そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

石炭とくまさんの絵本

2014/03/16 [Sun]17:26
category: マネジメントセンターについて
マネジメントセンターで閲覧いただける本に
今日から絵本が仲間入りしました♪

題名は「せきたんやのくまさん」
IMG_5256.jpg



イギリスが舞台で、主人公は石炭屋さんを営む、くま

IMG_5268.jpg



それでは、中をちょっとだけご紹介します。
はじまりはじまり~

IMG_5257.jpg


これが、くまさんの仕事道具。
どさんこのような馬と、荷車と、たくさんの石炭

IMG_5258.jpg


石炭屋の朝は早い…けど、まだ、おやすみ中のくまさん
人間の世界で働くくまさんなので、ちゃんとベッドで寝起きします!
絵本ならではの、ほんわかした雰囲気がいいですね~

IMG_5259.jpg


あ、くまさんが仕事に出かけました。


IMG_5260.jpg

「TEDDY BEAR,COALMAN.」というのが社名?


IMG_5265.jpg


くまさんは、石炭を奥さんの家の石炭置き場に、投げこみました
本文に「どかん!」と石炭を投げこむ音が、繰り返し出てきます。



IMG_5264.jpg


それから もうひとふくろ。 どかん!
それから もうひとふくろ。 どかん!


子どもと一緒に、投げ込む音を真似しながら読むと楽しそうですね♪



さあ、一件目が終わったら、次のお宅へ向かいます…

IMG_5261.jpg


仕事が終わるころには夜
家に帰ると、石炭屋のくまさんは、石炭の燃える火であたたまり
お茶を飲んでのんびりします。

IMG_5266.jpg

私、石炭が使われているシーンのある絵本は初めて見ました
イギリスの家庭では、こんな風に石炭が身近だったのかもしれませんね。


大人が読んであげるなら3歳の子どもから、
自分で読むなら、小学校初級向きの、この絵本。
石炭が生活になじんだ町を舞台としたストーリーで
「石炭ってなに?誰が、どこで使うの?」
ということが、自然に分かります

絵もとってもかわいくて、
繰り返しのリズムがおもしろく、おすすめです。
ぜひ、お子さんと、生徒さんと、読んでみてくださいね


「せきたんやのくまさん」

フィービ と セルビ・ウォージントン/作・絵
いしいももこ/訳
1987年発行
発行所:福音館書店
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する