そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

「夕張の炭鉱町を歩く」

2016/06/11 [Sat]10:30
category: 炭鉱の記憶
2014年に開催したそらちアートプロジェクト

プロジェクトの準備段階でその年のゴールデンウィーク、りじちょー、ぼーいっしゅ、上遠野先生、札幌市立大を卒業して、今回プロジェクトを担当してくれる女性2名が、会場となる場所へ下見に行きました。
その時の様子 ⇒ 2014年5月18日ブログ記事

万字、毛陽町にある北炭の送電線などを見てまわり、その時、朝日駅にたまたまひとりの男性が見学に来ていたようで…
りじちょーがそのひとに朝日駅や朝日炭鉱の事をお話した事があったそうなんです。

〜〜あれから2年〜〜

つい先日、このような冊子↓が届きました

夕張の炭鉱町を歩く

DSCN0408 (1024x767) (2)

ペンネーム「秋月涼」さん
冊子と一緒にお手紙も

なんとこの方は、朝日駅でりじちょーから周辺の話を聞いたというあの男性だったのです

2年前のゴールデンウィークに夕張や岩見沢の炭鉱、鉄道跡を見学した様子を記録した冊子が完成したとの事で、マネジメントセンターにご送付いただいたのです

全156ページ!!
秋月涼さんは、「炭鉱の専門家ではない」そう。
そして、「炭鉱という職場よりも、炭鉱周辺に形成された《炭鉱町》という高密度の都市の暮らしや、その町の衰退、輸送手段としての炭鉱鉄道に感心を抱いている」そうです。

大夕張・真谷地・楓・万字線を中心に、感じたこと、考えたことを綴っていらっしゃいます

さて、まずは早速、朝日駅でのページを見てみると…

DSCN0409 (1024x762)

駅周辺の写真とともに、こんな文章が…
※文章から抜粋してますがそのまま紹介します!
朝日駅には【先客がいたのだ。数人の姿が見えた。廃線から30年近く経った駅跡を同時に訪れる人々がいたのである。
壮年の男性と若い女性が2、3名という組み合わせだった。筆者には女子高生と女子大生に見えた】
【男性は高校教師か大学教授で、若い女性陣は教え子だろうか】
※壮年の男性はりじちょーで、女子高生か女子大生が、ぼーいっしゅたち?!

このあと、りじちょーとの出会い、説明を受けた事、名刺をもらってマネジメントセンターの紹介をされた様子…が詳しく書かれています

そして、その日の夕方にマネジメントセンターを訪れた様子も書かれていました

【特別展示が行われている蔵の見学を促された。特に幌内炭鉱の赤い立坑の模型や写真が印象的だった。スタッフは大学生くらいの若者が数名いた】
※この時センターにいたのはOLとささぽんですが…💦
センターの取組について、【私は意義があると思う】と、感想を述べていただきました。

他のページはまだ読んでいないのですが、
とてもわかりやすく、面白く、「なるほど、こう感じるんだな〜」と思う事がいろいろありました。

マネジメントセンターでは明日から閲覧用に1冊置きます!
ぜひ、皆さまにも読んでいただきたいです

秋月涼さん、ありがとうございました
関連記事

この記事に対するコメント

Re: ご紹介ありがとうございます。
秋月さま
コメントありがとうございます。
そしてご寄贈いただきましてありがとうございました。この場をかりて御礼申し上げます。
ぜひまた北海道へ、空知へ、お越しくださいませ!!

【2016/06/12 18:41】
URL | NPO炭鉱の記憶推進事業団 #- [ 編集 ]

ご紹介ありがとうございます。
ご紹介いただき、ありがとうございます。著者の秋月です。
国鉄万字線の朝日駅跡にて、専門家の理事長先生から大変参考になる情報を頂き、改めてご厚意に感謝いたします。
皆様の更なるご活躍、ご発展に期待しております。

また、自費出版の旅行記とはいえ、事前に何の許可も得ずに書き散らしてしまいましたが、好意的に受け止めて下さり、ありがとうございました。
炭鉱ガイドとしては役に立ちませんが、旅行者から見た炭鉱町がどのような印象か、何かのご参考になれば幸いです。

いつか北海道を再訪する機会がありましたら、余裕のある時間を確保し、マネジメントセンター様にご挨拶に伺いたいと思います。次は美唄周辺を歩いてみたいです。

ウェブ上に写真や動画をいくつか置いておりますので、ご興味がありましたらご覧下さい。

万字線 廃線跡
http://ryoa.sakura.ne.jp/photo/hai_manji/

大夕張(youtube動画)
https://youtu.be/_PhrM94I1pw

【2016/06/12 01:34】
URL | 秋月 涼 #/9hBKkrU [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2230-f6a43450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)