そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

第一回札幌500m美術館賞

2012/11/21 [Wed]19:08
category: スタッフのつぶやき
夏に「アーティストイン夕張」で夕張に滞在したアーティスト、永岡大輔さん。
「第一回札幌500m美術館賞」グランプリに輝きました!!

500m美術館は、札幌の地下鉄大通駅からバスセンター前駅を結ぶコンコースにある、細長ーい美術館。
現代アートを常設展示しています。
このたび、「第一回札幌500m美術館賞」のコンペが開催され、永岡さんは夕張で滞在した経験から生まれた作品《7Swans》で見事グランプリに輝いたのです!

松本力さんとペアで夕張に滞在していた時には、地域に深く寄り添い、丹念に地域の人々の心を開いていった永岡さん。
その時、彼が制作していた作品は人々の「朗読」により生まれるものでした。
なかなか思い通りにいかない面もあったでしょうが、今回の受賞を知った地域の皆さんが喜び、そしてゆうばり映画祭で再訪することを楽しみにしている様子をみると、彼らの作品はもしかしたら地域の人々の中にこそあるのかも…と私は思っています。
今回の作品は、夕張での滞在制作経験を下敷きに作られた、札幌と夕張という対照的な二つのまちを意識したアニメーション作品のようです。
素晴らしい評価を受けたことをとても嬉しく、誇らしく思います

これから2月の発表に向けて作品制作を進め、500m美術館のガラスケース7基、全長84mで展開するアニメーション作品が生まれる予定です!
先日は関係者の皆さんの市内視察に同行させていただきました



(夕張リゾートさん、お世話になりました!)

2月の発表の際は、シンポジウムもあるので、ぜひチェックしてくださいね。
審査員の講評など、詳細はこちら
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する