そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

九州の産業遺産見学 「鹿児島編」

2016/06/29 [Wed]22:50
category: その他
6月23日(木)〜26日(日)の4日間、空知管内の「炭鉱の記憶」にご関係頂いている方々をお誘いして、昨年世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」を中心とした視察会を行いました

参加の皆さんはお忙しい中、お時間を作って頂きました。
現地合流や途中離団の方も…。誠にありがとうございます

まず向かったのは、鹿児島県の尚古集成館へ!
今年の2月に空知総合振興局と連携協定を締結した(2016年2月26日ブログ記事)島津興業の皆さまにお世話になります!!

DSCN0520 (1024x768)

こちらが幕末に島津斉彬によって建てられた、製鉄、大砲、造船、紡績などの機械工場。
機械工場としては現存する日本最古のもの。現在は博物館となっています。

まずは、講座を聞いたり映像を見たりできるホールへ。
島津社長からご挨拶をいただきました。

DSCN0505 (1024x647)

ここには、向かって左に島津久光公、右に島津斉彬公がいらっしゃいました…


館内のご説明は、副館長の松尾さんが

DSCN0510 (1024x740)

こちらは集成館事業の象徴、大砲製造のための反射炉の模型。
当時、薩摩藩士は本や図面を基にしただけで作ったというから、なんとすごい…
天井には赤い薩摩切子で作られたライトが吊るされています


薩摩藩は琉球王国を通して、中国と貿易を行い、利益を得ていました。
あれ、輸出品は北海道に関係のあるものが…??

DSCN0514 (1024x711)

乾昆布、いりこ、干鮑などは、北海道で採れたものです!
でもなぜ、どうやって北海道のものを…?
中国から輸入した漢方薬で使う薬材がほしい富山の薬売りを介して、北前船で運ばれる北海道の海産物が送られていたようです


さて、こちらには砲弾が…?!

DSCN0515 (1024x711)

様々な展示物から、薩摩藩の歴史や技術、果たしてきた役割などを知る事ができます

この日は30度近い暑さ
でも、もちろん庭園の方にも行きますよ~!!

DSCN0524 (1024x758)

「仙巌園」の魅力


こちらには鹿児島沿岸に配備されていた最大級の要塞砲を復元したものが。

DSCN0526 (1024x768)

約68キロの鉄製の丸い弾を、約3キロ飛ばす威力があったそう
そんなに飛ぶんですね…!!びっくり。

広い庭園…

DSCN0537 (1024x768)

管理が行き届いていて、とても美しいです。


御殿の見学もさせて頂きました。
ここからは晴れていたら、桜島が真正面に見えるそうです。

DSCN0539 (1024x764)

ガイドツアーがあり、大小いくつもある優雅な部屋や、当時のトイレなど、見学できます!
最後にはお菓子とお抹茶も頂きました
風情がありますね~

約3時間かけて見学させて頂きましたが、本当はまだ時間がほしいくらい、見どころがあります

また来れる時を楽しみに…


夕食は島津興業の社員の方も一緒に、17名での宴会
この日、月形の櫻庭町長から、島津社長へ、「月形町観光典獄」に認定する授与式を行いました

DSCN0552 (1024x764)

ここでも、空知と薩摩藩の歴史的繋がりがみえます!


赤平の菊島市長より、ご挨拶を頂き…

DSCN0554 (1024x688)

鹿児島の郷土料理店で、今日の料理コースはその名も「島津膳」
きびなごのお刺身、地鶏のお刺身、さつま揚に黒豚しゃぶしゃぶ、きびなごの天ぷらに、さつま汁…

DSCN0559 (1024x763)

どれもこれも美味しい鹿児島特有の甘い醤油もGOODです!!
島津興業より差し入れの芋焼酎「森伊蔵」「三岳」などを飲ませて頂き、大変楽しく交流させて頂きました


翌朝も集成館の学芸員の方が鹿児島駅周辺をご案内してくださいました。

DSCN0569 (1024x752)

「維新ふるさと館」は、薩摩藩が西洋の新しい技術や文化をいち早く導入した過程を紹介しているコーナーから始まります。

DSCN0584 (1024x757)

「日の丸」「君が代」のルーツが薩摩であることの解説や、日本最初の「君が代」を聴くことができますよ!


鹿児島にはまだまだ知りたい事、見たい所が沢山あるのですが、次へ向かわねば…!!

DSCN0590 (1024x748)

記念写真を一枚…

島津社長はじめ、島津興業の皆さまには、大変お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます

それではこの後、新幹線で大牟田へ向かいます
また次回…!!

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2242-86aee401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)