そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

三弦橋を見るのは今…!

2014/03/15 [Sat]17:00
category: 炭鉱の記憶
夕張にある「三弦橋」を知っていますか


アイヌ語で「本当の」を意味する「シ」と、
「鉱泉の湧出する所」を意味し夕張の語源となった「ユーパロ」
2つの言葉から成る「シューパロ湖」

ここに架かる三弦橋が、シューパロダム建設とそれに伴う試験湛水によって、
4月下旬には水没してしまうんだそうです。


DSCN0490.jpg

第一橋梁から第六橋梁まであり、その中で最も長いのがこの第一橋梁でシンボル的存在です。

DSCN0491_20140315160306e9c.jpg


かつて炭鉱で栄えた大夕張に、木材輸送のため開通されたという
下夕張森林鉄道の鉄道橋である、この「三弦橋」
マネジメントセンターでも、特集を読むことができますよ

IMG_5253.jpg


IMG_5251.jpg


IMG_5252.jpg


そんな中、夕張市のホームページでは
試験湛水が開始されたとの情報が掲載されました。

なんと、3月4日以降、ダムと管理棟の一部を解放して
見学ができるようになっているとのことです。

そして…交通手段がない!という方には、札幌の旅行会社「北海道オプショナルツアーズ」で企画されている、札幌発着のバスツアーもおすすめです → ~橋梁の専門家と行く夕張~ 水没する三弦橋・旭沢橋梁 シューパロダム探訪

この構造の橋梁は世界的にも大変貴重なもので、多くのファンから惜しまれる声が上がっています

今を逃すと二度と見る事ができませんよ…!!
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する