そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

イタリアの「石炭の街」写真展始まりました

2015/11/11 [Wed]18:12
category: マネジメントセンターについて
11月8日から、マネジメントセンター石蔵で始まった、
「La città del carbone 【石炭の街】 写真展」
初日から、たくさんの方にご来場いただいております

DSCN9373 (822x1024)

今日はちょっとだけ、会場の様子を写真でご紹介します♪
会場は、1階が写真作品の展示、
そして2階はイタリアの炭鉱の歴史や、現在の取り組みを紹介しています

DSCN9354 (1024x675)

この旗は、サルデーニャ島の州旗
サルデーニャ島をつくったと言われる4人の男たちがモチーフなんだそう。

作品数がとても多く、見応えあります
そして、写真に写っている立坑や採炭道具などは、
幌内で見たような… 夕張石炭博物館で見たような…
と、空知で使われていたものと非常に似ています

DSCN9360 (1024x757)

2階では、イタリア石炭文化センターの様子なども紹介。
炭鉱遺産の保存状態の良さや、収蔵品の展示の仕方など、
「炭鉱の記憶」を後世に伝える・発信するための、参考にしたくなる要素がたくさん

さっそく、さいとーさん(とある理由で、炭鉱マンの格好…)がご来場。
ダビデさんや、写真家のロレンツォさんも「三笠の元炭鉱マンですね!」と喜んでいました

DSCN9357 (1024x760)

こういう交流が、「空デーニャ・プロジェクト」を通じて、
どんどん広がっていくといいよね…と、らいだぁ

写真展は、11月23日まで開催しています!
今時期の石蔵はとてもひんやり…ですので、
暖かくしてご来場くださいませ

==========
【講演会のお知らせ】

本展に出品している、ウッケッドゥ・ロレンツォさんの講演会が、
11/13(金)18:30から、
札幌市若者支援総合センターで開かれます!
サルデーニャ島出身のロレンツォさんが、自身の故郷について話します。
こちらも併せてご参加ください。

「炭鉱町を撮影するイタリア人写真家の講演会」

とき:2015年11月13日(金) 18:30~20:30
会場:札幌市若者支援総合センター
(札幌市中央区南1条東2丁目 大通バスセンタービル2号室)
北海道日伊協会の「Salone d'Italia (イタリア懇話会)」として開催。通訳あり。

参加費:800円、同協会員500円

お申込み・お問い合わせ先:
北海道日伊協会事務局 ブライトサッポロ
(電話 011-241-0345)
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する