そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

【後編】みんなでズリ山に階段をつくりました!

2013/07/05 [Fri]14:10
category: 炭鉱の記憶
間が開いてしまいましたが、ズリ山後半です!



お昼ごはんはカレーライス(食べかけですいません)
今年も甘口のカレーライス。お代わりの行列ができました

P1360961 のコピー
(森大輔さん撮影)

お料理班の勇姿!

P1360967 のコピー
(森大輔さん撮影)

その後、さつき町内会の海沼会長とけんきゅーいんとのトーク。
いつも海沼さんとは雑談したり、色々なことを教わっています。
今日は炭鉱のことや、現在の町内会のことを中心に伺いました。



午後からはまた作業開始。
階段の方はだいたい終わっていたので、ベンチの塗料塗りがメインになってきました。
あれ…ずいぶんと形が…



最後は皆でズリ山の上へ。
少し頂上のベンチ班ががんばって塗料を塗ってくれている間に、今回宮前町から参加してくださった綿引さんから、清水沢炭鉱の解説をしていただきました。
綿引さんは清水沢・夕張新鉱では支柱員として、その後真谷地炭鉱に移り、運搬員として勤められました。
「坑内のことならなんでも聞いて!」という力強い言葉。


(石川成昭さん撮影)

ついに作業終了!頂上にベンチができたので、そこで飲み物でも飲んでね、という意味を込めて「かんぱーい」で労を労いました。



お約束の記念撮影はこの方室蘭からわざわざ駆けつけた炭鉱の記憶公式カメラマン?のもり氏が…

P1360990 のコピー
(森大輔さん撮影)


ハイチーズ!

P1360991 のコピー
(森大輔さん撮影)

もう一つおまけ!



その後みんなで宮前浴場に行き、汗を流しました。

P1370017 のコピー
(森大輔さん撮影)



みんなを見送った後、ズリ山に登ってみましたよ。
長くなった階段と、3ヶ所に置かれたベンチ。
さつき町内会のみなさんが、粋に残したルピナス。
あすからまた静かなズリ山に戻りますが、
こうやって、まちを眺めながら、ゆったりとしたひとときを過ごすことができる場になったのは感無量です。



みなさま、おつかれさまでした!そしてありがとうございました!
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する