そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

大盛況!ぷらぷら上砂川

2012/11/06 [Tue]10:15
category: 炭鉱の記憶
11月3日文化の日は「晴れの特異日」とよく言われますが…
週末になると天気が崩れる昨今、やっぱり雨でした…

が、当NPO・上砂川町での初めてのイベント「ぷらぷら上砂川」にはなんと



50名を超える参加者が!!

三井砂川に勤めていた方、
上砂川出身の方、
町民の方、
炭鉱遺産のファンの方、初めての方もおなじみの方も!

ご案内はもちろんこの方。
三井砂川炭鉱最後の鉱業所長、藤井農夫也さんです



ぷらぷらならぬ、ぞろぞろ上砂川ですね。
道行く車も何事か?と振り返っています。


ルートは敷地内にあった松の木だけが残されている鉱業所からここに炭鉱があった証、
「上砂川炭山郵便局」(現役です!)を見て、町立診療所はもともと炭鉱病院だよ~というような話をしながら歩きます。
このあたりは「本町」。まさに炭鉱の中心施設が集中していたのがはっきり分かります。
あ、でも「ほんちょう」ではなく、「ほんまち」と読むんですよ!このあたりでは珍しいですね。
あまり写真がないのをお許し下さい。
なんせ50名もいらっしゃるとは思っておらず、スタッフ一同わたわたとしていました…



その後山神社の参道と小学校の跡を見て、一坑の坑務所跡にある標語塔のところへ…
おなじみの標語塔は三井の社是で、当時は水力採炭のモニターが上にのっかっていたとか。
その標語塔を建てたのは、藤井さんの時代!



記憶がどんどん蘇ってきます。
みなさんも藤井さんのお話にじっと耳を傾けます。



そして、皆さんお待ちかね「無重力科学館」「かみすながわ炭鉱館」の特別開館です!
この日のために、発電機と照明を持ち込んで、町役場の方々が対応してくださいました。
本当にありがとうございます。



三井砂川の象徴、水力採炭の展示もバッチリあります!
みなさん、本当によろこんでいました!



最後になんとなく思いつきの記念撮影を
みなさん充実の笑顔ですね!

まだ白煙をあげるズリ山や、美しい立坑、そして一町一山の結束力が残る上砂川。
これを機に、これからも上砂川の魅力を見つけていきたいです!
ご参加の皆様、上砂川町役場のみなさま、そしてご案内の藤井さん、本当にありがとうございました!
関連記事
trackback --   Comment (1)   編集

この記事に対するコメント


悪天候の中、砂川の残党の繰り言にお付き合い頂き、有り難うございました。この催しを企画、支援頂いた皆さん、有り難うございました。
明けて5日、秋晴れ快晴、岩見沢のマンション6階から360度のパノラマ、東に富良野西岳、芦別岳、夕張岳の夕張山地の、北に暑寒別連峰、増毛山地の1000メートル超の峰の白銀に輝くを楽しみました。
その麓の探鉱遺産に思いを馳せる一時でした。

【2012/11/06 11:06】
URL | 藤井 農夫也 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する