FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

団臨「元気です 夕張号」前編

2019/02/03 [Sun]23:53
category: 空知情報
今年の3月31日に廃止となるJR石勝線の夕張支線新夕張ー夕張間

この路線は元々、北炭夕張炭鉱の石炭を運ぶため、明治25年、北海道炭礦鉄道(北炭)によって敷かれました。

そのため初代の夕張駅は、夕張炭鉱の選炭場近く(道道38号線から石炭博物館へ入る広い敷地あたり)にありました。
閉山後は駅舎の場所を現在の市民会館の裏に移転し、さらに平成2年、現在のホテルレースイ前に駅舎を移しました。

様々な歴史を持つ、夕張支線。。。

JR北海道が2月2日(土)に「今までの利用に感謝を込めて…」という思いの日帰りの団体臨時列車「元気です夕張号」を走らせました

車内特別ガイドとして、夕張石炭博物館館長であり、NPO炭鉱の記憶推進事業団の吉岡りじちょーが担当する事となり、私OLもサブ添(実際は乗ってるだけでした)で乗車させていただきましたので、当日の様子を紹介します!!


さて、この日の朝の岩見沢は…
旭川方面は吹雪とのことで、特急が止まっているという、出足からちょっと心配な天気模様

DSC_4174 (800x520)

普通列車の岩見沢発札幌行きは無事出発し、集合場所の「鐘の広場」へ到着!!

DSCN6498 (800x577) (640x462)

朝の7時半で、すでの多くの参加者が受付を済ませていました
遅刻したら置いて行かれますからね〜!
でも、90名の募集参加者は、誰一人遅れてませんでした。
発売と同時にすぐ完売となった、大人気の企画なのです。
さすが


3番線に「元気です 夕張号」の文字が…!

DSCN6501 (800x596)

行きのコースは、札幌(8:08発)~岩見沢(おもてなし企画あり)~追分(おもてなし企画あり)~夕張(11:27着・黄色いハンカチで市民がお迎え)
これは、幌内鉄道〜室蘭線〜追分経由で夕張線…という、鉄道ファンにはたまらないコース(?!)

しかも…、
3両の列車がこれです

DSC_0000_BURST20190202075833900 (800x581)

なんと、かわいい、ラッピング
当初はこの「北海道の恵み」シリーズの1号車「道北 流氷の恵み」、2号車「道央 花の恵み」の2両編成の予定だったそうですが…

DSCN6512 (800x593) (640x474)

人気が高く、定員を増やして3号車「道東 森の恵み」も追加となったそうです!

DSCN6506 (800x587) (640x487)

1両ずつで北海道内を走っているそうですが、この3両が連なって走るのは、今までにない事のようです。
きっと、各地で撮り鉄がいるよ〜!と聞いてましたが、、どうなのでしょう


いよいよ出発して、
車掌さんがご挨拶された後には、
吉岡りじちょーによる、沿線ガイドの始まり〜

DSC_4181 (640x469)

JRから制服もお借りしたそうで、違和感ないです!
このような体験、なかなかない事ですよね。りじちょーは、それはそれは楽しそうにガイドしていました

DSCN6524 (800x592)

JRさんが用意された、本日の行程、マップが配られました。
手書きがいいですね〜

DSCN6520 (640x427)

お弁当も特別仕様!!

DSCN6528 (640x480)

このお茶、知ってます??

DSC_4188 (513x640)

よく揉んでお茶を出すんですよ〜

そうこうしているうちに、あっという間に岩見沢到着

-- 続きを読む --