FC2ブログ

そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

明日から通常営業します

2020/03/31 [Tue]12:58
category: マネジメントセンターについて
この度は臨時休館に伴い、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

コロナウィルスは、まだ収束しておりませんが、
できる事を十分に気をつけながら、そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターは、明日4月1日(水)から通常開館いたします。

尚、今後の状況次第では営業日・営業時間の再検討をさせて頂く場合もございます。

新年度のイベント等についても、状況をみながら、決まり次第ご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


trackback -- comment --   編集

「炭鉱(ヤマ)の理容所」写真展

2020/03/25 [Wed]17:03
category: 炭鉱の記憶
本日より開催の写真展のご案内です。

炭鉱(ヤマ)の理容所
佐藤哲也 写真展
開催期間:2020年3月25日(水)~3月30日(月)
場所:新さっぽろギャラリー
佐藤さん写真展01

佐藤さん写真展02

佐藤哲也さんは長沼町在住の方で、
たまたまご縁のできた美唄市南美唄地区の理容所に通い撮影をし
写真集として出版されています。

今回の写真展は、昨年2019年に東京の
ニコンプラザ新宿THE GALLERY 2で開催した個展から
約30枚を展示しているそうです。

会場的には人が密集している感はないとのことなので、
予防対策をしつつ
是非ご覧になって下さい。
m(_ _)m




trackback -- comment --   編集

夕張市石炭博物館で働いてみませんか??

2020/03/23 [Mon]18:02
category: 石炭博物館
昨日は天気が良かったのですが、、
今日は午後から雪が降ってきた、夕張市石炭博物館周辺。
DSC_6142 (1024x768)
やはりこの辺りはまだ雪深いです‥💦

現在は冬季休館中ですが、スタッフは館内で作業している日もあります。
DSC_6138 (745x1024)
窓から見える立坑‥!!

ただいま、夕張市石炭博物館4月25日(土)オープン予定で準備を進めています!!
※模擬坑道の再開については目途がたっておりません。ご了承願います。

そこで‥
「夕張市石炭博物館で働く方を募集してます」
開館、閉館作業、受付、案内、などの館内業務となります。
4月16日から11月13日までの週2〜5日勤務で、ご相談に応じます。
※土・日祝のみの学生さんもOK

石炭博物館に興味のある方、夕張で働いてみたい方、空いた時間にちょっとパートで来たいお近くの方、年齢、経験、問いません!まずはぜひお問い合わせください!!
博物館で一緒に働いてみませんか

詳しくは、夕張市石炭博物館までご連絡ください!!
TeL0123-52-5500
メール infocm@soratan.com

お待ちしております!



trackback --   Comment (0)   編集

FMはまなすでインターンシップ

2020/03/19 [Thu]14:23
category: マネジメントセンターについて
北海道にだされていた「緊急事態宣言」が、本日で終了となります。こう聞くと、ちょっとホッとした気持ちにもなりますが、、、明日からの三連休を含め、引き続き予防対策を継続するよう求められております。私たちも心掛けなければなりませんね‥!!

※マネジメントセンターは、今月末まで週末臨時休館は変わりません。3月の開館は本日と来週の25、26、27日となります。ご了承願います。

最近のご来館者は、ほぼ顔馴染みの方‥。
そんな中、昨日は岩見沢のコミュニティFMはまなすにインターンシップで職場体験に来ているという学生さんが、はまなすの職員さんと一緒にマネジメントセンターをご訪問…!!

市内で活動している団体や市民にインタビューをして、編集作業後にラジオで流すそうなのです。
質問された内容は、「炭鉱の記憶」の活動や、「マネジメントセンター」の役割についてなどの他、今この時期なので‥コロナウィルス対策は?日常困っている事や影響は??などでした。
20200318_115125898 (1016x660)
インターンシップにきているというその学生さんというのが、、、
なんと、札幌国際大学観光学部に在籍しており、しかも、当NPOの吉岡りじちょーの講義を受けていたそう!(新年度もりじちょーの講義を受けようと思っていたのに…と残念がってました)

さらに!!
お母さんが、子供の頃、美唄に住んでいたそうで、
お祖父さんは、美唄で炭鉱マンだったとの事!!
お祖父さんは亡くなられていて、炭鉱のお話など聞いた事はなかったそうですが、「空知の炭鉱の歴史」に興味を持ってくれたようです!!

「一族にひとりは炭鉄港」
空知関係者は家族や親戚を探すと、高い確率でひとりくらいは、炭鉱、鉄道、鉄鋼、港湾に関係する仕事に就いていた方がいる!!
(あなたの周りにもいらっしゃいませんか??)

最後に記念撮影
IMG_20200318_121438 (1024x658)
揃ってマスク姿だと表情もわからず、ちょっと異様な雰囲気に見えますが…
ファイターズやプロ野球についての事で話も弾み、とってもなごやかなインタビューでした

ご来館ありがとうございました!


trackback --   Comment (0)   編集

缶バッチ「グリュックアウフ」新登場!!

2020/03/13 [Fri]14:11
category: マネジメントセンターについて
ブログでも度々紹介させていただいておりますが、、、かつて日本の炭鉱労働者がドイツの炭鉱の技術習得を目的に、ルール炭田へ派遣されていた時期がありました。1957年から5年の間に第1陣から5陣まで、総勢436名。
空知の炭鉱からも、人格、知力、体力、技術力などに優れた若い炭鉱マンが選ばれてドイツへ派遣されていたそうです。

異国での仕事・生活、派遣目的と現実とのズレ、帰国後に思う事など‥様々なご苦労があったようです。
※詳しくはマネジメントセンターにこのような書籍があるのでぜひ↓↓
DSC_6120 (1024x724)

日本の炭鉱で働く炭鉱マンたちは「ご安全に」とう言葉を挨拶として交わしていたそうですが、ドイツの炭鉱でも同じく挨拶として使っていた言葉があったそうです。
それは‥「GLÜCK AUF」 「グリュック アウフ」です。
もともと鉱山の地下に下がって行く鉱員に対して無事を祈るドイツ鉱山伝統の挨拶語であり、鉱山人の日常挨拶用語となっていて「無事に上がってこいよ」という意味として使われます。

ドイツへ渡った炭鉱マンたちも「グリュック アウフ!」と言葉を交わして、お互いの無事を願っていたのです。「グリュック アウフ」には仲間を思いやる深い思いと、強い絆を感じます。。

さて、マネジメントセンターではこの度、オリジナル缶バッチ「グリュック アウフ」を新発売します!!
DSC_6111 (1024x783)
※NPO会員さんが企画・製作してくださいました。
三色展開で、ひとつ385円です。

トートバックにつけたり、ネームホルダーにつけたり‥用途はいろいろ。
ふと缶バッチを見た時に、周囲のひとを思う気持ち「グリュック アウフ」を思い出して、優しい気持ちになれたらいいな…と思います。


trackback --   Comment (0)   編集