そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

NEW「炭鉱技術」

2016/04/17 [Sun]18:18
category: 炭鉱の記憶
深部の石炭を効率的に掘るために必要なのが立坑
地中に垂直に卸した坑道で、エレベーターのようなものと考えると解りやすいでしょう

現存する立坑櫓は空知に8基あります!!
北炭幌内立坑
北炭錦立坑
住友奔別立坑
住友赤平立坑
住友赤平排気立坑(歌志内)
上砂川中央立坑
三菱美唄立坑(2基)

全ての立坑櫓が頭に浮かんだアナタ…
さすが、よくご存じで

そんな立坑櫓について詳細にまとめた冊子を作ったグループがあり、
特別に1冊ご寄贈頂きました
それがこちら↓↓
「NEW炭鉱技術

DSCN9977 (1024x752)

表紙の画像は上砂川の中央立坑。

DSCN9978 (1024x805)

裏の画像は奔別立坑。
どちらの画像もとてもいい感じに…

35ページにわたり、立坑櫓の構造などを細かく解説されています。

例えば…

三菱美唄の立坑櫓模型(齊藤さん作)、
グランドワインディングマシン立坑櫓に分類される、R型立坑櫓というとの説明文がありました。

DSCN9982 (800x604)


幌内立坑はA型立坑櫓というそうで、
国内ではこの幌内立坑と、三井三池有明炭鉱(こちらは解体済)のみ採用された形だそうです。

DSCN9984 (800x529)

世界遺産に登録されているエッセンのツォルフェアアイン炭鉱の第12立坑も…↓↓

DSCN9665 (1024x752)

同じですね!!
世界で最も美しい炭鉱(立坑)と呼ばれています

幌内に残っているという事は、貴重ですね


こんな感じで、図や写真を掲載しつつ、立坑櫓について書かれてあります。

見てみたいという方、マネジメントセンターにぜひどうぞ!!
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2189-883da32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)