そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

札幌国際大学でアートプロジェクトのお話をしてきました

2012/12/05 [Wed]17:45
category: マネジメントセンターについて
札幌国際大学の井上先生に招かれ、奔別アートのらいだぁ&清水沢アートのけんきゅーいんの二名、観光学部の学生さんの前でおしゃべりしてきました!

ふだんは小学生相手が多いらいだぁ、大学の雰囲気に背筋が伸び気味です。
一方のけんきゅーいん、実はこちらの大学院の出身。久しぶりの母校訪問となりました。

おじゃましたのは「イベント演習」という授業。
道内各地で行われているイベントについて調査し、地域活性化のヒントを探る授業のようです。
奔別アートプロジェクトや室蘭で開催された全国工場夜景サミットなども見学に訪れ、その発表もありました。
まさに現場が彼らの教室なのです



まずはじめに、3組の学生さんたちによる三笠と室蘭の報告を聞かせていただきました。
いやー今の学生さんたちはすごいですね。
発表といえば、パソコンを使ったプレゼンテーションです
発表したのはすべて1年生でしたが、内容や発表のやりかたもとても上手。
準備に相当時間をかけたんでしょうねーと井上先生に聞いてみたら、なんと前日にリハーサルまでやったそう
とてもいい発表を聞かせていただき、ありがとうございました!

さて、いよいよらいだぁ。
学生さんたちが実際に見学した奔別アートプロジェクトの準備から開催に至るまで、かなり詳しく舞台裏を紹介していきました。



お次はけんきゅーいん。
今年入学の学生さんたちは、新入生研修で夕張に行ったそうです。
準備で失敗した部分、そしてプロジェクト後の地域との関わりについて紹介しました。



そのあとはフリーディスカッション。
結構活発な質問が飛び交いました。
なかには「お二人から見た岩見沢の魅力は?」なんて質問も…。



私たちにとっても、有意義な時間でした。
井上先生、国際大のみなさん、ありがとうございました
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する