そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

もう一つの教育大の展覧会は・・・

2015/05/30 [Sat]18:03
category: 空知情報
現在マネジメントセンターで開催されている、
「美術学研究室展」
小学生からご高齢の方まで、たくさんのご来場をいただいています
会期は明日まで
お昼過ぎから搬出の予定ですので、お早めにお越しくださいませ


さて、岩見沢市内では、もう一つ教育大の展示が開催中ですよ
それは岩見沢駅内i-BOXで行われている、
「T-Collection vol.1 」

DSCN8464.jpg

T-Collectionの「T」はティーチャーのT
教育大岩見沢校の先生の、秘蔵のコレクションを展示する企画だとか。

今回は、坂巻正美教授のコレクションから出品です♪

DSCN8468.jpg


坂巻先生といえば、2013年・2014年に開催された、
炭鉱の記憶アートプロジェクトで、
奔別をフィールドとした作品制作を行っていましたね。

IMGP0437.jpg


2014縺昴i縺。菴懷刀莉」陦ィ逧・・逵・_DSC1885
(「奔別礦渡友子交際所馬頭観世音奉」 坂巻正美 作,そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト,2014年)


そんな坂巻先生のコレクションは、
ドイツの活動家クラウス・シュテックのポスターです

DSCN8469.jpg


クラウス・シュテックは、様々な批判を表現したポスターを、
美術館ではなく、屋外の壁や電信柱などに展示したといいます。
そして、ポスターという形式を活かし、大量印刷を行い、安価で販売。
ポスターそのものではなく、彼の考えが社会へと広がって、
人々の考えや、社会が変容していく過程を「作品」としました。


DSCN8472.jpg


例えばこちらは・・・
「原油の王子」
原油流出事故で被害を受けた鳥の写真は、新聞からの引用だそう。
皮肉めいたタイトルに訴求力がありますね
他のポスターからも、イラク戦争や、ベルリンの壁、資本主義構造などに対する、シュテックの思考を伺うことができますよ~。


DSCN8473.jpg


ポスターのそばには、坂巻先生の研究室についても紹介が。
歩くことや、知ること、行動することが「作品」になるというのは、
まさにシュテックの作品にも通じるところがありますね


DSCN8463_20150530134100c7b.jpg


会期は6/6まで
今度の「T-Collection」は、スポーツ・音楽・美術の、
どこの研究室が取り上げられるのでしょうか?
次回も見に行ってみようと思います

-------
「T-Collection vol.1 坂巻正美コレクション クラウス・シュテックポスター展」

とき:2015年5月22日(金)~6月6日(土)10:00~17:00

会場:北海道教育大学BOX [i-BOX]
    岩見沢市有明町南1番地1 有明交流プラザ内

入場無料
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する