そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

11月14日、室蘭まち歩きに参加しました!

2015/12/02 [Wed]17:15
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
報告が遅くなってしまいましたが…先月、「むろらん100年建造物保存活用会・サポーターズクラブ」主催の、
まち歩き歴建撮影会に参加してきました

空知・小樽・そして室蘭。
この三地域は、北海道の近代化に重要な役割を担い、繋がりを待ちつつ発展してきました。

室蘭の歴史的な資産を見学して、再発見するこのまち歩き。

思い起こせば…
私OL、室蘭をぷらぷらするのは実は3回目。

4年前の11月には、炭鉄港スタディツアーとして ⇒ 2011年11月6日ブログ
3年前の11月には、ぷらぷら室蘭スペシャルとして ⇒ 2012年11月15日ブログ

その時とはまた違った場所への案内もして頂き、今回は参加者としてゆっくり見学する事ができました

集合場所は、1915年に建築された、旧三菱合資会社室蘭出張所。
三菱財閥の歴史を伝える重要な歴史的建造物であり、室蘭港から石炭を積み出す炭鉱事業の重要な拠点でした。

DSCN9459 (1024x737)

現在は北星株式会社の社屋として、
そして、「むろらん100年建造物保存活用会」の皆さんにより、室蘭の歴史発信拠点として使われています。
⇒ 詳しくはこちら

とてもステキなキャンドルのショップもありますよ~

DSCN9463 (1024x768)

廊下にはおしゃれなライトが…

DSCN9464 (1024x768)

天井に写る感じがいいですね

ドアをよく見ると…
下の部分が大理石?!

DSCN9469 (759x1024)

すごい重厚な造りです…!!

サポーターズクラブ会長の髙橋さんより基調講演が始まり、本日のまち歩きについて説明がありました。

DSCN9470 (1024x756)

この日はちょっと天気が悪く、外歩きをやるのかどうか…というところでしたが、
雨があがり、約40名、2つのチームに分かれて予定通り決行

ほんの一部ですが、紹介します

現在、(株)室港サービスは、かつての北炭倶楽部

DSCN9473 (1024x768)

来賓の接待などに使われた建物で、伊藤博文なぞ、数々の要人が訪れたそうです。
敷地は北炭専務の井上角五郎の別荘地だった場所です。

DSCN9481 (768x1024)

坂道が多いです
でも、登って後ろを振り返ると、これがまたいい景色で…!!

気になるものを発見
「あゆみ板」…??

DSCN9489 (1024x750)

「荷役労働者はパイスケ(竹かごの天秤棒)を担ぎ、岸壁から渡されたあゆみ板をわたりハシケに石炭を積み込んだ」
との解説付き。
う~ん…なるほど。

この建物もすごい…

DSCN9501 (1024x757)

昭和12年建築の木造和風の建物が残っています。
これは北炭の役員住宅だったそうです!!丸い窓がいいですね

こちらは「日本一の坂」
何が日本一なのかとっても不思議ですよね
長さ?段数??

DSCN9513 (1024x768)

いやいやいや…
「福井庵日本一」という屋号を掲げた蕎麦屋があったそう。

こちらは当時の木造住宅の5倍の総工費で建てられたという、「旧丸越山口紙店」

DSCN9520 (1024x761)

明治45年創業の旧山口紙店は、北炭、日鋼、国鉄など大企業と取引きされていたそう。
赤煉瓦造りに、重厚な窓枠に…格調高い建物ですね!!


実はまち歩きの前に、ちょっと時間があったので、喫茶店のはしごしてました

まずは「英国館」

DSCN9522 (1024x797)

数年前にドラマの撮影でも使われていましたね!

IMG_20151114_122828 (480x640)

マスターのいれるコーヒーがとっても美味しかった…


こちらアーケード街にある「すずや」さんでは…

DSCN9524 (1024x856)

軽食(ホットケーキ&プリン)をいただきました。
手作りプリンは、昔懐かしい味で、美味しい

DSC_0637 (640x480)

中の雰囲気も昭和の喫茶店風でいいですね


ちょっと歩けば、今ではなかなか見る事のできない、歴史的な建物がすぐ見つかります!
案内人さんが説明してくれるのでわかりやすいです。

ここは昔、何の建物だったのか…

DSCN9526 (1024x768)

どれだけの人が行き来していたのか…

DSCN9533 (1024x768)

当時の様子を思い想像しながらの室蘭まち歩きはホントに面白い~

DSCN9535 (1024x708)

こちらの倉庫も石造りで大きい


明治45年に建てられた、室蘭駅としては3代目の駅舎↓↓

DSCN9532 (1024x752)

現在は室蘭観光協会が入っている「旧室蘭駅舎」

道内の駅舎の中では最古の木造建築。
平成11年に国の登録有形文化財指定、平成22年にはJR北海道の準鉄道記念物にも指定されています。
外観は寄棟の大屋根に屋根の窓、立派な洋風の造りでこれだけでもおぉ~っとなりますが、中にも見どころがたくさんありますので、ぜひぜひ行ってみて頂きたい


約2時間弱歩きましたが、まだまだ歴史的な建物がありそうです。
室蘭の深さを改めて知る事ができました…!!
ご関係者の皆さま、ありがとうございました
今後も「炭・鉄・港」の繋がりを持った三地域、その意義を再確認し、広く活動し伝えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!!
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2086-793e91f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)