そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

札幌の地下に、赤平の世界が・・・

2014/07/23 [Wed]15:40
category: アート
札幌国際芸術祭が、ついに始まりましたね
まだすべての会場はまわりきれていませんが、この間の休日には、
チ・カ・ホ、北海道庁赤れんが庁舎、500m美術館に行ってきました

そして500m美術館に出現していたのが、こちら

image (5)

上遠野 敏先生の作品
20世紀の肖像(炭鉱の記憶)です

image (4)

金箔を貼った動植物のモチーフと一緒に設置されているのは、
なんと・・・赤平市炭鉱歴史資料館の収蔵品です


image (7)


image_201407231402465c7.jpg


image (1)


赤平炭鉱の「閉山対策本部」の看板は、道行く人の目を引いていました。
札幌に住む若い人は、石炭産業を知らない人もいるかも
展示を見ながら「炭鉱?」と首をかしげる学生さんもいました

image (11)

500m美術館の展示は9月28日まで
会期中、昔の赤平の世界を、札幌のまちで垣間見ることができます
お客さんは何を感じてくれるのでしょうか?

image (9)

-------------------------------------

札幌国際芸術祭2014
500m美術館企画展示
「北海道のアーティストが表現する『都市と自然』‐『時の座標軸』‐」

会期 : 2014年7月19日(土)~9月28日(日)
時間:10:00~19:00

会場:札幌大通地下ギャラリー500m美術館
住所:札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目
(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)
時間:10:00~19:00

HP: http://500m.jp/
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する