そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

いよいよ明日!「そらち炭鉱グルメ」

2016/09/17 [Sat]21:54
category: 炭鉱の記憶
明日18日(日)と、19日(月祝)は、
情熱フェスティバルが開催される日
ということは…
「そらち炭鉱グルメ」のブースが出店される日

20160917.jpg
チラシも、できましたよ~!
明日、会場にてお配りできる予定です♪

空知地域の炭鉱まち各地で、炭鉱マンに食された様々な料理や、
炭鉱にちなんだ料理を、今年の情熱フェスティバル会場にて集結
普段は、三笠へ、赤平へ、歌志内へ…現地へ行かなければ食べられない「炭鉱グルメ」を、
一度に味わえるというのは、とても珍しい機会です

空知各地で食べられている「なんこ」は…
歌志内の木村精肉店さんの「味噌なんこ」「なんこの塩串」を出品!

IMG_0407.jpg
(こちらはイメージです三笠の、さいとーさんの奥様が調理しているところ…)

他にも、歌志内からは、悲別ロマン座さんの「ロマン座カレー」になんこが入った、
特製「ロマン座なんこカレー」も出品されます♪

三笠からは、ぷろぐれすさんの「石炭ザンギ」
もちろん石炭を揚げたものではなく…真っ黒な鶏のから揚げです

20110611171140e9a_20160917200220da6.jpg

芦別からは、なんと初代宝来軒さんにご協力いただき、
当時の「ガタタン」を再現
具がたっぷりで、トロッとした中華風のあんかけは、体が温まるスタミナ食として、
芦別の炭鉱マンたちに好んで食されたのだそう

20140620165748491_20160917200221aa5.jpg
(こちらはちょっと違うメニュー。麺が入った、ガタタンラーメンです!)

そして赤平からは、やっぱり、がんがん鍋
炭鉱マンたちが、石炭ストーブをがんがんたいて作られたこの鍋を
囲んで、語り合い励まし合いながら、信頼を深めたと言われます

photo1010_02_201609172002257be.jpg

その他には…

美唄からは、なかむらえぷろん倶楽部さんの「中村のとりめし」と、
福よしさんの「美唄やきとり」
こちらはもう言うまでもなく…な、お馴染みの炭鉱グルメですよね♪

砂川からは、ほんださんのスイーツ「栗パイ」
各地の産炭地では、甘いものは炭鉱マンたちの疲れを癒す、重要な役割を果たしていました
さらに、家族へのお土産としても喜ばれるという理由から、砂川には菓子店舗が発展していったのだそう。
スイーツロードも、炭鉱と繋がりの深い場所なのですね

上砂川からは、昔懐かしいメニュー、旧アカシ食堂さんの「ソースかつ丼」を
上砂川地域おこし協力隊が、当時のレシピを教わり再現した
「幻のソースかつ丼」が登場。
こちらは、他のメニューよりもお出しできる数が限られているそうですので、
ご興味のある方は、ぜひお早めにご来場を


…と、簡単に紹介させていただきました
産炭地って、食文化もとても興味深いのです

当日は、DJは炭鉱グルメのブースで、
そしてOL、ぼーいっしゅ、インターン生の川森君は、
隣接している、NPO炭鉱の記憶推進事業団のブースで頑張ります
(当NPOブースでは、ビールとグッズ販売を行いますよ~。)

12:30~13:00は、赤レンガホールで、当NPOのPR&クイズ大会が開催されます
クイズには、りじちょーと、らいだぁ、ささぽんも出題者として登場
どんなクイズ大会になるのでしょうか…
正解者には、あるプレゼントもご用意していますよ~

18日、19日、情熱フェスティバルの会場で、お待ちしています!!

================
いわみざわ情熱フェスティバル
「そらち炭鉱グルメ」&「NPO炭鉱の記憶推進事業団」出店

とき:
2016年9月18日(日) 10:00~18:45
2016年9月19日(月祝) 10:00~18:15

会場:
イベントホール赤れんが
駅東市民広場公園
(どちらも岩見沢駅から徒歩1分ほど)


(北海道岩見沢市有明町南1-7)

※専用駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
※両日、各炭鉱グルメの販売は、数量に限りがありますので、お早めにお越しください。
関連記事
trackback --   Comment (0)   編集

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する