そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

幌内炭鉱再建記念品

2015/11/26 [Thu]19:54
category: 炭鉱の記憶
北海道の最初の大規模な近代炭鉱である、三笠の幌内炭鉱
明治12年に開坑しました。

最盛時には年間140万トンを超える石炭を産出した大きな炭鉱でした。

そんな幌内炭鉱で、1年10ヵ月の間、採炭のできない時がありました
⇒ 2015年11月3日ブログ
復旧、再建に向けて、どれほどの事があったのかは、計り知れません…。

そして昭和52年の10月、出炭が再開されたのです

再建を記念して「幌内労組・主婦会」が記念品を出したようで、
マネジメントセンターのりじちょー席には、これが置いてあります↓↓

DSC_0655 (800x600)

「幌内炭鉱再建記念 灰皿です。

そして今日、先日の北海道新聞を見た三笠にお住まいの方が、「家にあったから…」と、マネジメントセンターにこちらをご寄贈頂きました↓↓

DSC_0656 (800x599)

あれ~、
こちらは、中央部が幌内立坑ズリ山です

DSC_0657 (1024x768)

デザイン違いの灰皿が作られていたのですね!!

ご寄贈頂いた方のお父さんは新幌内炭鉱の労務だったそうです。
(この灰皿は、知人から頂いたものだそうです)

貴重なものを、どうもありがとうございました
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2087-aaaf51bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)