そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

奔別の貴重な写真

2016/11/17 [Thu]17:16
category: 炭鉱の記憶
先月まで「そらち 炭鉱の記憶アートプロジェクト」の会場とさせて頂いた三笠の奔別炭鉱跡地。
現存している主な施設と言えば、立坑櫓石炭積出施設ホッパーですが、
石炭を掘って、運び出すまでには、様々な施設が必要で、周辺には沢山建てられていました

先日…
ある女性がセンターにやってきました。
その方のご親族は奔別炭鉱の閉山時責任者だったそうで、
他のご親族も奔別の配給所にいた、との事

「写真の整理をしていたら昔のものが出てきて、捨てようと思ったけれど…」と言って、写真をご寄贈頂きました
どれも、当時を知るための、貴重なものです!
その中の数枚をご紹介しますね


こちら↓↓まだ立坑櫓がありません。
櫓の地下を掘っているようですね。
左奥にはズリ山が…!
ホッパーはまだ半分。増築前です。

page-0002 (640x417)


こちら↓↓は、立坑の完成までもう少し…!!
ホッパーは増築済みのようです。

page-0003 (640x445)


まちの様子は…??
こちらは昭和30年頃の住友奔別会館↓↓

page-0006 (640x424)

多くの人々が中へ入っていきますね。
映画が始まるのでしょうか~??


まちを走っているこちらのジープは、何を積んでいるのか、ちょっとわかりません…💦
でも車体には、「住友石炭」の文字と、住友のマークが付いています。

page-0004 (640x450)

こんな立派なジープが走っていたんですね~



貴重な写真をありがとうございました

まだまだ、個人でお持ちの方は多いかと思います。
ご家族の方が整理して、捨てようかな‥と思われる前に、
このような、炭鉱やまちや暮らしの様子がわかる写真や思い出がありましたら、
ぜひ、残して頂き、多くの方に見て、聞いて、もらいたいと思います!!

何気ない一枚の写真は、
まちの歴史や歩みを次世代に伝える、貴重な資料となりますね…
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2352-6bff2623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)