンバーグビーフシチュー 1280円、永山邸カレー980円など…。

そしてここは、スイーツの種類が充実しています

週一くらい通って、メニュー制覇したくなりますが…
次にいつ来れるかわからないので、定番のチョコレートパフェ1080円を!!

_20180718_153930 (960x1280)

上にのっているのは生クリームではなくソフトクリームなので、あっという間にいけます…!!
それにしても、どうしてこんなにきれいな巻きなのでしょう?!
チョコムースやブラウニー、チョコクッキー、生チョコ、など、いろいろ入っているので最後まで飽きません

_20180718_161305 (1280x960)

歴史を伝え、生活を彩る。
文化財と和洋折衷喫茶。


ここは北海道開拓の歴史の中で、重要な価値ある場所。
そしてこの場所の良さを活かした、とっても素敵な空間となっています。

ぜひ一度、のんびりとした時間を過ごしに行ってみてはいかがでしょうか


HPはこちら⇒「旧永山武四郎邸 及び 旧三菱鉱業寮HP」


※7月28日(土)には、「旧永山邸庭園と永山記念公園のみどりを学ぶガイドツアー」が開催されるそうです!
詳細はHPのイベント情報からどうぞ


(OLでした)