FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

20日のぷらぷら美唄は盛りだくさん!!

2019/10/18 [Fri]21:24
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
14日のぷらぷら岩見沢(朝日)は、今季最多の55名の方にご参加いただきました!!

DSC_5408 (1024x737)
朝日町の歴史や今を感じていただけたものと思います。
皆さま、ありがとうございました



さて、今週末は、、(19日はありません)
20日(日)美唄「祝!日本遺産☆蘇る炭都・美唄/東明編」

集合は13時、美唄鉄道の旧東明駅舎
57 (1024x762)
ガイドはNPO運営会員で前美唄市長の、髙橋幹夫さんです
国鉄から美唄鉄道に分岐していた辺りに住んでいて、美唄鉄道の思い出もある髙橋さん。
今年と4年前の2度、NPO企画のドイツ、ルール地方の炭鉱視察にも参加され、多くの炭鉱施設や炭鉱跡の見学もされています。今の美唄のまちや炭鉱跡の様子と比べて、思うところがいろいろあるかも‥

そして…
今回のぷらぷら美唄は、内容が盛りだくさ~~ん!!

ポイント①決まった日しか公開してない日本遺産構成文化財、東明駅舎の内部見学ができます!

ポイント②映像で振り返る東明地区、東明駅保存会の皆さんからのお話もあり!

ポイント③実物を見た事のあるひとはほんの一部、「人民裁判の絵」登場!!
「人民裁判の絵」とは…昭和25年に制作された絵画。戦後労働運動の象徴的な事件として知られ、労働条件の向上を求める三菱美唄炭鉱労組が、市内の宮ノ下会館で幹部職員を36 時間にわたって拘束した大衆団交の様子を伝える記録画です。
こちらも日本遺産認定されています。実物を目の前で見る事ができるとは…
これは滅多にない機会です!!

ポイント④落合地区の炭鉱住宅などを、町内会の方たちも合流してご案内!!

ポイント⑤東明駅にあるSL、4110形式十輪連結タンク機関車2号は、製造されたのが1919年。という事は、なんと今年が…100歳
こちらも日本遺産!!みんなでお祝い企画、ありますよ~

そして…当日の天候や状況によりますが、希望者には美唄竪坑櫓へのご案内などもあるかも

これは貴重な一日となりそうです!!


※尚、当日は「炭鉄港ブックレット」と「立坑タオル」の特別販売と、ご希望の声が多かった「炭鉄港構成文化財一覧」の用紙配布もします↓↓
構成文化財一覧

皆さまのご参加、お待ちしております

trackback -- comment --   編集