そらち★ヤマの記憶だより

あなたの知らない空知の情報をお届けします!

室蘭にある2棟の円形校舎

2017/03/24 [Fri]19:12
category: 炭鉄港−北の近代三都物語
皆さんは、円形の校舎を見た事がありますか??
1950年代に多く建築された筒型建築の校舎で、全国で100棟ほど建てられたそう。
北海道では11校が確認されているようです
貴重な建物…

円形校舎は、建築のコストをおさえる事ができる、
狭い場所でも有効に活用できる、
多方向からの日当たりが良く、教室全体を見渡す事ができる…などの利点があったそうです。

内部にはらせん階段があったり、屋上があったりして、建築的にとても特徴ある美しい建物ですが、
学校の増改築、合併、閉校、そして老朽化の影響などで解体され、現在ではほとんど、その姿を見る事ができませんね…

炭鉱にはちょっと詳しい…方は、「円形校舎」と聞いて思い浮かぶのはここかもしれません~

沼東小学校
美唄の沼東小学校
※約15年前の画像です。現在はさらに老朽化が進み、近づく事も許可なく立入る事もできません。

三菱美唄炭鉱で働くお父さんをもつ、多くの子供たちが通った小学校でした。
元炭鉱マンで模型作家の齊藤さんも、沼東小学校の模型を作った事があります
こちら ⇒2015年5月29日ブログ記事

他に、マネジメントセンタースタッフぼーいっしゅが卒業した江別第三小学校も円形校舎。
レンガを使った貴重な建物でしたが、学校統合のために惜しまれつつ、円形校舎は解体…。
こちらも齊藤さんは模型を作っていました⇒2015年4月8日ブログ記事


今、北海道で現存する円形校舎は、昭和31年建築の石狩小学校、
そして、昭和33年に1棟、昭和35年に1棟、建てられた、室蘭絵鞆(えとも)小学校なのです。

石狩小学校は現役の小学校ですが、
絵鞆小学校は2015年3月に閉校し、残された円形校舎は、1棟は解体の可能性も含めて、今後の方向を検討しているようなのです…。

DSCN0435 (1024x703)
※昨年の画像です

今では数少ない円形校舎。
芸術的目線で見ても、とても美しい建築物ですね
博物館や美術館のように…という声もあるようです。
しかも小学校の敷地には縄文遺跡が残っている?!
室蘭にとって、北海道にとって、歴史的にも大変貴重で価値のある絵鞆小学校

そして、多くの子どもたちが通い、様々な思い出の詰まった小学校…

円形校舎2棟の保存に向けて、絵鞆小学校卒業生である、一般社団法人むろらん100年建造物保存活用会の代表・村田さんと、写真家の関さんを中心とした市民有志の方々により「絵鞆小学校の保存活用について考えていく会」ができたそうです。

詳しくはこちら ⇒ 絵鞆小学校・保存活用ラボ

ページを読むと、どんな小学校なのかもよく解りますし、
関さん撮影の、美しい絵鞆小学校の写真を見る事ができます


貴重なこの絵鞆小学校が、まちにとって良い方向に進むよう、今後に注目したいと思います…

(OLでした)



関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yamasoratan.blog62.fc2.com/tb.php/2443-aae30131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)