そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

齊藤さんの新作です♪

2015/10/10 [Sat]22:29
category: マネジメントセンターについて
今日は岩見沢駅周辺でいくつもの催しがあり、この辺りも賑わっていました

炭鉱関連の模型を作る事がライフワークとなりつつある…
元幌内炭鉱の炭鉱マン、齊藤靖則さんの新作ができました!!

今回は模型と言うより…
立体的な壁掛けです!!

DSCN9065 (1024x770)

これは…、そうです
岩見沢駅の北側にある、かつての北海道炭礦鉄道の岩見沢工場材修場です。
現在はJR北海道のレールセンター!!

建てられた年がはっきりわからなかったのですが、最近になって発見された資料により、この岩見沢工場材修場は明治32年に建設された事が判明しました。
ここは機関車の修理をはじめ、機関部品やレール、枕木など、あらゆる機材の調達を受け持つ需要拠点として、役割を果たしていました。

さらに、今ではもう建物がないですが同じような赤レンガ造りで、機関車や貨車の鋳造部品をつくる「鋳造工場」、
貨車の側板や枕木などをつくる「木工場」、
貨車の荷物を覆うシートを整備する「シート場」などが周辺にあったそうです。

現在でもレールの溶接などをしている現役の工場なんですよ

齊藤さんの作成した立体壁掛けは、マネジメンントセンターの事務所中央部に掛けました!
ぜひご覧くださいませ。

そして…
次はこの工場の模型(いつものような)を造る予定だとか
壁掛けは1週間程で完成したそうですが、今度の模型は、相当な時間がかかりそうです…

これは来年のお楽しみです…
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2050-4cc0aee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)