そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

北海道炭鉱遺産紀行(美唄市)

2014/03/21 [Fri]17:11
category: 炭鉱の記憶
自由広報センター(株)から発行されている「われら北海道」
炭鉱遺産を取り続けている写真家KEN五島さんの連載が始まりましたよ~!!と、先日のブログで紹介しました
⇒ 3月1日ブログ記事

今回のシリーズ②は美唄です。
美唄炭鉱立坑巻揚櫓と我路神社

大正12年に建てられたもので、現存する北海道の立坑の中では幾春別炭鉱錦立坑櫓の次に古い貴重なものです。
現在立坑のある場所は炭鉱メモリアル森林公園として周辺も整備されており、原炭ポケットや開閉所、坑口などが残ります。
※冬は車で行けません~

ken1_20140321162911440.jpg

なんと、2月のマイナス20度を下回る真夜中に撮影したという五島さん!!
たくさんの星が降ってきそうな、とてもステキな写真です…

雪の我路神社も神秘的…

ほしい方は発行所の㈱自由広報センター
電話011-261-7090へお問い合わせください。
定価310円です!

マネジメントセンターに1冊いただきましたので、見たい方はどうぞお声掛けくださいね



そんなKEN五島さんから、数点の炭鉱遺産の写真を寄贈していただき、こちらの写真↓をセンター内に飾りました

ken2_20140321163040e6a.jpg

今年も何かと注目されそうな「奔別立坑櫓」ですよ~
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する