そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

写真集で北海道らしさを発見

2014/11/14 [Fri]16:07
category: 炭鉱の記憶
昨晩から、道央では各地で雪が降り始めました!
岩見沢も雪模様です
とはいえ、どか雪も、一つの岩見沢らしさですよね


さて、先日、札幌の本屋さんで、こんな写真集を発見しました

IMG_1411_2014111413324030f.jpg

「表出する写真、北海道」
NPO法人 北海道を発信する写真家ネットワークさん主催で、
9月2日~21日に開催されていた写真展の、記録集として出版されています。
以前、北海道新聞にも大きく取り上げられていたんですよ
展示を見に行けなかったので、本が出て嬉しい

帯にも書かれている、
「田本研造以降143年間の北海道写真84点」
がこの写真集の、見どころです。

田本研造さんといえば、開拓使の命によって1870年代から北海道開拓事業の記録写真を撮り続けた人。
写真集では「北海道開拓以来」に焦点を絞り、その歴史・風土の特徴や変化を捉えた写真が掲載されています。

IMG_1412_20141114133242dff.jpg


北海道らしさって
ということを考えなら、ページをめくっていると・・・

IMG_1415_20141114133245cb5.jpg

夕張新炭鉱など各地の産炭地を撮影している、荻原義弘さんの写真が

IMG_1418_20141114133303474.jpg
(マネジメントセンターでは、荻原さんの写真集がご覧になれますよ~)


そして、ピンホールカメラで被写体を捉えた、浅野久男さんの写真にも、
住友赤平炭鉱の立坑が・・・

IMG_1416_20141114133300af8.jpg

ピンホールカメラ独特の、時間を閉じ込めたような雰囲気ですね。
夕日のような光に、なんだか人々の気配や懐かしさを感じます


…と、84点の写真のうち、こんなに炭鉱が被写体になっているのを見ると、
改めて炭鉱は、空知だけではなく、北海道の歴史の重要な1頁にあるんだなと実感

他にも、
掛川源一郎さんの撮った、日常の子どもたち

IMG_1413_201411141332430c6.jpg

齋藤亮一さんの撮った、蒸気機関車
(右上の写真は、夕張での撮影。ひょっとして清水沢駅?)

IMG_1414.jpg

戸張良彦さんの撮った、戦争遺跡である「トーチカ」

IMG_1417.jpg


など、頁ごとに各作家が捉えた「北海道らしさ」が、よく現れていました!
この写真集、マネジメントセンターでもさっそく注文
新着図書コーナーに置かれたら、お知らせしますね
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する