そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

話題のテレビ番組「壇蜜古画」

2013/08/09 [Fri]18:58
category: メディア情報
いま、北海道テレビ放送(HTB)で、毎週木曜の深夜に放送されている番組がひそかな話題になっています
タイトルは「壇蜜古画」だんみつのいにしえ
これまで、2回放送されています。

どんな番組かというと、道内各地にある、今は廃墟と言われるようになってしまった、でも歴史的に貴重な建造物
や記憶に残しておきたい場所を巡り、
当時の面影や現在の状況を、映像に合わせて、壇蜜さんがはかない声でナレーションを担当しているという…
今までにはない、ちょっと不思議な感じで産業遺産を紹介しているものです

1回目に取り上げられてのは、道東の阿寒にあった「雄別炭鉱」
雄別炭鉱病院で医師をされていた事のある作家の渡辺淳一さんが、当時の様子を語っているシーンもありました。

そして2回目の昨日は、美唄の「沼東小学校」でした。

沼東小学校

↑この画像は、今から10年程前に撮影されたものです。

三菱美唄炭鉱の地区にあった円形の小学校で、2棟あった校舎のうち1つが今もひっそりと残っています。
校舎内の中央部には螺旋階段がある珍しい造りで、少し離れた場所には体育館の骨組みも残っています。
建造物としては一見の価値あり。というもの…。
※現在立ち入り禁止のようです。

そして、次週3回目は8月15日、場所は夕張の「清水沢火力発電所」です。

清水沢発電所内部

↑こちらは内部の様子です。

一昨年の秋、清水沢アートプロジェクトとして会場になった場所で、現在も「清水沢アートプラント」として、内部公開をしています ⇒ 清水沢アートプロジェクトHP

どのような放送になるのか…とっても気になるところです。
楽しみですね

詳しくは、HTB放送 ⇒ 壇蜜古画
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する