そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

7/25(土)ぷらぷら幌内炭鉱をします!

2015/07/08 [Wed]17:29
category: マネジメントセンターについて
6日のブログは、りじちょーが号外で「明治日本の産業革命遺産」の登録について、
空知との繋がりを紹介させて頂きました!!

そして本日の道新空知版にも…

20150708-do.jpg

北海道の空知・小樽・室蘭を結ぶ「炭・鉄・港」についての記事が!
炭鉱・鉄道・鉄鋼・港湾、それぞれが、北海道の近代化を担ってきた基幹産業です。

過去を知って、現在があり、そして未来へ繋ぐ…
そんな取組みです

今年度の初めの催事は、
8月1日に空知の三笠で行う線路の灯り
これは、北海道初の鉄道、幌内鉄道跡にろうそくを灯します
「線路の灯り」について詳細はまた後日…。

そして…本日ご紹介するのは、
線路の灯りの、1週間前に催行する事が決まった、
幌内鉄道が敷設された原点となった幌内炭鉱を歩く、
ぷらぷら幌内炭鉱
7月25日(土)開催のご案内です

明治12年に開鉱した歴史ある幌内炭鉱は、北海道初の大規模炭鉱です。

DSCN3888 (1024x768)

北海道最古の坑口、音羽坑。

DSCN3322 (1024x768)

他にも施設の跡がいくつも残っています。

この場所をよくわからずにふら~っと見学に行ったら、
「なんだ…ただの廃墟か…」という感想しかなく、それで終わってしまうでしょう

ですが、この場所、歴史あるすごい場所なんです!!

それをわかりやすく、この幌内炭鉱で働いていた炭鉱マン、齊藤靖則さんがご案内します!

さらに、ここ幌内炭鉱で育った吉岡りじちょーが、産業遺産としての価値、本物の地域の宝となる理由をご説明します!!

今まであまり産業遺産、炭鉱遺産に興味のなかった方々、
九州の世界遺産登録が気になっている方々、
どうぞ、この「ぷらぷら幌内炭鉱」にご参加ください

詳細はこちらです↓↓

集合:13時
場所:三笠鉄道村駐車場(鉄道記念館の道路を挟んで反対側)
※三笠市幌内町2丁目
主催:NPO法人炭鉱の記憶推進事業団
問合せ:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
電話:0126-24-9901
予約不要

皆さまのご参加をお待ちしております
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/1977-8cfd9660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)