そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

上美流渡の歴史「しころの沢」

2016/03/12 [Sat]20:30
category: 炭鉱の記憶
数年前…マネジメントセンターの閲覧用として、
生まれが万字で、小学校3年生から上美流渡に住んでいた、山下さんという方から、こちらの資料を頂いていました↓↓

DSC_0843 (850x1024)

「美流渡に入る開拓者」
A4サイズ約50ページにわたり、美流渡の歴史や万字線についても書かれていました。

そんな山下さんが、この度、上美流渡について更に詳しくまとめた
しころの沢」追想誌 という小冊子を作られました

今回は上美流渡の歴史の他に、炭鉱についても書かれてあります。
山下さんのお父さんが北炭の万字炭鉱、その後は美流渡炭鉱で働いていたそうで、炭鉱の思い出もたくさんあるようです

DSC_0839 (845x1024)

表紙の写真も、題字の「しころの沢」も、とてもすてきですね

写真は、美流渡炭鉱で保安係員であった、大竹安夫さんから提供されたものだそうです。
大竹さんは、北炭の美流渡炭鉱、夕張新鉱、幌内炭鉱、それぞれの炭鉱の暮らしや様子を語って頂ける方で、私たちNPOでも何かと大変お世話になっております

題字を書かれたのは、岩見沢書道連盟会長、新谷先生の筆との事です。
新谷先生は上美流渡小中学校の先生だったそうで、新谷先生の奥さま(旧姓・鈴木さん)も上美流渡小中学校の先生で、山下さんの恩師であったそうです。

さらに偶然わかった事があったそうです。
新谷先生の奥さま、絢子さん(旧姓・鈴木さん)のお父さんは、鈴木金蔵さんという方。
鈴木金蔵さんは…
北炭社歌の作詞者との事

DSC_0846 (1024x951)

すごい繋がりですね~!!
上美流渡の生徒さんの中に、北炭社歌を学校で教えられる学年があると言われているそうですよ。
(マネジメントセンターにも歌詞を見ずに歌えるひとがいます


「しころの沢」の内容はぜひ、冊子をご覧下さいませ
懐かしい写真も多いです!

DSC_0840 (1024x752)

昭和43年頃の上美流渡地区の地図も、作成されたそうです。
桜町、東町、若葉町、宮の下、緑町、楓町、旧植村農場…
何名かの記憶を集めて、住宅地図も作成されています

こちらの冊子は、マネジメントセンターで販売させて頂きます。
1冊1,300円です。
山下さんによると販売用としては100冊程度しか作成されていないそうです。
ご希望の方はお早めにどうぞ


さらに…
山下さんは、「巖見澤という地名」という冊子も作成されました。

DSC_0842 (840x1024)

「岩見沢」の地名の由来は、「ゆあみのさわ」から…と聞く事が多いと思うのですが、
こちらを読ませて頂くと、山下さんの説はちょっと違いました
それは…
皆さんはどう思われますか

こちらの冊子は1,000円で販売します。
気になる方はぜひどうぞ

関連記事

この記事に対するコメント


現在は東京在住ですが、美流渡の東幌内炭鉱(北星炭鉱)時代、1965年に22歳で最年少係員になり、坑内発破係員をしていた者です。
自分史を作成中ですが、美流渡時代の資料が無く苦戦しています。
「美流渡に入る開拓者」と「しころの沢」をお分けいただきたく、宜しくお願い申し上げます。
郵送・代金支払い方法、その他をご連絡いただければ幸いです。

【2016/05/06 13:51】
URL | 平岩 宏一 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2164-8e0b93e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)