そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

鉄道博物館に行ってきました

2013/03/04 [Mon]17:43
category: スタッフのつぶやき
先週の週末、ちびけんきゅーいん(6歳)と埼玉県の鉄道博物館に行ってきました!

三笠鉄道村、小樽市総合博物館と、北海道の鉄道モノは既におさえているちびけんきゅーいん
国内最大級の鉄道博物館はいかに?と思ったら案の定館内の貴重な展示車両よりも、近くを走る湘南新宿ラインや新幹線の方が興味があるようで、まったく館内はスルー
しょうがないので、けんきゅーいんが見つけた空知ゆかりの列車をご紹介します



まず見つけたのは、「PORONAI RAILWAY OF HOKKAIDO」!幌内鉄道で使用されていた車両でしょうか。
なんと「開拓使」の文字が。



それを牽引しているのは「弁慶号」!
(すいません、ちびけんきゅーいんを追いかけ回すのに必死で解説は詳しく読んでいません。。。)



12時からは転車台に載ったSLが回るというアトラクションが。



おやよく見ると…「岩」の字が…
「C57 135」昭和50年12月14日に、長万部ー岩見沢間を「国内最後のSL」(※旅客営業運転)として走った機関車です。



貴重な遺産として、大切に保存されているんですね。
多くの子供達から歓声を浴びて、ゆっくりと「C57 135」は一回転しました。



おみやげは鉄道博物館限定「石炭あられ」
形がリアルに石炭です。
ちなみに「燃える石炭あられ」という真っ赤なあられもありました。
カマの中で燃える石炭をモチーフにするとは…石炭のお膝元の空知もびっくりです!
多くの子供達が、大きなSLを動かしていた石炭にも興味をもってくれると嬉しいですね
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する