そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「不思議な相似形・・・イタリアと空知の共通性」

2014/12/11 [Thu]15:38
category: 炭鉱の記憶
イタリアの“サルデーニャ島”って、ご存知ですか?
地中海ではシチリア島(イタリア)についで2番目に大きい島です。
美しいリゾートの島

なんと、空知地域と形状がそっくり

page-0001 (1024x499)

それだけではないのです!!
(面積はサルデー二ャは24,089k㎡、空知地域は約6,500k㎡と約3.7倍、人口は約160万人と空知、約32万人の約5倍です)

昨日、マネジメントセンターにイタリア人のお客様が来場しました。
アルテピアッツァびばいの安田琢さんからのご紹介で・・・
ダビデ・ウッケッドゥさんが来られました!

20141210ダビデと・・・ (1024x768)

ダビデさんはイタリアのサルデーニャ島出身、現在は三笠市にお住まいですが、この地図を持ってこられ、
「空知地域と故郷のサルデーニャ島、そっくりでしょう!宝水ワイナリーで地図を見たとき、なぜサルデーニャの地図が?と思ったら空知だった」そうです。

そして形状だけが共通ではないのです。

このサルデーニャ島も炭鉱産業が盛んで、
ムッソリーニが炭鉱産業により建て直し、第二次世界大戦時代に最盛期を迎えたようです(ダビデさんのHP、イタリア大好き.com より)。

そしてカルボーニャという炭鉱都市が生まれ、石炭を港へ運ぶために鉄道が整備され・・・
閉山とともに人口は減り・・・
空知と共通する歴史がありました

また当初は1種類ほどしか栽培されていなかった、ぶどう種も近年は多くの種が栽培され、ワインづくりが盛んなのです。
これも現在の空知と共通して・・・
その他にも現在の基幹産業は農業であり、イタリア人にとってのサルデーニャ島は、日本の北海度のようなイメージ、観光で行きたい場所であったり、アグリツーリズムに力を入れていたり、イタリア内では大自然がある場所だったり・・・

いつかは、空知地域とサルデーニャ島が姉妹地域になれば!!という提案もされていました。

なんか不思議な、素敵な類似な関係・・・

これからもお互いの地域で、炭鉱というキーワードとともに情報の発信や交流ができたらいいですね




関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/1827-5e7de6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)