そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

10/17ぷらぷら栗山レポート

2015/10/31 [Sat]23:26
category: 炭鉱の記憶
10月17日は、ぷらぷら栗山が開催されました
この日は、8名の参加者さんが来てくれました

ガイドは「ぷらぷら沼田」も担当してくれた、伊藤隆文さんです。
また、今回は、栗山出身のNPO運営会員 葛西章さんも参加。
お二人の話を聞きながら、ぷらぷらしましたよ~

2015101701.jpg


栗山町は、石炭生産が盛んであった夕張市の隣に位置しており、
1920年代から1950年代にかけて、北炭角田炭鉱が操業されていました

それに伴い、1926年には新夕張から栗山を結ぶ夕張鉄道が敷設、
1934年には、新二岐~角田炭鉱を結ぶ角田炭鉱専用鉄道が開通するなど、
炭鉱とともに交通が発達していきました

2015101702_201510311929098af.jpg

新二岐駅で集合し、車を旧日の出小学校前に移動し、ぷらぷらスタート
旧日の出小学校前のこの道は、専用線の線路跡です!
ワンマン電車が学校の目の前で止まり、小学生が通学に使用していたのだそう。

2015101702-2.jpg

線路跡を歩いて、道道3号線に戻り、夕張方向に歩いていくと・・・
旧日の出小学校の校門が現れます

2015101703.jpg

日の出小学校は、かつて角田炭鉱周辺地域の子どもたちが通った小学校です。
1953年に角田炭鉱が閉山したことにより、児童数が激減し、1981年に閉校となりました。

2015101704.jpg

このあたりは、グラウンドなのだそう。
よく見ると、奥の方に、ブランコ跡や鉄棒などの遊具がありました

2015101705.jpg


さらに、道道3号線沿いをぷらぷら・・・

2015101706.jpg

途中には、まだ現役の木柱が。LEDライトがついているようです。

そして、「ここから夕張市」の看板の手前に、「栗山炭鉱」の看板が

2015101710.jpg

この看板の奥で、かつて北炭角田炭鉱が坑内掘り採炭を行っていました。
角田炭鉱が閉山後は、栗山炭鉱によって数年間の露天掘りが行われていました。
だから、「角田炭鉱」ではなく「栗山炭鉱」の看板なんですね

2015101709.jpg

現在は、札幌第一興産による露天掘りが行われています。
と、ちょうど伊藤さんの話を聞いているときに、石炭を乗せたトラックが!

2015101711.jpg

現在も、看板の奥へは立ち入り禁止になっていますので、ご注意ください
ぷらぷら一行も、ここで引き返し~

ここで、伊藤さんから参加者さんに、
「ここから新二岐駅にかけて、栗山町の石碑があるので、探しましょう!」
と提案が。
それは、北炭に関する石碑らしく…伊藤さんも見つけたことがないそう
あたりを真剣に探しながらぷらぷらする、参加者さんたち…

2015101712.jpg

そして・・・
見つけたようです

2015101713.jpg

側面に「ふるさと史跡」と書かれた石碑は、
「角田炭鉱電車軌道跡」とのこと。

2015101714.jpg

2015101715.jpg

とても小さな石碑です。
新二岐駅の近くにありますので、栗山に来たときは、
ぜひ探してみてくださいね!

その後は、新二岐駅へ。
丸窓が印象的な新二岐駅は、1926年に夕張鉄道の
新夕張~栗山間が開通した、同年に開設されました。
また、北炭角田炭鉱専用鉄道開通後も、拠点駅となりました。

2015101716.jpg

駅舎は1954年頃に増築されましたが、1965年に角田炭鉱専用鉄道が廃止、
1975年に夕張鉄道も廃止となり、営業終了となりました。
その後は、俳優・歌手の坂本九さんが関わっていたという、
障がい者自立支援施設が入居していたそう。
栗山に「坂本九 思い出記念館」があるのは、そういう関わりだったんですね。

2015101717-2.jpg

駅の側には、旧日の出郵便局や、
いわゆるコンビニの前身で酒などを販売していた井澤商店が。

2015101717.jpg

そして、駅に隣接するのは「夕鉄バス」のバス停。
今も、札幌から夕張まで運行していますよ
しかもこのバス停、「生活歴史館前」と書いてあります。
おそらく「夕張石炭の歴史村」のバス停を再利用したものでは・・・

2015101718.jpg

そこへ、偶然にも夕鉄バスが!
でもこのバス、夕鉄バスを再利用した「買い物送迎バス」

2015101719.jpg

行き先は、スーパーマーケットのようですよ

さあ、ぷらぷらも終盤にさしかかりました。
最後は、スタート地点でもある、旧日の出小学校に戻ります。

2015101720.jpg

2015101721.jpg

旧日の出小学校は、体育館がまだ現存しています。
その体育館は現在「麗燈露(レトロ)」というお店が再利用しています。

2015101722.jpg


2015101723.jpg


2015101724.jpg

「麗燈露」さんは、クラッシックカーギャラリーと、カフェが併設したお店。
お店を始めたきっかけは、車を収納できる倉庫を購入したら、
体育館がセットになっていたため。
開店して8年目になるそうですが、全国各地から訪れるツーリング客からも、
懐かしい体育館の建築は人気なのだそうです

2015101724-2.jpg

中に入ると、天井のつくりや、床材がまさに体育館という感じ。
木製の窓枠も、面影残っています~

カフェでは、ソフトドリンクや、カレーなど食事のメニューも。
この日は、なんと「ぷらぷら栗山」参加者に、
特別にシュークリームをサービスしてくださいました

2015101725.jpg

最後に、「麗燈露」の前で、記念写真をパチリ

2015101726.jpg
記念写真は、「麗燈露」店内に飾ってくれるそうです!


「麗燈露」さんはじめ、LEDの付いた現役の木柱、夕鉄バスの再利用など、
地域に古くからある"資源"と、現在の便利で新しい暮らし方が同居している。
そんな未来につながる「炭鉱の記憶」をちょっと感じた「ぷらぷら栗山」でした
見られる遺構は少ないけれど、オススメですよ~

「麗燈露」さん、ガイドの伊藤さん、葛西さん、
そして参加者のみなさん、ありがとうございました!
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する