そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

鉄道遺構 再発見

2015/12/26 [Sat]18:48
category: その他
先日、東京の方より、このような本を送って頂きました

タイトルは…
鉄道遺構 再発見」

この本、表紙からして期待できます!!
触ってみないとわからないのですが、リベット造りっぽく、小さな丸が…
しかも、ワーレントラス風に三角の切り抜きが…

DSC_0702 (1024x757)

表紙のこの写真は、昭和11年に架けられた国鉄士幌線の第四音更川橋梁。
士幌線の橋梁と言えば、タウシュベツ川橋梁が有名ですが、北海道遺産にも登録されているように、「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」として、いくつもの橋梁があるのです。

そうです。
この本は、近代産業遺産といえる、橋梁や隧道、線路などの写真集なのですよ~


鉱山鉄道では…

DSC_0705 (1024x701)

新潟県の佐渡鉱山や…

DSC_0706 (1024x737)

栃木県の足尾鉱山の鉄道や橋梁なども。

保存されているもの、移設して活用されているもの、人道橋として再生されたもの、
様々ありますが、どれも歴史を感じさせられます


この橋も有名ですね
渡った事があるひとも多いと思います。

DSC_0711 (1024x749)

横浜の桜木町駅からみなとみらいへの遊歩道として使われているトラス橋。
ここは、レールがそのままなんです。
さすが、歴史ある港町横浜。この他にも見どころがたくさんありますよね


このように、国内にある橋梁・隧道・鉄道を中心に、貴重な産業遺産が紹介されています。
後半には、この本をご寄贈頂いた、西村浩さん(現在の岩見沢駅の設計者)も「ランドスケープとしての鉄道遺構」とした執筆をされています。

こちらは定価1800円(税別)。
おすすめの一冊です

※マネジメントセンターで販売はしておりませんが、閲覧コーナーでご覧頂けます
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2109-983a2156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)