そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

【前編】みんなでズリ山に階段をつくりました!

2013/07/01 [Mon]18:46
category: 炭鉱の記憶
6月29日(土)、清水沢ズリ山の整備作業をやりました
朝現地に行ってみると…



もうさつき町内会のみなさんによる草刈りが終わっていました(早!)
実はみんなの作業前に終わらせたほうがいいだろうというお申し出が。
さすがです!



80名ほどのみなさんが集まり、まずは札幌市立大学看護学部の学生さんによる、準備体操…
その後、「階段づくり」「階段メンテナンス」「ベンチづくり」「料理」の4班に分かれて作業を開始!



各班、作業のリーダーの呼び方は、炭鉱らしく「先山」さん。
料理のリーダーは、先山さんのなかで唯一、札幌国際大学の学生さんが務めてくれました。
説明がんばってます!



清栄生活館でのカレー作りは、町内会のお母さんたちと。
カレーのルウを刻むんですね、なるほど…





階段作りやメンテナンスは小学生から元炭鉱マンまで、多くの方が力と知恵を合わせてがんばりました。




ベンチチームは去年から温存しておいた木枠を組み立てて、防腐塗料を塗って。
どんなのができるんでしょう?ワクワク…


明け方は寒いくらいだったのですが、太陽が高くなるにつれどんどん日差しがきつくなってきました。
それでも風はさわやか。
そんなところで「ごはんができたよ~」
まちにまったお昼ごはんです!


(つづく)
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する