FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

【赤平】7/14はガイダンス施設&火まつりへ!

2018/07/01 [Sun]12:06
category: 空知情報
こんにちは!雨でも元気に赤平推しのスタッフ、カニです
今日はじめじめむしむしですね~

さて!ついに7月に入りまして「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」の準備はかなり切羽詰まっております!もしかしたら詰まっているのは私だけかもしれませんが、とにかく大急ぎで準備中でございます(・Д・)ノ

そんな内容を先日のブログで紹介させていただきましたが…

ガイダンス施設オープン記事 

実はこの7月14日、そして翌15日は赤平でもうひとつ大きなイベントがあるのです。
それが
「あかびら火まつり」です~~!!

47himatsuriB2_A2.jpg 

ブログ読者の皆さんにはもしかしたらお馴染みのお祭りかもしれませんが、そうです!

IMGP5934.jpg 

赤ふんどしの男たちと法被姿の女たちがタイマツを手に市内を駆け回るという熱いお祭りなのです…!!
※去年の様子は過去のセンターブログで♪

このお祭りももちろん、赤平が炭鉱まちだったことに関係があるのですが…なんせアツいアツい物語がありまして…これを語り始めたらシリーズで1年くらいかかってしまうので、皆様にはぜひ
映画で見てみていただければと思います!
▼0からのRE-スタート▼


この映画は出演も制作も完全市民!というものすごい映画なんです。私も知っている人がたくさん出来て楽しいです(ノ∇≦*)
見た後は思わず「ヤマの火を消すな~~!!」と言いたくなりますよね。

ちなみに私カニは若い頃とある「ふんどし姿で踊るヨサコイチーム」に入っていたことがありまして、そのおかげでふんどしへの耐性はかなり高いです。センターに突然ふんどしの男性が現れても「夏ですね~」って言える程度に耐性があると思っています。

しかし!

火まつりの魅力はふんどしだけじゃないんです!!(当たり前ですけど)

■初日(14日)の見どころ

・楽しいステージ!
昼間はお笑いライブやキャラクターショー、市民パフォーマンスなど様々なステージが行われます。今年はアンパンマンも男性アイドルグループも来るんですね~!!
スケジュールはHPで見ることができますよ。

180701kani.jpg 
・赤平グルメ
会場内にはたくさんの出店が!写真は2014年の様子ですが、今年ももちろん赤平の新名物、鳥足をまるごと1本唐揚げにした豪快グルメの「ホットレッグ」ももちろん登場!そのほかにも市内から色々なお店が出店していますので、この機会に気になるお店で美味しいグルメを堪能してみてください!
ちなみにグルメの他にもゲームコーナーや制作体験、ふわふわドームなどお子さんも楽しめる会場になっていますよ!

・たいまつリレー
これがふんどしのヤン衆が走るものなのですが、市内3か所をスタートし、火まつり会場を目指すというものなのでコースの沿道でランナーを間近に応援できるんです!
中には小さい子どもが一生懸命走っていたりして感動しちゃいます(´ω`人)

180701kani2.jpg 
・ファイヤーストーム
たいまつを持ったランナーは会場に集結し、ファイヤーストームに点火します。これがもう大迫力…!!最初見た時は高く上がる火柱に「こんなに燃えて大丈夫!?」と思うほどでした。
しかしランナーたちが掛け声をかけながら会場を駆け回る様子はちょっとしたトランス状態を感じます!!

180701kani3.jpg
・火文字点火
会場で燃え上がったファイヤーストームから、選ばれしランナーがさらに火を持ってズリ山に設置された「火文字」に向かって走ります。ちなみにこの火文字は事前に実行委員会が山に設置しているのですが、この設置作業がかなり大変らしく…。そんな苦労を考えながら火文字を見ると想いも格別です。

180701kani4.jpg 
・火ょっとこ踊り
個人的に「火まつり」で一番面白い文化だと思っているのがこの「火ょっとこ(ひょっとこ)踊り」です。
火文字が点火されるとどこからともなく
「♪ちゃんかちゃんか、ちゃんかちゃんか…♪」
と阿波踊りのメロディーが流れ始めます。私が行った時はステージで生演奏でした。その音を聞いた祭り好きの市民がゾロゾロとステージに上がっていくんです…!!
「え、勝手に上がっていいの!?!?」と思っていたら、ステージの上の人も下の人もみんなで自由に踊り始めます。振付はありません。完全にフリーです。私がヨサコイをやっていた頃は「乱舞」と呼んでいた、好きに踊る状態です。
これは…まるで……和製ディスコ…!!!
今どき風に言うとクラブでしょうけど、我先にステージ(お立ち台)に上がって自由に踊る様子はなんだかディスコを彷彿とさせます。(でも音楽は阿波踊り風)
シャイな日本人って「自由に踊る」とかって苦手そうですけど、どうやら赤平人はそんなことないようです。外国人の方とかには絶対楽しいと思いますよこれ!!

■2日目(15日)の見どころ
・市民踊り「火噸節(ひっとんぶし)」
赤平市民はまた踊ります。ものすごく踊るの好きなまちですね!
これは市内の各団体が参加し踊りを競うものなのですが、その歌がまた豪華なんです!!なんと歌っているのはかの有名な民謡歌手、伊藤多喜雄さん!!ヨサコイ界では「南中ソーラン」の歌手として有名です。カニは南中が好きすぎてビデオ買いました。そんな思いのほかアップテンポで激しい踊りを会場内で輪になって踊る様子は大人の運動会!といった感じですよ。

180701kani5.jpg 
・オヤジバンド
ここの前までにも様々なステージがあり、そこからのいよいよクライマックスに向けて盛り上がってくるのがこの「オヤジバンド」なんです。ちなみにオヤジバンドが始まると会場はかなりの混雑状態になります。
推奨されてはいないのですが、敷物やイスを持ってきて場所を確保する人達もいるくらいです。またこの夕方頃から会場のお店はものすご~~~~く並びますので、事前に食べ物・飲み物は確保しておくことをおすすめします!
何グループかのライブがあるのですが、中でも矢沢永吉のコピーバンドのクオリティが高すぎると私の中で評判ですので要チェックです!

180701kani6.jpg 
・豪華すぎる花火大会
赤平の花火大会は、来た方が必ず「想像以上だった」と言うほど豪華です。というのも、会場の向こうにちょうど空知川が流れているため打ち上げ場所が会場の目の前なのです。そのため会場からは本当に目の前に降り注ぐくらいの距離で花火が見れるんですよ.゚+.(・∀・)゚+.
視界の全部が花火になるなんて経験、カニは初めてでした!!大興奮でした!!!
この花火大会のために遠方からくる方も多く、帰り道はかなり道が混雑します。もし時間に余裕があれば、少し時間をずらして帰ることをおすすめします。


…と、火まつりの紹介をさせていただきましたが…
なんと言っても14日は「炭鉱遺産ガイダンス施設」もオープンする日なのです!!つまり…炭鉱遺産も火まつりも同時に楽しむことができちゃう、ものすごい日になるということなんです!!
しかも週末は立坑やぐらのライトアップもしてますよね。つまり…

立坑やぐらと火文字焼きの写真が撮れる…!?
花火と立坑やぐらの写真が撮れる…!?

と角度の問題があるので分かりませんが、そんなチャンスもあるかもしれません。とにかく皆さん、今年の14日・15日は赤平に来ないと大損です!!
皆さんのお越しをと~~~~ってもお待ちしております~!!v(o゚∀゚o)v

カニでした

trackback --   Comment (0)   編集