そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

美唄の東明地区をぷらぷらしてきました

2013/08/12 [Mon]15:46
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
昨日美唄東明をぷらぷらしてきました~
参加者は10名
IMG_0666.jpg
見知った顔が多いですね
アルテピアッツァを出発してまずは落合会館
IMG_0610.jpg
炎天下ではないもののムシムシした天気、暑いです
次は美唄鉄道の東明駅、この日は保存会のみなさんが特別に開けてくださいました
IMG_0621.jpg
待合室だけではなくてバックヤードも見ることができます。
IMG_0636.jpg
北海道銀行の1967年のカレンダーを見つけて、オレの生まれ年のだー!とカメラに収める人あり、

IMG_3555.jpg
看板に書かれているとおりに「ご自由にお座りになる」人あり、

IMG_0662_20130812144955b75.jpg
この炭住は二戸に見えるけど実は一戸だ、いや二戸でしょーと確認する人あり、

IMG_0668.jpg
こんなものあり、

IMG_0618_20130812145644bcb.jpg
とても自由なぷらぷらとなりました。
最後は日本理化学工業さんが美唄工場として使っている三井美唄第2坑診療所へ。
IMG_0674_201308121459582e4.jpg
かねてからなぜここがチョークをつくる工場になったのか疑問だったのですが、閉山とともに炭鉱のまちから福祉のまちにしようと時の市長が誘致したのだと分かりました

暑い中、がっちり歩くこと2時間。
ご参加いただいたみなさまありがとうございました
まだまだ続きます、ぷらぷらシリーズ。
次は8/18にてくてくアルテ、魅惑の我路
そして8/24はぷらぷら江別。
またブログにてご案内しますね
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する