そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

幾春別創業のお菓子屋さん「樹里庵」

2015/05/10 [Sun]21:39
category: 炭鉱の記憶
昭和43年に三笠市幾春別で創業されたお菓子屋さんが、
現在は江別市野幌にあるのをご存じですか


IMGP0227.jpg


お店の名前は、「樹里庵(じゅりあん)」です。


IMGP0235.jpg


樹里庵は、江別市のお菓子屋さんでは、
「煉化餅本舗」、「たしろや」、「ちとせや」などと並ぶ老舗


1_20150510201643c3d.jpg


創業者である先代の葛西隆久さんは、
元は三笠市多賀にある「かいや」で働いており、
昭和43年に「かいや 幾春別店」として独立。

しかし、その当時、すでに住友奔別炭鉱には、
閉山のきざしがあったそうです。
奔別炭鉱の閉山は、そのわずか3年後の昭和46年でした。

閉山をきっかけに、昭和48年「かいや 幾春別店」は、江別市へと移転しました。
新しい名前の「樹里庵」は、
野幌の原始林からイメージした店名なのだそう
現在は、江別市の郷土史や地名を由来とする、
お菓子を数多く生み出す名店となっています。


IMGP0218.jpg
(こちらの和菓子コーナーに、江別ゆかりのお菓子がたくさん!)


IMGP0225.jpg


IMGP0226.jpg


おいしそうな和菓子にケーキに、焼き菓子に・・・
目移りしていまいましたが、一番人気の「とろけるショコラ」を購入しました


IMGP0219.jpg


でも、他のお菓子もとってもおいしそう
「うさぎさん」もどんな味か気になります


IMGP0223.jpg


IMGP0224.jpg


ところで、実は江別市って、産炭地との繋がりがとても深いんです。
江別の産業である煉瓦は、炭鉱施設や鉄橋などの建材として利用されていました
そして、以前ぷらぷら江別で歩いた、石炭を運んだ火力発電所専用線
さらに、野幌には、炭鉱閉山後に人々が移住した「北炭団地」という地域もあるそう。


お菓子を買った後、ついつい先代の奥様と、話が弾んでしまいました。
営業中のお忙しいなか、お話していただき、ありがとうございました
帰宅して、さっそく「とろけるショコラ」を一ついただきました。


IMGP0237.jpg


IMGP0238.jpg


チョコ味のスポンジがふわふわで、
間にはさまったチョコクリームがとっても濃厚ですっ
こってりクリームの固さが、しっかりした食べ応えで大満足
ぜひ一度食べてみてください♪

IMGP0249.jpg


幾春別が発祥の、江別のお菓子屋さん。
国道12号線から近く、アクセスもいいですよ
江別市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください

--------
樹里庵菓子舗

住所:江別市野幌町28-2

営業時間:
月~土曜 8:00~20:30
日曜・祝日 8:00~20:00

駐車場あり
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する