そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「ぷらぷら幌内炭鉱」開催しました

2015/07/29 [Wed]20:27
category: 炭鉱の記憶
7/25(土)に、参加者、取材の方々、スタッフ、合わせて18名で、北海道最初の近代大型炭鉱「幌内炭鉱」をぷらぷらしてきました!
当日は雨予報でしたが、ほんの少し降っただけ…

horonai1.jpg

齊藤さんの炭鉱マン姿、久しぶりです

horonai2.jpg

では約2時間、暑いですけど歩きましょう~

DSCN8757 (1024x772)

幌内炭鉱の跡地をこのようにみんなで歩き初めたのは1998年のこと。
りじちょーの呼びかけで、約40名の方が参加したそうです。

2003年に、ドイツ最大の産炭地であるルール地域の再生を目指したIBAエムシャーパーク構想の中心人物である、ブロックハウス博士が三笠にやってくる!という事から、跡地の整備が始まりました。
その後も関係者の他、多くの学生さん達が参加して、周辺整備されたそうです!

horonai4.jpg

この日も歩きやすく、草刈りされていました。
みかさ炭鉱の記憶再生塾の皆さんを中心に、周辺整備が続けられているようです

horonai5.jpg

緑の多いこの時期は、ちょっと見づらい施設もありますが…、
齊藤さんとりじちょーの案内で、炭鉱全盛期の様子が浮かびます…

登ったこの階段は「磯野階段」と名付けられています。

horonai6.jpg

元炭鉱マン磯野さんを中心に作った階段です!!
途中の小川に架けられた、齊藤さんが作った「齊藤橋梁」も渡りましたよ

horonai8.jpg

常盤坑の本卸斜坑、副卸斜坑、そして坑口神社を見学。

300馬力の巻揚げ機の上へ進みます。
ここから見下ろすと…

horoani7.jpg

向かいにある精品(原炭)ポケットがよく見えます!
意外と高い位置なので、足元コワイです

道内最古の音羽坑口

horonai9.jpg

坑口の上には真っ赤な花がたくさん咲いていました。
まるで坑口に供えられたようなお花のように感じました

参加者の方からアップの画像を送ってもらうと…

horonai13.jpg

「タイマツバナ」ではないか??との事でした。

音羽坑近くにある安全灯庫は…

horonai10.jpg

かなり草に覆われ、レンガにツタも絡まっていて、自然と同化しています

変電所をバックに、参加者の皆さんと1枚記念撮影

horonai11.jpg

皆さん、お疲れ様でした~!
でもまだまだ、帰り道がありますよ~


招魂碑(慰霊碑)の近くで説明を受け、幌内市街地を通りました。

horonai12.jpg

大雪のために倒壊してしまった建物のがれきがそのまま…
ぞろぞろ歩く私達。
太田金物店のわんちゃんに吠えられながら、出発地点の三笠鉄道村駐車場へと戻りました

齊藤さんとりじちょーのダブル解説は、最初から最後まで途切れる事なく続きました…!!

みなさん、暑い中ご参加ありがとうございました


この日の夜は、「お疲れさま焼き肉でいっぱい飲みの会」をして、終了~

horonai14.jpg

さて、次はどこでぷらぷら歩きをするのか…

どうぞご期待くださいませ
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/1994-be9728af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)